調理師科(1年制) | 学科・カリキュラム紹介 | 大阪の調理師・製菓・パティシエ専門学校

調理師科(1年制)

1年間集中して、総合的に食を学ぶ。

調理師科(1年制)

2つのコースから自分が学びたいものを選び、深く学べます

  • 調理総合コース
  • すし和食コース

西洋料理、日本料理、中国料理、さらにはレストランサービスや新調理技術まで、「食」を総合的に学びながら、調理師に必要な幅広い知識と確かな技術を育成。初心者でも一から着実に成長できる独自のカリキュラムにより、社会で求められる即戦力や創造力を養います。

  • 調理師科の特徴
  • 調理師科の学び
  • 取得できる資格&主な就職先
  • 在校生の声

調理師科の特徴

1.調理技術を最短で学び、2つのコース制!後期から「調理総合コース」と「すし和食コース」に分かれ、より深い学びを身につける

4~7月は西洋料理(フランス、イタリア、スペイン)、日本料理、中国料理、サービス(テーブルマナー、ワイン、ホスピタリティ等)、新調理技術(真空調理他)を基礎からじっくり学びます。9月より、引き続き「食」を総合的に学ぶ「調理総合コース」か、すしや会席料理の技術を極める「すし和食コース」の内、自分の興味や就職に合わせたコースを選択し、より知識・技術を深めます。

2.材料費無料で練習し放題!
スキルアップレッスン

テスト項目になっている調理の基礎となる練習の材料は学校が提供。費用の心配をすることなく、繰り返し練習することで、より確実な技術が身に付きます。

3.レストラン実習で
本物の力を身につけられる!

調理班、サービス班に分かれて、レストランを運営する授業。現場でしか学べないことが全て学べる特長があります。先生をはじめ、保護者の方々もご招待し評価をいただくことで、日々の成長を実感することができます。

4.さまざまなコンテストにも挑戦

日頃の練習の成果を発揮するべく、学内外のコンテストにもチャレンジ!これまでも数々のコンテストにおいて、輝かしい成績を収めています。

調理師科の学び

5つのジャンルの基本を学ぶ
  • 西洋料理
  • 日本料理
  • 中国料理
  • 新調理
  • サービス

4月~7月基礎を学ぶ → さまざまな料理を学ぶ


  • 野菜の切り方

  • 魚の卸し方

  • 一品料理を作る実習へ

  • 料理実技試験【7月】

1年次後期:コース選択制

調理総合コース~食を総合的に学び即戦力を目指す~

  • 西洋料理

  • 日本料理

  • 中国料理

  • 新調理

  • サービス

9月~3月学びを深める → 学びを披露する


  • 日本の食文化や四季を表現

  • 多彩な西洋料理をマスター

  • 料理実技試験【12月】

  • 卒業料理制作【3月】
すし和食コース~「すし」や「会席料理」などの和食の調理技術や「日本食文化」を学び極める~

  • 魚の選別方法・捌き方

  • 和食試食会

  • 寿司

  • 会席料理

9月~3月学びを深める → 学びを披露する


  • 和食基礎実習

  • 料理実技試験【7月】

  • 料理実技試験【12月】

  • 卒業料理制作【3月】

取得できる資格&主な就職先

取得できる資格(2年制でも取得可)

  • 調理師免許(国家資格)
  • ふぐ取扱登録証・ふぐ調理講習修了証書
  • 専門調理師・調理技能士 学科試験免除資格(国家資格)
  • NPO日本食育インストラクター3級
  • 食の6次産業化プロデューサーLv.2

主な就職先

西洋料理
  • フランス料理店
  • イタリア料理店
  • ホテル・西洋料理部門
  • スペイン料理店
  • 各国料理(アメリカ料理、欧州各国料理)
  • ペンション・オーベルジュ
  • その他(洋食店、鉄板焼き、ステーキ、ワインレストラン、ダイニングバーなど)
日本料理
  • 料亭、割烹、専門店(すし、天ぷら、麺類、鍋料理、ふぐ、うなぎ、焼き鳥など)
  • 料理旅館、ホテル・日本料理部門、その他(郷土料理、居酒屋など)
中国・
オリエンタル料理
  • 中国料理店(広東、北京、四川、上海料理、飲茶、点心専門店など)
  • ホテル・中国料理部門
  • オリエンタル料理(タイ・韓国料理など)
カフェ・
カフェレストラン
  • カフェ
  • カフェレストラン
  • カフェバー、サンドイッチ店など
集団給食
  • 病院給食・学校給食・社会福祉施設給食
  • 産業給食(企業、官公庁、学校など)
料理教育・
企業関係ほか
  • 料理学校・調理師学校、企業関係(商品開発部門)
  • ミールプランナー
  • フードコーディネーター・フードスタイリスト・フードライター
  • 惣菜加工・デリカ
  • チェーンレストラン給食・企業社員食堂

在校生VOICE

Students Voice

技術や就職の幅を広げるため、W国家資格コースで製菓学科から調理師科へ進学。

Q. 辻学園や学科の魅力を教えてください。

製菓も調理も興味があったので、W国家資格コースで、製菓パティシエ科から調理師科へ。先生方が生徒一人ひとりの性格をよく知っていて相談しやすいし、技術面や就職活動のことも親身に支えてくれるので心強いです。

Q. 勉強や実習のおもしろさ、やりがいは?

最初は基礎技術も難しく感じましたが、練習を重ねるうちに上達!朝も放課後も実習室を自由に使えるうえ、自主練習の食材も学校が無料提供してくれるので、技術を高めやすいです。食品学など材料のことも学べる座学も、楽しんでいます。

植田 日菜さん
大阪府立東住吉高等学校出身

調理師科の時間割例


このページの先頭へ