製菓パティシエ科(1年制) | 学科・カリキュラム紹介 | 大阪の調理師・製菓・パティシエ専門学校

製菓パティシエ科(1年制)

国内外の現場を積極的に体験。 海外研修でも大きくスキルアップ。

製菓パティシエ科(1年制)

フランス菓子を中心に、ドイツ、オーストリアなどヨーロッパの伝統菓子から彩り豊かな現代菓子まで、製菓の基礎技術を学びます。基本的には一人ひとつ(一台)のケーキや焼き菓子づくりを通して、生地成形からデコレーションまで一連の作業を担当。スポンジ、シュー皮、パイなど、さまざまなタイプの生地づくりもマスターします。

学校がお店に変わる!学内店舗販売実習

  • 製菓パティシエ科の特徴
  • 取得できる資格&主な就職先
  • 製菓パティシエ科の学び
  • 在校生の声

製菓パティシエ科の特徴

1.スキルアップレッスンの材料費が無料

通常の授業以外の時間に実習室を開放し、そこで自分の苦手な技術や特訓したいことを練習できます。そのとき必要な材料費を学校にて負担します。

2.店舗販売実習(TEC-CAFE)

校内の「TEC - CAFE」を利用し、日頃の授業や実習で磨いた知識や技術、サービスの心を発揮し、本物のカフェ・パティスリーさながらの製造・販売を行います。同時に店舗運営におけるコストの意識や衛生管理など就職や独立を目指す技術を磨きます。

3.選択授業を受けられる

洋菓子、製パン、デリカ、カフェの4つのジャンルから興味のあるものを選択して学ぶことができます。更に幅の広い技術を習得することを目指します。

4.辻学園アカデミーが無料で選択できる

調理関係(日本料理・中国料理・西洋料理)やアイスカービング、マジパン細工など自分のやりたいことを選択制で楽しく学べる特別授業です。

5.卒業後も製菓衛生師受験をサポート

卒業してから受験する「製菓衛生師」の資格取得に向け申込みの代行や過去問題配布など、確実な合格を目指して学校が無料で永久サポートします。

6.Wライセンスコース(ステージアップ制度)でやる気を応援!学費を抑えて複数のライセンスを取得

複数の資格を取得することで活躍の場を広げられるよう、2つ目の学科・学校へ進学する際は、学費の優遇制度が受けられます。

取得できる資格&主な就職先

取得できる資格

  • 製菓衛生師免許受験資格

主な就職先

洋菓子店
  • フランス菓子
  • ドイツ菓子
  • ウィーン菓子
  • レストラン・デザート部門
  • チョコレート店
  • アイスクリーム店
製パン
  • ベーカリー
  • ベーカリーカフェ
  • インストアベーカリー
  • フランスパン・ドイツパン専門店
カフェ
  • カフェ(バール、コーヒーショップ など)
  • スイーツ
  • 喫茶店
  • ティーサロン
  • ティールーム
レストラン
  • レストラン・デザート部門(フランス料理店・イタリア料理店) など
ホテル
  • ホテル専属パティシエ
  • 製菓(ペストリー)部門
  • 製パン(ベーカリー)部門
和菓子
  • 和菓子店
  • 老舗和菓子店
  • 上生菓子店
  • 専門和菓子店(餅、団子、饅頭 など)
  • 甘味処
  • 茶寮
料理教育
  • 食品メーカー・外食企業の研究開発
  • フードコーディネーター・フードスタイリスト
  • 菓子研究家
  • 惣菜加工・デリカ
  • レストランチェーン
ブライダル
  • 専門式場
  • ゲストハウス
  • ホテル
  • レストラン など
スクール
  • 製菓学校
  • お菓子教室
  • パン教室 など

製菓パティシエ科 1年間の学び

製菓実習&製菓理論

製菓・製パンの技術と知識を、洋菓子、和菓子、製パン、デリカフェ、工芸の5つの分野を中心に基礎からじっくり学びます。

●洋菓子

写真:洋菓子

タルトやパイ、ショートケーキやシューなど、基本生地・クリームを使った洋菓子を学びます。

●製パン

写真:製パン

バターロールや食パンなどの基礎に加え、フランスパンなど欧州で代表的なパンを実習します。

●カフェ

写真:カフェ

バリスタに必要な知識やカプチーノなどのカフェドリンク、キッシュ、ガレット、パスタなどのフードメニューを実習します。

●デリカ

写真:デリカ

ヨーロッパでは昔からお菓子屋さんで存在する、粉を使った生地を用いる料理・肉料理・魚料理のスペシャリストを目指します。

選択授業で専門技術を深く学べます

洋菓子・製パン・カフェ・デリカの4つのジャンルから将来の就職に合わせた専門分野を選択し、よりレベルの高い授業内容で学ぶ事により詳しい知識や高度な技術習得ができます。

●洋菓子

写真:洋菓子

タルトやパイ、ショートケーキやシューなど、基本生地・クリームを使った洋菓子を学びます。

●製パン

写真:製パン

バターロールや食パンなどの基礎に加え、フランスパンなど欧州で代表的なパンを実習します。

●カフェ

写真:デリカフェ

バリスタに必要な知識やカプチーノなどのカフェドリンク、キッシュ、ガレット、パスタなどのフードメニューを実習します。

●デリカ

写真:デリカ

ヨーロッパでは昔からお菓子屋さんで存在する、粉を使った生地を用いる料理・肉料理・魚料理のスペシャリストを目指します。

Wライセンスコース(ステージアップ制度)

「製菓衛生師」+「調理師」(1年間)/「栄養士」(2年間) 2つの資格が+1~2年間で取得可能(2学科目の授業料は半額になります。)

写真:海外研修

海外研修

お菓子の本場であるウィーンやパリなどを訪れ、現地のホテルや学校で研修を実施。また技術交流を通して現場の最前線を体感します。

在校生VOICE

Students Voice

1年間は製菓を学び、次年度に調理師科へステージアップ!幅広い技術を養いたいです。

就職に役立つ幅広い技術を身につけたいので、まずは1年制の製菓パティシエ科で学び、その後は本校の調理師科にステージアップする予定です。技術を磨く製菓実習や店舗実習もやりがいがありますが、先生の技をじっくり見られる「製菓理論」も好きな授業。先生を見習い、自分も実習で試すのが楽しいです。

北垣内 海由さん
兵庫県立川西北陵高等学校出身

製菓パティシエ科の時間割例


このページの先頭へ