SDGsの取り組み

三幸学園×SDGs達成に向けた取り組み

「三幸学園は持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています」

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)は、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されている2030年を期限とする持続可能な開発のための17のグローバル目標と169のターゲットからなる、国連の開発目標です。「誰一人取り残さない(no one left behind)」社会の実現を目指し、先進国も含めて国際社会全体で取り組むこととされており、社会のあらゆる主体が積極的な役割を果たすことが期待されています。

学校法人三幸学園では、「人を活かし、困難を希望に変える」と言うミッションのもと、質の高い教育の提供や、健康と福祉による社会貢献、働きがいを感じられる世の中の実現など、持続可能な開発目標に取り組むことで、企業・地域自治体の皆さまと共創価値を創造し、SDGsの達成に寄与することを約束します。

トップメッセージ

日本政府はSDGsの目標4に設定されている「質の高い教育をみんなに」の実現を目指して「みんなで支えるみんなの学び(Learning for All,All for Learning)」というビジョンを掲げています。そのためには国内外を問わず様々な教育連携を通じ「万人のための質の高い教育」を創造し提供することが求められます。
三幸学園ではこれまでも人間の無限の可能性を信じ、「あきらめない教育」を原点として、学園のリソースを最大限に活かしながら、地域、産業界とともに「学びたい人に幅広く学ぶ機会を提供する」ことに注力してまいりました。
今後はSDGsの目標達成に貢献する観点から1.海外の人材育成に資する技能並びに日本語の教育実践、2.職業教育を目的とする特別支援学校の設置などインクルーシブ教育の推進、3.地域連携による高齢者向け健康増進活動の推進、4.技術革新に伴う職業の変化並びに就労年限長期化に対応するリカレント教育の推進、5.働き方の多様化に資する子育て支援の充実並びに保育・教育従事者の就業環境の改善、エンゲージメントの向上などに更に尽力してまいります。
また、三幸学園では従来から在学生・卒業生を主体に災害の復興ボランティア、ラグビーワールドカップなどのスポーツ大会その他各地域における各種イベント開催に関するボランティア活動に積極的に参加させていただいてきた経緯にあります。今後はSDGsに掲げられた教育面以外の目標も視野に入れ、在校生、卒業生の参画を得ながら「私たちが今できることは何か」を真摯に考えその達成に向け積極的に取組んで行く所存です。そしてその取組は私たち三幸学園の在学生、卒業生さらには学園の成長に繋がるものと確信しています。

SDGs取り組み事例

医療分野専門学校のSDGsの取り組み

医療分野専門学校のSDGsの取り組み

医療分野専門学校では「献血活動ボランティア」「ペットボトルキャップ回収」「スペシャルオリンピックボランティア」「地域の清掃ボランティア」などを通じてSDGsを支援しております。

続きを読む

スポーツ分野専門学校におけるSDGsの取り組み

スポーツ分野専門学校におけるSDGsの取り組み

スポーツ分野専門学校では「スポーツデザインコンペティションを通じた社会問題の解決」「日本ラグビーフットボール協会とのパートナーシップ協定を通じたSDGs活動」などを通じてSDGsを支援しております。

続きを読む

美容分野専門学校の取り組み

美容分野専門学校の取り組み

美容分野専門学校では「スチューデントサロンや産学連携、お仕事発見フェスタ」「被災地支援や、ボランティア活動」「教育、ITやVRなどの技術の活用」などを通じてSDGsを支援しております。

続きを読む

保育分野専門学校の取り組み

保育分野専門学校の取り組み

保育分野専門学校では「地域の子育て支援を目的とした子育てサロンの開催」「地域へのボランティア活動」「授業で制作したおもちゃなどの子どもたちへの寄付」などを通じてSDGsを支援しております。

続きを読む

ブライダル分野専門学校の取り組み

ブライダル分野専門学校の取り組み

ブライダル分野専門学校では「様々な理由により『結婚式を挙げることが困難な方』を対象にした支援」「ペーパーアイテムに、再生紙を積極的に使用」などを通じてSDGsを支援しております。

続きを読む

スイーツ分野専門学校の取り組み

スイーツ分野専門学校の取り組み

スイーツ分野専門学校では「学内店舗実習や産官学連携活動」「授業で余った食材を再利用し、地域の生産者に肥料として提供」などを通じてSDGsを支援しております。

続きを読む