卒業生の声

本校を卒業し、就職した卒業生の声を紹介します!

お客様の身体だけでなく
人生も変えられる結果が見える仕事です。

関本 竜輔

RIZAP株式会社 勤務
スポーツトレーナー科
2018年 卒業

お客様の身体が変わって喜ばれることがやりがいです。

パーソナルトレーナーとして、お客様の目標に向けたマンツーマン指導で、運動や食事のアドバイスをしています。『やせたね!って言われるようになりました』と以前よりイキイキして毎日を過ごされていたり、『数値が改善して医者にほめられました』と健康を取り戻して嬉しそうな姿を見ると、大きなやりがいを感じます。

トレーニングを通じて
お客様を笑顔にしたいです。

小原 まどか

Hi美scus 経営
スポーツインストラクター科
2008年 卒業

お客様と二人三脚で、目標を達成する喜び。

プライベートスタジオを設立し、トレーニングを通じてお客様の身体づくりをサポートしています。運動面から食事面まで、一人ひとりにきめ細やかな提案ができるのは、学校で幅広い知識を学んだおかげ。理想の体型を手に入れて、表情まで明るくなったお客様をみるのが幸せです。

選手を支える一人として
チームの優勝に貢献したい。

片岡 敬貴

株式会社楽天野球団 勤務
スポーツインストラクター科
2000年 卒業

選手が全力でプレーできる環境をつくっていきたい。

球団のボールパーク本部で、1軍2軍の試合運営業務の責任者をしています。スタジアム周辺の環境づくりから試合の安全管理まで、関連部署と連携して準備を進めます。戦うのは選手、環境を整えることが自分の仕事。球場にたくさんのお客様が来ているのを見るとうれしいです。チームの優勝を目指してがんばります。

子どもたちの笑顔が私の力になります。

山梨 紫陽

幼児活動研究会株式会社 コスモスポーツクラブ 勤務
アスレティックトレーナー科
2021年 卒業

身体の知識を深く学んだことが教える上で自信になりました。

将来、子どもにスポーツを教えたいと思い、スポメディに入学しました。在学中は、運動について実技と理論の両面から学び、人間の身体について深く理解できたことがよかったです。特に、ケガをした時の応急処置や、運動能力を高める訓練のひとつ、コーディネーショントレーニングを学んだことが、幼児体育の現場で役に立っています。

体操指導を通じて子どもの成長をサポートしたい。

現在は、園児と小学生に対してマット運動や跳び箱、縄跳びなどを指導しています。ひとつずつ技に挑戦し、成功した際の子どもたちの笑顔は、私にとって最高の宝物です。体操指導を通して子どもの成長を間近で見られていることが私の生きがいとなり、共に成長できる喜びを感じています。将来は、子どもも大人も、より多くの人を喜ばせる仕事をしていきたいです。

魅力的な店舗をつくって、フィットネス人口を増やしたい。

佐山 貴幸

セントラルスポーツ株式会社
セントラルウェルネスクラブ我孫子 店長
スポーツインストラクター科
1997年 卒業

スポーツクラブの店舗運営を任されています。

自分が中心となり、店舗の方針を決められるのがやりがい。向上心の高いお客様が多いので、ニーズに応え続けていきたいです。また、スタッフが働きやすい職場づくりも大事にしています。スポメディの実践的な学びによってやりたいことを明確にしたからこそ今も情熱を持って仕事ができています。

お客様の健康づくりをサポートしています。

立花 優作

小清水高等学校 出身
職業:STYLE-GYM円山 勤務
スポーツトレーナー科
2015年 卒業

ダイエットや生活の質の向上、健康づくりを目標に、パーソナルトレーナーとして密接な指導をしています。さまざまな年齢層のお客様に合わせたプログラムを提案。「コンプレックスだった体型を改善できた」「身体に不調があり、思うようにできなかった運動ができるようになった」など、お客様の悩みが解決し、肉体面だけでなく精神的にも満足してもらえた時、やりがいを感じます。

お客様に喜ばれることがモチベーションです。

佐々木 優

飛鳥未来高等学校 札幌キャンパス 出身
職業:ドクターストレッチ札幌中央店 勤務
スポーツトレーナー科
2020年 卒業

ストレッチの専門店・ドクターストレッチでパーソナルストレッチトレーナーとして働いています。独自技術のコアバランスストレッチを用いて、お客様の体質改善やパフォーマンスアップにつなげています。人に感謝してもらえるような仕事をしたいと考えていたので、お客様の笑顔が見られたり、感謝された時が一番嬉しい瞬間であり、やりがいを感じ、モチベーションになっています。

お客様の身体づくりに貢献できることが幸せです。

遠藤 歓奈

三重県立四日市工業高等学校 出身
職業:株式会社MPBR(マスターピースボディルーム) 勤務
スポーツトレーナー科
2021年 卒業

ピラティススタジオでトレーナーとして活動しています。在学中に学びを深めていくうちに自分自身の身体の悩みや不調を改善してくれたピラティスに魅力を感じ、もっと多くの人に伝えたいと思ったのがきっかけでした。目の前のお客様一人ひとりに寄り添い、精一杯のレッスンを行っていきたいと考えています。

ボディメイクを通じてお客様の人生をサポート。

熊野 将斗

北海学園札幌高等学校 出身
職業:フリーランスパーソナルトレーナー 勤務
スポーツトレーナー科
2016年 卒業

ボディメイクを中心にコンディショニングなど幅広く、トレーナーとして活動をしております。クライアント様の身体だけでなく生活習慣を変えたり、人生を変える手助けをできるということがボディメイクトレーナーとしてのやりがいだと実感し取り組んでおります。

お客様に合ったメニューを作成してサポート。

坂本 れいな

福島県立いわき総合高等学校 出身
職業:住友不動産エスフォルタ株式会社 勤務
スポーツトレーナー科
2019年 卒業

フィットネスクラブでお客様にマシンの使い方を説明したり、カウンセリングを行って、ご希望に合ったトレーニングメニューを作成します。トレーニング指導をした際に感謝されたり、楽しそうにお話をしていただけると、とてもやりがいを感じます。目標はスタジオレッスン、マシンジム、パーソナルトレーニングなど、オールマイティーにサポートできるようになることです。

大好きなサッカーの技術と人間力も磨いて成長させます。

堀田 大樹

既卒
職業:リーフラス株式会社 勤務
スポーツトレーナー科
2016年 卒業

子どものサッカースクールの指導者として、技術だけでなく、あいさつや礼儀もきちんと教え、人間力を育てていくのも大切な仕事。シュートが決まったり、試合に勝ったときなど、子どもの笑顔や成長を見られることが自分の喜びにもなっています。

野球選手を支えるという夢が叶いました。

中田 和槙

山口県立下関中等教育学校 出身
職業:博多メディカルクリニック 勤務
スポーツトレーナー科
2018年 卒業

専門学校時代、インターンシップでお世話になった職場に就職しました。患者様のリハビリ後のトレーニング、ストレッチ指導をはじめ、スポーツ選手の競技復帰、パフォーマンス向上を目的としたトレーニング指導を担当しています。患者様の痛みが軽減し、笑顔で帰られた時は「この仕事に就いてよかった」とうれしくなります。担当した選手が甲子園でプレーをしているのを観た時はとても感動しました。

「また来るね」というお客様の言葉が励みです。

袴田 梨湖

清水高等学校 出身
職業:JOYFIT24札幌手稲前田 勤務
スポーツインストラクター科
2019年 卒業

スポーツインストラクターとして、ジムの巡回やマシン指導・スタジオレッスンを行っています。初めてご利用されるお客様にマシンの使い方を指導したり、スタジオではヨガやトランポリンのレッスンを担当。スタジオレッスンのお客様に「来週も来るね」と言われると、楽しかったという証拠でもあるし、リピーターになってもらえることで自分のモチベーションにもつながっています。

子どもたちに楽しくバドミントンを教えています。

小山 彩佳

遺愛女子高等学校 出身
職業:株式会社フージャースウェルネス&スポーツ宮の森スポーツクラブ宮の森校 勤務
スポーツインストラクター科
2018年 卒業

スポーツクラブ内で、バドミントンコーチとして小学生・中学生・一般の方にレッスンを行っています。各ショットの練習やゲームのルールなどを細かく楽しく指導。お客様からショットの打ち方の質問をされた時に、お客様に合ったいろいろなやり方を教えて成功したり、子どもたちが楽しそうにレッスンを受けてくれる姿を見ると、バドミントンコーチになって良かったと思います。

体操やレクリエーションを
楽しんでもらえることがやりがい。

小山 菜月

深川西高等学校 出身
職業:医療法人社団 白樺会介護老人保健施設 麓華苑 勤務
スポーツインストラクター科
2018年 卒業

介護施設の運動指導員として、普段は自宅で生活している高齢者の方々が今までの生活を継続できるよう、体操や生活動作に関わるレクリエーションなどを指導しています。「この運動いいね」「毎回レクリエーションが楽しみ」と利用者様に言われると、とてもやりがいを感じます。高齢者施設はいろいろな病気や疾患を持つ方々がいるため、スポメディで身体のしくみや役割などを学んだことが活かせています。

スポーツチームに帯同してアスリートをサポートしたいです。

天池 司

北見柏陽高等学校 出身
職業:医療法人社団三水会 北千葉整形外科 勤務
アスティックトレーナー科
2019年 卒業

現在はクリニックに勤務して、患者様のリハビリを行っています。痛みが軽減したり、スポーツ復帰という成果を出して、患者様の喜ぶ表情を見ると達成感があります。トレーナーだけでなく医師や理学療法士などと一緒にリハビリを行うことができる職場で、多くの経験を積み、成長できると考えています。外部のチーム帯同も行っているクリニックなので、将来はスポーツ選手のサポートにも力を入れていきたいです。

子どもたちの笑顔にパワーをもらっています。

坂下 歩美

札幌創成高等学校 出身
職業:札幌こども保育園 勤務
スポーツ保育科
2020年 卒業

保育園で担任を持っています。毎日、子どもたちの成長や笑顔を見られることが喜び。昨日できなかったことが今日はできるようになる、そんなことがとても多く、やりがいがありますし、楽しいです。保護者の方から「今日もありがとうございました」と言われると、役に立っているのだとダイレクトに感じられます。子どもから元気をたくさんもらえる保育士になって本当に良かったです。

患者様の痛みやつらさをケアできる仕事です。

大平 竜資

札幌日本大学高等学校 出身
職業:株式会社ケッズトレーナーケッズ鍼灸接骨院中野 勤務
鍼灸科
2020年 卒業

鍼灸接骨院に勤務して、実業団選手やバレリーナ、市民ランナー、学生選手、一般の方々など、幅広い層にスポーツマッサージや物理療法、鍼灸治療などの施術を行っています。患者様の痛みやつらさを軽減することができ、「ありがとうございました!」と感謝された時や、次の来院時に「痛みなくプレーできました!」「楽に過ごせます」と言っていただけると、やりがいにつながります。

ケガ予防のアドバイスもして患者様を支えます。

加藤 美里

苫小牧西高等学校 出身
職業:株式会社ワイストーク 苫小牧西整骨院 勤務
柔整科
2020年 卒業

柔道整復師として整骨院に勤務しています。ケガを治すだけでなく防ぐためのアドバイスも仕事。患者様の症状を診て、その部位の治療をすることはもちろん、生活面の話も聞き、改善できる点について指導します。「おかげで動作が楽になりました!」「ここへ来るから動けました」など頼りにしてくださっている声を聞くと、患者様の支えになれていると実感でき、やりがいを感じます。