SPORTS
WELFARE

スポーツ
福祉コース

スポーツインストラクター科 2年次

スポーツインストラクター科 2年次

シニア世代の身体機能と健康をスポーツで支える。

高齢社会を迎えた今、福祉業界では、健康で長生きをサポートできるスペシャリストが求められています。本コースは、高齢者や障害者の心身の状態などに合わせ、スポーツやレクリエーションを通して健康づくりの指導を行なえる福祉スポーツインストラクターの育成をめざしています。

3つのPOINT
  • POINT 1

    シニアフィットネスの知識をもったインストラクターを目指せる!

  • POINT 2

    ユニバーサルな幅広い運動指導が学べる!

  • POINT 3

    福祉施設・医療機関・フィットネスクラブなど
    幅広い就職先!

こんな資格がめざせる!

・健康運動実践指導者

・(一財)日本コアコンディショニング協会認定アドバンストトレーナー

・PHI Pilates Basic Exercise Instructor

・介護予防運動指導員

活躍のフィールド

・福祉関連施設

・健康増進施設

・フィットネスクラブ

・総合スポーツクラブ

札幌スポーツ&メディカル専門学校の
オススメ授業

  • 福祉レクリエーション指導実践Ⅰ

    身体機能のレベルや状況に応じたレクリエーション指導法を実践しながら学習します。

  • ヘルスケア業界論

    ヘルスケアに必要な様々なサービスについて学びます。

開催中のイベントを見る!

札幌スポーツ&メディカル専門学校の
2年次時間割例

※入学後は色々なメディア・ICTを活用して授業を実践していきます。

※カリキュラム及び時間割は変更になる可能性があります。

※上記は1週間の時間割例になります。(黒字は授業内容の一例になります。)

在校生・卒業生
インタビュー

在校生

柾木 麟

札幌丘珠高等学校 出身

機能改善のアドバイスができるようになりたいです。

高校では習わなかったことばかりで、一から学ぶのは難しいけれど、理解できると楽しくなります。健康運動実践指導者の資格を取得して、健康体操教室などで、身体機能を改善したり、健康になるための運動のレッスンをしたいと考えています。

柾木さんに聞きました!

イチオシ授業は「スポーツ栄養学」

自分が知らなかった知識だけでなく、間違った情報にも気づくことができて、とてもためになります。高齢者に必要な栄養素も学べます。

卒業生

小山 菜月

医療法人社団 白樺会 介護老人保健施設 麓華苑 勤務
2018年 卒業
深川西高等学校 出身

体操やレクリエーションを楽しんでもらえることがやりがい。

介護施設の運動指導員として、普段は自宅で生活している高齢者の方々が今までの生活を継続できるよう、体操や生活動作に関わるレクリエーションなどを指導しています。「この運動いいね」「毎回レクリエーションが楽しみ」と利用者様に言われると、とてもやりがいを感じます。高齢者施設はいろいろな病気や疾患を持つ方々がいるため、スポメディで身体のしくみや役割などを学んだことが活かせています。

各学科コースの学費についてはこちら

他のコースを見る