校外学習・卒業研究発表会

多種多様な将来に直結する専門分野を研究

学校で学んだ理論や技術を学外で発揮し、現場の業務や流れをしっかりと体得します。また、グループで行われる卒業研究は辻󠄀学園での学びの集大成です。リサーチから試作・フィールドワークを通じて、栄養士としての個々のパーソナリティを高める、より付加価値の高いスキルを習得します。

校外学習

病院などの医療機関や福祉施設、保育園・幼稚園や学校など、給食の現場は栄養士としての力を発揮する活躍のメインステージとなります。
学内にはその給食の現場を再現した実習室を備え、大量調理の実際をすべて体験可能。
校外実習に向けての経験にもなり、仕事への理解がさらに深まります。

1 栄養士の実際の仕事、集団給食の一連の流れを習得。

調理実習 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ

煮る、炒める、焼く、蒸す、揚げるなどの基本から、懐石、ケーキやパンなどの応用について学びます。栄養の知識だけでなく調理の技術を2年間通して毎週行います。

  1. 2 学んだ理論や技術を、給食管理室で実践。

    給食経営管理論Ⅰ・Ⅱ及び実習Ⅰ

    給食施設の現場を再現した実習室で作り、学内レストランで提供する授業は、将来役立つ大量調理の経験を積める貴重な時間です。校外実習前の練習にもなり、毎回真剣勝負です。

  2. 3 学外のさまざまな施設で、集団給食の現場を体験。

    校外実習

    校外学習は、実際の給食施設で現場の業務を体験する授業です。学校で学んだ理論や技術 を実地で発揮し、現場の業務の流れをしっかりと体得します。

    授業で学んだことと仕事の現場が、初めて結びつき感動
学内にも給食施設が充実。チームワークで提供しています。

大量調理の実習は、病院などの給食の現場と同じような設備が整う給食管理室で行なっています。私は特に、メニューを決める栄養士班長を数多く経験できるところがとても勉強になっています。ここでの経験が、実際に校外実習で訪れる各施設でとても役立ちます。

栄養士学科 スポーツ栄養コース 2年
梶山 礼帆さん
京都府立久御山高等学校出身

卒業研究発表会

グループで行われる卒業研究は、2年次の10月から約半年間をかけて行われる、辻󠄀学園での学びの集大成です。それぞれが興味を持つ研究テーマを見つけ、リサーチから試作やフィールドワークを実践。
毎年、栄養士ならではの視点が活かされたさまざまな成果が披露され、内外から評価されています。

卒業研究テーマ
「めばえ」

妊婦の食生活をリサーチ

妊娠期の食事管理について知るために地域の保健福祉センターヘ行き、パパママ教室を体験。抱っこ体験もさせてもらい、た<さんのママさんからお話を伺いました。

発表では

調べた内容を基にパネルやリーフレットを作成。妊娠期の食事管理として妊娠前から葉酸やカルシウムなどの栄養素をしっかりと摂ることが健やかな発育を促します。

私たちのグループは「めばえ」をテーマに、妊婦さんの食生活についてリサーチし発表しました。リサーチの方法は、保健センターを通じてバンフレットとアンケートを配布し協力してもらう形式です。妊娠前期・中期・後期の食事において「どんなことに気をつけたか」「どんな工夫をしたか」などの答えから、いろいろな実態や課題を見出すことができました。

2018年 本校 栄養士学科卒業
現在:辻󠄀学園調理製菓専門学校 製菓パティシエ科1年
新井 愛生さん