スイーツパティシエ科(1年目)|学科・専攻紹介|東京の製菓専門学校

スイーツパティシエ科(1年目)

1年次

製菓・製パン・カフェ調理・ドリンクの基礎を学ぶ
スイーツパティシエ科

製菓・製パン・カフェ調理・ドリンクの技術と知識がトータルに身につく!
1年次に製菓・製パン・カフェ調理・ドリンクがトータルで学べるのはS&Cだけ!

夢や目的に合わせて専攻を選択

2年次

スイーツパティシエ科(1年目) 3つのポイント

3つのポイント

  1. 圧倒的な実習量で、2年間で最大約400種類のレシピを習得します!!
  2. 1年次に製菓・製パン・カフェ調理・ドリンクの基礎をトータルに学び、2年次に、自分に合った専攻が選べる!!
  3. 製菓専門学校ならではのおしゃれな校舎・最新の設備が揃った実習室で学べる!

実習カリキュラム

充実したカリキュラムを通して製菓・製パン・カフェの基礎を1年間で身につける。

製菓・製パン[280時間]

  • ガトー・ブール
  • ガトー・モカ
  • ルレ・オ・バナーヌ
  • ビスキュイ 
  • ルレ・オ・フリュイ
  • ルレ・オ・ショコラ
  • ガトー・フレーズ
  • シュー パニエ
  • エクレア
  • カトル・カー
  • ウェークエンド・シトロン
  • サブレ・ア・ラ・ポッシュ
  • ショコラ・オランジェ
  • ラング・ド・シャー
  • フィナンシェ
  • レーズンパン
  • 菓子パン
  • クリスマスブレッド
  • タルト・オ・シトロン
  • セミフレット
  • フルーツジェラート
  • ジュレ・ド・オランジュ
  • ジュレ・ド・パンプルムース
  • クレープ・シュゼット
  • グラス・ヴァニーユ
  • チュイール・オ・ザマンド
  • マドレーヌ・オ・ショコラ
  • アーモンドスライスクッキー
  • タルト・フリュイ

など

カフェ調理・ドリンク[280時間]

  • 紅茶
  • カプチーノ
  • エスプレッソ
  • ブレンドコーヒー
  • アレンジドリンク
  • コールスロー
  • サラダニソワーズ
  • タコス
  • エビとアボカドのサラダ
  • タコライス
  • エビピラフ
  • ミネストローネ
  • ポークピカタラタトゥユ添え
  • ビシソワーズ
  • ポタージュ
  • ミックスサンドウィッチ
  • BLTサンド
  • フォカッチャサンド
  • ホットサンド
  • 鶏肉の香草焼き
  • チキンライス
  • 卵料理
  • トマトの冷製パスタ
  • オムレツ
  • オニオングラタンスープ
  • グリーンサラダ

など

目指せる職業

  • パティシエ(洋菓子職人)
  • ブーランジェ(パン職人)
  • ショコラティエ(チョコレート職人)
  • ヴァンドゥーズ(洋菓子販売員)
  • 各種菓子関連開発
  • カフェレストランシェフ
  • カフェオーナー
  • バリスタ
  • フードコーディネーター
  • バーテンダー
  • 各種食品関連開発

など

目指せる資格

食品衛生責任者(社団法人東京都食品衛生協会)

洋菓子店やカフェなど飲食店の営業を行うには必ず必要な資格。食品に関する衛生面の知識や衛生管理を推進するための知識が問われます。東京都で取得しても、全国共通で認められる資格です。

菓子製造技能士・パン製造技能士(国家資格)

JAVADA(中央職業能力開発協会)が実施している、洋菓子やパン製造に関する技能を評価する国家資格。それぞれ1級と2級があり、対象職種の実務経験が2級で2年以上必要とされる。本校を卒業すると同時に受験資格が得られます。

製菓衛生士(名称独占国家資格)※要実務経験

製菓・製パンに従事する人の資質や公衆衛生の向上を目的とした資格。業務そのものは資格がなくても行うことができるが、この資格を持っていれば、製菓衛生師と名乗ることができる名称独占資格である。指定の専門学校を始めとする養成施設、もしくは、2年の実務経験後に受験し取得します。

色彩検定2・3級(文部科学省後援)

ケーキやスイーツは、味だけではなく、見た目の鮮やかさ、バランスなどセンスが必要とされます。色の働きや、色の心理・資格・知覚的効果など、色に関する知識を深めるために、取得します。

フードコーディネーター検定3級(日本フードコーディネーター協会)

食料の仕入れから、メニュー開発、レストランプロデュースなど、食のスペシャリストとして、幅広いフードビジネスに関する知識や技能を証明できる資格です。

サービス接遇検定1~3級(財団法人実務技能検定協会)

サービススタッフとしての資質・専門知識・一般知識・対人技能・実務技能の点からサービスマインドを理解しているかを証明する資格です。2級以上を取得すれば、履歴書に書くことで一定の評価を得られます。

ラッピング検定

スイーツ・調理業界に必要不可欠なラッピングの知識や、技術スキルを証明する資格です。様々なサイズや形の箱、円形、ビンなどを美しくラッピングする力が問われます。

製菓専門学校 S&Cの主な授業(1年目)

写真:製菓・製パン基礎実習

製菓・製パン基礎実習

平窯やスチームコンベクションオーブン、ミキサーなど、プロ仕様の器具・機械の使用法を学び、生地・発酵・成形・焼成など基本的な製菓・製パン技法を習得します。また、生地やクリーム作り、ナッペ、絞りといった洋菓子のベースがしっかり身につくよう、何度も反復練習を実施。繊細な分量やタイミングを覚え、お菓子作りのノウハウを吸収していきます。

写真:カフェ・ビバレッジ基礎実習

カフェ・ビバレッジ基礎実習

実際にカフェで使用されているエスプレッソマシンを使って、エスプレッソやカプチーノの抽出方法をマスターします。また、コーヒー豆や紅茶の茶葉の種類を知り、それぞれの特徴を学習。さまざまなバリエーションを探求していきます。さらに、フレッシュジュースやアレンジ料理を実際に作り、オリジナリティあふれるレシピを研究していきます。

写真:製菓・製パン理論

製菓・製パン理論

ケーキや焼き菓子作りに必要な小麦粉やバター、生クリーム、砂糖やチョコレートなどの原材料の特徴・役割を知り、菓子ができるまでの過程を科学的に理解します。

写真:ビバリッジ知識

カフェ・ビバリッジ知識

エスプレッソ・コーヒー・日本茶・紅茶・果実などの産地、原料から基本的な入れ方の他、スイーツや焼き菓子、パン、フードなどのカフェメニューに合うドリンクのアレンジ法を学びます

写真:ショップ経営学

ショップ経営学

将来、お店を開業する際に必要となる、店舗のマネジメントや、マーケティングなどの基礎を学習します。

写真:食の原料・材料学

食の原料・材料学

世界のフード、スイーツの歴史・文化や食材の特性・扱い方などを学び、実習やプランニングを通して実践します。

製菓専門学校 東京S&Cの時間割例(1年目)

時間割

学費について

TOP