講師紹介

食の業界のプロであり、生徒一人ひとりの夢の実現をサポートする辻学園栄養専門学校の講師陣を紹介します。

臨床栄養管理学実習Ⅰ 前田 聡司 先生(写真左)

感謝と謙虚さを忘れない、病院食のマエストロ。

病院食は美味しくない?実は食材や味の組合せ方、盛り付け方など作り方の工夫で、いくらでも美味しくなるものなんですよ。食事内容に制限がある中でも、あなたの固定概念を覆す!授業ではそんな新しい発見をたくさん提供しますよ。

調理実習Ⅰ・Ⅱ 大島 律子 先生
(写真右)

栄養士のあらゆる活躍の場を知りつくす、食の伝道師。

調理実習は、調理理論や調理化学実験などを実践的に経験できる授業です。栄養士の現場はいま、一つのことではなくさまざまな応用が求められる時代。その応用力を辻学園でしっかりと身につけ、羽ばたいていってほしいと思います。私もこの学校の卒業生です。全力で応援しますよ!

食品学各論Ⅰ・Ⅱ 小林 裕子 先生
(写真右)

常に生徒の目線に立ち、厳しく優しく共に成長。

食品の成分や特性を知り、調理でいかに成分を逃さないか、コントロールし調理されているかなどを学ぶ授業です。「自分で考え、行動できる場所があること」の大切さも伝えていきたい。そしてこの学校で得たものを社会でどう実践してもらえるか、私も考えながら生徒と共に成長していきたいです。

パソコン演習/社会学演習Ⅱ 吉岡 智也 先生
(写真左)

栄養士の魅力を情熱で伝える、ITコンダクター。

栄養士の業界でも、基本的なパソコンの知識は必要です。そのための実際の業務に繋がる、現場に即した授業を行なっています。社会学演習は、就職活動に関する授業です。私自身も栄養士に誇りを持っていますが、皆さんが卒業後、栄養士として即戦力となるよう情熱を持って指導しサポートします!

健康運動演習 簗瀬 智治 先生

食事+運動で理想のボディに導く、管理栄養トレーナー。

臨床栄養管理学I 伊藤 智津子 先生

医療の現場と栄養士をつなぐ、微笑みの架け橋。

臨床栄養管理学Ⅱ/給食管理論実習Ⅰ 小橋 真弓 先生

笑顔と健康の輪を広げる、栄養指導の師。

現代食生活論 大西 貴実 先生

よく学び、良い栄養士になり、良い人間へと成長しよう。

小児栄養学実習/小児栄養学/公衆栄養学 深川 貴世 先生

幼児期までの食生活が、一生の基盤となる!

社会福祉概論 中川 るみ 先生

日本の社会保障の仕組みを伝えるエキスパート。

食品衛生学実験/生化学実験・生化学
大阪府立大学 客員研究員 楠田 瑞穂 先生

身体の不思議に迫る、発見と感動のナビゲーター。

解剖生理学
大阪大学 産業科学研究所 岡本 一起 先生

ヒトのカラダは、無限の大宇宙!

調理実習I(助手) 安随 紗彩 先生

人を内側から幸せにする栄養士の、若きサポーター。

公衆衛生学 仲村 祐江 先生

「すこやか」をテーマに、人生を豊かに。

運動生理学
(株)Enjoy dream Holdings 代表取締役CEO&GM 小林 義樹 先生

運動の視点で学ぶ健康。職域も広げるフロンティア。

臨床栄養管理学実習Ⅱ
京都文教短期大学 准教授 森 美奈子 先生

とことん妥協せず、楽しさも忘れない管理栄養士。

ビジネスマナー 太田垣 宣世 先生

幸せを築くスキル=マナーを実践。多様な価値観の追求者。

特別講師のご紹介

言語聴覚士特別講座
リハビリテーションモグネット 小椋 脩 先生

言語聴覚士の立場から、摂食・嚥下障害児への対応として栄養士にのぞむことを、わかりやすく解説しています。病気などにより食べることができない子どもたちの問題は、栄養だけでなく母子関係にも大きな影響を与えます。皆さんには、そんな患者さんたちにもう一度口から食べられる喜びをもたらし、最良の人生を送ってもらうためのお手伝いのできる栄養士に、ぜひなってほしいです。

Profile
理学療法士
言語聴覚士

食物アレルギー特別講座
佐守小児科院長 佐守 友仁 先生

専門医によるこのような講座の開講は、日本では本校のみ。これからの栄養士に必要不可欠な、アレルギーに関する基礎的な知識をわかりやすく解説しています。何ごとも目標を掲げ、努力をしましょう。そうすれば必ずそれなりの成果を得られます。まずは目標に向かって突き進むことが大切です。ポリシーは、「かかってこんかい!アレルギー!」。野球は阪神タイガース、趣味はクラシック音楽鑑賞の、心やさしき医師です。

Profile
アレルギー専門医
小児科専門医
漢方専門医