専門分野科目

実習や実験を多く取り入れ、高い専門性と実施力を養う。

一人ひとりの夢や目標に応え、興味をもって専門性を高めていけるコース設置。辻学園グループの調理師育成ノウハウを活かした調理実習でも、自信と実力を養います。

カリキュラム

社会生活と健康

公衆衛生学概論

健康維持や疾病予防を考察。

公衆衛生学は、健康の維持・増進や疾病の予防・発見などを目的とした学問です。授業では、衛生統計、疫学、感染症、保健、公害などを広く学びます。

人体の構造と機能

解剖生理学及び実習

人のからだのしくみを学ぶ。

生活活動の指導支援など、様々な場面で柔軟に対応できるよう、基本となる人の生体機能を理解。実習を通じ、身体についての知識を習得していきます。

食品と衛生

食品学総論・各論Ⅰ・Ⅱ

食品の摂取方法などを追究する。

食品の一般的な成分やその反応性などを総論で学習。各論では食品の特徴や安全性などを広く学び、身近な食品の栄養素、色素などに関する実験も行います。

栄養の指導

栄養教育論及び実習Ⅰ・Ⅱ

栄養指導について学ぶ。

栄養士のメイン業務である栄養指導のために必要な基礎的な知識を習得。子どもから大人、集団や個別などを想定し、グループで栄養指導を展開します。

栄養と健康

栄養学Ⅰ・Ⅱ

栄養学の知識を基に献立を作成。

現代の食生活の現状と問題点を考えることから始め、栄養学の歴史と疾病の関係を学びます。その後、消化や吸収のメカニズム、エネルギー代謝、栄養素の働きなどを学習。身につけた専門知識を活用して、献立作成や調理実習を行います。

給食の運営

調理実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ

調理テクニックを基礎から修得。

栄養バランスを考えた“おいしい食事”を提供できる栄養士を目指し、調理技術をマスターします。実習では、調理器具の扱い方から、各国料理、おやつ、行事食を基礎から応用まで修得。調理が果たすさまざまな役割や意義の深さを理解していきます。

校外実習

校外実習(2年次)

校外学習は、実際の給食施設で、現場の業務を体験する授業。学校で学んだ理論や技術を実地で発揮し、現場の業務の流れをしっかりと体得します。

給食経営管理論I・II及び実習I(1・2年次)

学校・病院・福祉施設などの給食の現場に則した実習を行い、栄養士業務の実際の流れを学習します。授業では、献立作成、調理・帳簿類の作成、調理作業などの一連の作業を習得。実習を通じ、集団給食における栄養士の役割を深く考えていきます。

学費について