食の6次産業化プロジェクト

地域の“食”をプロデュースしヒット商品を創りだす「食の6次産業化プロデューサー」を養成する特別プロジェクト。プロジェクト参加者がグループとなり、クライアント(地方自治体や地域団体など)からの課題を解決する商品企画を実際に立案して、プレゼンテーションまで行います。優秀なアイデアに関しては実際に商品化していきます。

食の6次産業化プロジェクトで開発した商品

  • とまと まるごと みつとまと(ワンダーファームの完熟サンシャイントマトを使った商品)
  • くじらのアヒージョ(石巻水産のくじらを使った商品)
  1. クライアント

    日本全国の地方自治体・団体・企業等が抱えている食の課題を収集

  2. 辻学園

    与えられた課題を解決するために、数人のチームを作り商品企画を作ります。先生方の指導を受けながらアイデアを練り上げていき、学内コンテストのプレゼンテーションで商品化を決定します。

    1. 商品企画
    調査
    商品アイデアづくり
    先生方からのアドバイス
    2. 学内コンテスト
    プレゼンテーション
    試作品作成
    優秀チーム決定
  3. 商品化準備

    マーケットの調査や、商品コンセプト作りを行います。商品の素材や味はもちろん、ネーミングやパッケージ作り等にも参加します。先生のアドバイスを受けながら、どんな商品が売れるかを考え進めます。

  4. 販売

    クライアントの店舗やエキナカ、百貨店などで販売!実際のお客様の反応を見ることができ勉強になります。

栄養士学科 2年
三木 真由子さん
大阪府 関西学院大学出身

チームワークで、企業に提案。

トマトランドいわき様へ提案した子どもも食べやすい「みつトマト」、木の屋石巻水産様へ提案したアヒージョ味の「くじらの缶詰」で、どちらも最優秀賞を受賞。商品化されました。何度も試作を重ね、さまざまな困難をチームワークで乗り切った結果です。この経験は人生の宝物です!

学費について