篠田 麻妃さん(診療情報管理士科)

在校生のSchool Life

3年間ずっと楽しかった!と笑顔で言える学校生活にしたい。

篠田 麻妃さん

診療情報管理士科(高田高等学校出身)

事務系の仕事に興味を持ち、医療事務を目指してオープンキャンパスへ。そこで診療情報管理士の存在を知り、頑張ってこの資格を取ることで、将来の選択肢が大きく広がると思いました。学校では、病院勤務の経験がある先生や、現役のドクターによる授業もあり、教科書に載っていない興味深い話を聞くことができます。毎日片道2時間かけて通っていますが、それ以上の価値があると感じ、友だちにも力をもらって勉強に励む毎日です。

医療秘書技能検定は、法律やレセプト、料金計算などさまざまな知識が必要。自分の苦手分野を把握して克服しようと頑張っています。

同じ学科の1~3年生が集まり、実習など先輩の経験談を聞く学科交流会。診療情報管理士は情報が少ない職業なので、先輩の話は貴重!

検定前にはクラスのみんなにチャットでメッセージをくれるなど、いつも寄り添ってくれる担任の池田先生。クラスでも人気です。

任意検定も全員が受験するなど、真面目で一生懸命なクラスメイト。集中力が必要な授業が多いので、友だちとの時間は私の癒し。

Schedule

8:45
余裕を持って登校。電車を使って通学しています。
9:00
「医療秘書検定特講」で、試験に出やすい部分を集中的に勉強。
12:00
お昼休みは、コンビニに行ったり、スタバで新作に挑戦したり。
13:00
就職活動に向けた話し方なども学べる「プレゼンテーション技法」。
14:00
「医療事務研究特講」の授業。スムーズにレセプトを書けるようになりました。
16:00
駅まで友だちと話しながら帰宅。アルバイトやお買い物に行くことも。