くすりアドバイザー科(2年制男女)

「登録販売者」の
資格を取得し、
くすりに関わるプロとして活躍。
新薬の開発に携わることも。

本科では「登録販売者」の資格取得、そして新薬の開発に関わる「治験コーディネーター」としての基礎知識も得て、くすりに関わる幅広い就職が可能です。

どんな仕事をするの?

ドラッグストア・薬店における一般用医薬品販売と管理

「登録販売者」は一般用医薬品のうち、薬剤師のみが扱える少数の医薬品を除いた医薬品の販売者と管理者になることができます。「医薬品のリスク分類」「情報提供と適切な相談対応」の観点から管理・販売を行うもので、医薬品に関する情報提供や服薬指導も重要な仕事となります。

どうやったらなれるの?

登録販売者の養成学科を持つ専門学校で学ぶ

2009年から誕生した「登録販売者」制度は、専門学校などで医薬品についての専門知識や関連法規について学び、各都道府県が実施する認定試験での合格が条件となります。

こんな仕事につける

将来目指せる職業

  • 登録販売者
  • 調剤薬局事務員
  • ドラッグストア店員
  • 美容部員

こんな資格がめざせる

取得できる資格

  • 登録販売者
  • 調剤薬局事務検定
  • サービス接遇検定準1〜3級
  • 秘書技能検定2〜3級
  • 日本化粧品検定3級
  • パソコン技能検定準1〜3級
  • POP広告クリエイター技能審査
  • 専門士

3つのポイント

Point1 勉強しながら学費をほぼ補える。

この学科の魅力は、学校で学びながら1年間のインターンシップ実習で経験を積めることです。そのインターンシップ実習のポイントは、店舗等で実際にスタッフとして働き報酬を得られることです。学費はその報酬でほぼ補うことができます。
大手企業ウエルシア薬局株式会社 など多数の大手企業とも提携してます!
さらに在学中に、採用や手当などで優遇を受けられる店舗管理者用件を満たすことができます。

Point2 「登録販売者」の資格を取得できる。

登録販売者 資格取得率
92.7%
全国平均 41.3%

薬剤師でなくても一般用医薬品の販売ができる「登録販売者」の資格取得を目指します。本校でインターンシップ実習を経験すれば、登録販売者試験合格後1年間で登録販売者(管理者)と名乗ることができます。(通常は合格後2年間の業務経験が必要。)

Point3 +αの知識を身につける『セレクト授業』!

2年次からセレクト授業で職業の幅を広げることができます。

薬剤師アシスタントセレクト

調剤薬局・病院薬剤部での薬剤師アシスタントもめざせる!

【取得可能な資格】
薬学検定2級

コスメアドバイザーセレクト

ドラッグストアで販売されているコスメや自然派のオーガニック商品についても学べる!

【取得可能な資格】
日本化粧品検定1級

豊富なカリキュラム

くすりアドバイザー科 カリキュラム一覧

〈1年次〉
  • 就職活動対策Ⅰ
  • 就職活動対策Ⅱ
  • インターンシップ実習Ⅰ
  • パソコン基礎Ⅰ
  • パソコン基礎Ⅱ
  • 接客スキルⅠ
  • 接客スキルⅡ
  • 未来デザインプログラムⅠ
  • 未来デザインプログラムⅡ
  • プレゼンテーションⅠ
  • プレゼンテーションⅡ
  • 調剤薬局概論Ⅰ
  • 調剤薬局概論Ⅱ
  • 薬理学Ⅰ
  • 薬理学Ⅱ
  • 基礎医薬品Ⅰ
  • 基礎医薬品Ⅱ
  • 生薬・漢方学Ⅰ
  • 生薬・漢方学Ⅱ
  • 薬事関係法規・制度Ⅰ
  • 薬事関係法規・制度Ⅱ
  • 解剖生理学Ⅰ
  • 解剖生理学Ⅱ
  • 調剤薬局事務Ⅰ
  • 調剤薬局事務Ⅱ
  • CRC
〈2年次〉
  • インターンシップ実習Ⅱ
  • 就職活動対策Ⅲ
  • 就職活動対策Ⅳ
  • パソコン応用Ⅲ
  • パソコン応用Ⅳ
  • 資格試験対策Ⅰ
  • 資格試験対策Ⅱ
  • 健康食品・サプリメント知識Ⅰ
  • 健康食品・サプリメント知識Ⅱ
  • 栄養学Ⅰ
  • 栄養学Ⅱ
  • 医療品の安全対策と副作用
  • 公衆衛生学Ⅰ
  • 公衆衛生学Ⅱ
  • くすりと疾患Ⅰ
  • くすりと疾患Ⅱ
  • POP&ディスプレイ
  • シミュレーション販売
  • ビューティーケアⅠ
  • ビューティーケアⅡ
  • ヘルス&ビューティー
  • 調剤薬局演習

※カリキュラムは変更する場合がございます。

名古屋医療秘書福祉専門学校のカリキュラムの例

基礎医薬品

薬品の種類・薬品に含まれる成分について勉強します。薬の詳しい説明ができることで、お客様に安心して薬を買っていただけます。

調剤薬局演習

調剤薬局で行われるピッキング業務(医薬品を取り揃える行為)や薬剤の数量確認など、実際の薬剤師補助業務を習得します。

トータルビューティーⅠ・Ⅱ

スキンケア・メイクアップ商品やネイル・ヘアケア製品など幅広く化粧品全般を学びながら、日本化粧品検定1級合格を目指します。

名古屋医療秘書福祉専門学校の1年次の時間割例

業界からの声

地域を元気に、笑顔にする。

現在ドラッグストアでは、『健康寿命の延伸』という重要な役割が期待されています。人々がより長く元気でいられるよう、予防段階からのアドバイスが求められますが、その担い手として活躍しているのが『登録販売者』です。
登録販売者は、医薬品販売に必要な公的資格で、資格試験の合格と、24ヶ月間の実務経験が必要です。くすりアドバイザー科では、これを在学中にスタートするため、他学生よりも早く満たすことができます。就職では、給与の向上や早期キャリアアップ等、有利に働く部分が多くありますし、たくさんの先輩方も活躍しています。
また、登録販売者の素晴らしさは、『地域で一番身近な健康アドバイザー』になるということです。自分の知識と経験で人々を元気にできる、健康という尽きることのないニーズに応え、その成果がお客様からの『ありがとう』と笑顔でかえってくる。これほどやりがいを実感できる仕事も数少ないのではないでしょうか。まだやりたいことが具体的でなくても、「何か専門性を身につけたい」、「誰かのためになりたい」と思う方は、登録販売者を目指してみてはいかがでしょうか。

ウエルシア薬局株式会社
取締役 採用担当
遠藤 さゆり氏

オープンキャンパスのご案内

もっと学校について知りたい方にはオープンキャンパスがお勧めです。名古屋医療秘書福祉専門学校では毎月オープンキャンパスを実施しています。実際の授業の様子を見学したり、学科・コースの違いや目指せる職業・資格習得の説明をきいたりしていただけます。まずはオープンキャンパスページで詳細をご確認ください。