卒業生のお仕事紹介

あこがれの医療・薬業・保育・歯科・福祉業界で働く卒業生を紹介

目標に向かって頑張ることの「楽しさ」を教えてもらいました

「社会医療法人 財団新和会 八千代病院」に就職

鈴木 莉世さん

(愛知県立半田商業高等学校出身)

今の私があるのは、担任の先生が色々なことに挑戦するように背中を押してくれたおかげ。高校までの私は内向的で、リーダーシップには無縁だったのですが、先生のおかげで前向きな自分に変わることができました。今は仕事を覚えることで精一杯ですが、一日でも早く多くのことを覚え、丁寧でしっかりした患者様対応ができるプロに成長したいです。

医療秘書科

一日でも早く仕事を覚え、頼れる人材に成長したい

「安城更生病院」に就職

佐藤 杏佳さん

(愛知県立岩津高等学校出身)

病院で働く今、専門学校で学んだ医学知識があるおかげでスムーズに理解できています。事務作業とレセプトを並行して行うので、大変なことも多いのですが、担任の先生の「大変という字は大きく変わると書きます。大きく変わり成長するチャンスです」という言葉を胸に刻み、自分の腕試しだと思ってわくわくしながら取り組んでいます。

診療情報管理士科

利用者様の笑顔に支えられ、元気をもらっています

「老人保健施設みず里」に就職

成瀬 はなさん

(飛鳥未来高等学校名古屋キャンパス出身)

私の目標は、「ごめんね」という言葉より、「ありがとう」という言葉を引き出せる介護福祉士。この仕事は、本当に奥が深いです。利用者様のことを考えて悩むけど、心を救ってくれるのも利用者様。楽な仕事ではないし、人のすべてに触れるので責任も大きいです。ですが、それ以上にたくさんの喜び、「やってよかった」と思える瞬間があります。

介護福祉科

身近なくすりの相談役として地域の方の健康をサポートしたい

「(株)マツモトキヨシ甲信越販売」に就職

塩澤 悠さん

(長野県阿智高等学校出身)

在学中のインターンシップ実習先が、現在の就職先。縁を繋いでくださった先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。また、学校で身に付いた挨拶やマナー、言葉使いは、店頭でお客様とお話する際にとても助けられています。今の目標は、店長になること。毎日、覚えることがたくさんありますが、学校で培った向上心を力に成長を続けていきたいです。

くすりアドバイザー科

ずっと憧れていた病院で実習をして就職。「ありがとう」 の言葉がやりがいに

「朝日大学病院」に就職

河田 安理沙さん

(岐阜県各務野高等学校出身)

人と接するのが好きなのと、不安を抱えて来院する患者様の気持ちを少しでも和らげたいと思い、医療事務を目指しました。三幸学園に入学したのは、憧れの病院への実習実績があったから。願いが叶い、晴れてその病院に就職できた今、何事も全力で取り組み、多くを吸収したい。そして、皆に頼られる存在になりたいです。

医療秘書科

先生が支えてくれたおかげで、何度も頑張ろうと思えた

「医療法人知邑舎 岩倉病院」に就職

森 彩乃さん

(愛知県立古知野高等学校出身)

三幸学園の先生は生徒にとって身近な存在であり、先生がいつも親身に支えてくれたからこそ、何度も頑張ろうと勇気づけられました。そして現在の職場は、学生時代に実習でお世話になった病院。受付や会計で患者様に応対する時には、学校で教わったビジネスマナーやサービス接遇の知識が役に立っています。

医療秘書科

子どもたちにとっての第二のお母さんを目指しています

「大府市立若宮保育園」に就職

鈴木 詩乃さん

(愛知県立大府東高等学校出身)

この学校では、現場で活躍する先生から生きた知識がたくさん学べます。実習や発表の機会も多く、歌やリトミック、手遊びのスキルも多く身に付きました。先日、保護者様から「子どもにとって、先生が安心できる居場所なんだと感じ、安心しました」との言葉をいただき、やりがいを実感。「頑張ってきてよかった」と、うれし涙があふれました。

医療保育科

子どもたちの「できた」の瞬間に立ち会えることが大きな喜び

「社会福祉法人志生会 内部ハートピア保育園」に就職

大島 梨緒さん

(三重県立桑名西高等学校出身)

1人で靴下が履けるようになったり、トイレで排泄できるようになったり、ご飯を残さず食べられたり。子どもにとっては、一つひとつが大きな成長です。その時の嬉しそうな顔を見ると、言葉では表せないくらい幸せな気持ちになります。保育者は、子どもたちのヒーローです。学生のうちに様々な挑戦をして視野を広げ、自分に自信をつけてください!

医療保育科