市澤 義尚さん(介護福祉科1年)

在校生のSchool Life

介護にとって大切なことは先生が、仲間が教えてくれる。この学校では誰もがバリアフリー。みんなが夢を後押ししてくれる。

市澤 義尚さん

介護福祉科1年(岩手県/福岡高等学校出身)

現場経験豊富な先生方から学ぶ技術や知識は、即戦力になることばかり。残存機能を活かした介助が何より大切だということも学べました。充実した施設、幅広い知識を磨けるカリキュラムが、多くの人を幸せにできる介護福祉士になるという夢の後押しをしてくれています。

担任の菊地先生は話しやすくてお茶目で、クラスのことを大事にしてくれる大好きな先生。人としても尊敬しています。

一人暮らしなので、毎日自分でお弁当作ってます。きっかけは、友人とお弁当で競い合おうっていうことになって、作り始めました。

将来、耳の不自由な方と接することがあったら、役に立てたいと思い頑張っている手話。五十音の表現を覚え、友人と自己紹介に挑戦。

ここで出会えた仲間たちは、僕の宝物。学科を超えて、男子はみんな仲良し。もちろん、クラスの女子とも仲がいいですよ。

Schedule

9:00
介護のスキルが学べる『介護の基本』。大切なのは失敗を恐れないこと。
11:00
ペアを組んで行うので、難しいけど楽しみながら手話が学べる。
13:00
友達と趣味の話や恋愛の話で盛り上がるランチタイム。
14:00
『生活支援技術』では、体の仕組みも学んでます。
15:00
先生が丁寧に指導してくれる『生活支援技術』の授業。
17:00
学校が仙台駅に近いので、今日はみんなで遊んで帰ります。