学校長より

仙台医療秘書福祉専門学校とは

昭和62年、仙台市に誕生。医療秘書、介護福祉士、保育士、幼稚園教諭、診療情報管理士、登録販売者などの育成を行っています。

資格取得の実績の高さと就職率の高さが自慢です。本校の1人当り取得資格数は14種類。更に合格率も全国平均を上回っています。就職決定率も97%以上という高い数字を15年以上残しています。この実績を支えているのは、入学から就職まで一貫して1人の教員が指導する本校独自の教育システムです。

この他にも、経験豊富なベテラン講師陣と担任スタッフによる、1人、1人を大切にする親身な指導も魅力の1つです。 さらに、資格取得や就職に向けての学習以外にも、学生生活を満喫できる行事がいっぱいの楽しく学べて、しっかり就職できる学校です。

教育理念『技能と心の調和』

三幸学園は、昭和60年の開校以来30年にわたり
『技能と心の調和』を教育理念に掲げ、教育を展開してまいりました。

ここでは、社会への有益な職業人を数多く輩出することを目標に、"有益な職業人とは、専門的知識・専門的技術を十分持ちながら、常に変遷する社会に対し柔軟に対応するため日々研究・研鑽を続け、職業人としての使命感をしっかり確立した人物"と定義し、心豊かな人間性を育む教育に注力しております。

本校においても『技能と心の調和』を教育の理念とし、単に知識や技術を研究するに留まらず、人間性を高める教育を併せて展開することにより、真に社会に役立つ人材を輩出することができると考えております。

技能と心の調和を教育理念に
強くたくましい人材の育成をめざします。

令和2年度が明けましたが,昨年度末より新型コロナウィルス感染症が世界中に大きな混乱を引き起こしている中での年度明けとなっています。日本でも全国民が先を見通せない状況の中で,大きな不安を抱えています。

皆さんにとっても,学習環境の確保や就職に向けて,大きな不安感を抱えての学校生活になっていると思います。とくに本年度の新入生にとって,新しい生活への心細さに加えて社会状況に対する不安の大きさは想像するに難くありません。本校で学ぶ多くの皆さんが目指そうとする医療現場は,今まさに過酷を極め筆舌に尽くし難い状況になっていることは周知のとおりです。どのような現場であり,どのような立ち位置であるのか,具体的なイメージが日々上書きされつつあるのではないでしょうか。

そのような社会状況の中で,本校は在学する皆さんにこれまで以上の質を確保しようと,授業の実施を可能とするオンラインシステムの導入に総力を上げて準備を進めてまいりました。しばらくはオンラインでの授業配信による学びをとおして,皆さんが夢としてもち続けているスペシャリストへの道を歩んでほしいと思います。また今後登校が可能になってからは,人が集い仲間や先生たちとの温かい空気の中で,そのよさや教育環境を十分生かして,皆さんの夢の実現を支援してまいります。

本学園は開学以来,社会の状況や方向性をつぶさに分析し,社会の動向を探り,その上で「生徒の幸せ,社会の幸せ,学園の幸せ」を経営理念として学校運営を重ねてまいりました。今のこのような社会状況だからこそ,本学園の経営理念を具現化するべく,教職員一丸となって,そして在籍する皆さんとともに,社会づくりに貢献できる人材の育成を目指します。

一日一日の取組を大切にしていきましょう。そして感染収束後に必ず明るい社会を取り戻すんだという強い気持ちで自分の将来に磨きをかけていきましょう。

仙台医療秘書福祉専門学校
校長 水口 俊彦