卒業生のお仕事紹介

あこがれの医療・福祉・保育業界で働く卒業生を紹介

いろいろな角度から患者様をサポートできるやりがいの大きな仕事です。

「一般財団法人 宮城県成人病予防協会附属仙台循環器病センター」に就職

髙橋 幸子さん

(秋田県/平成高等学校出身)

私は医事課に所属し、受付で患者様の対応や医療費のご相談を承ったり、電子カルテに入力されている項目にミスはないかチェックしたり、レセプト業務など担当しています。医療事務は、患者様の不安を和らげてあげたり、治療費のご相談に応じたり、いろいろな角度からサポートできるやりがいの大きな仕事。女性が長く働けるのも魅力です。

医療秘書科

新しい仕事を任され、ステップアップできていると実感できた時はうれしい。

「株式会社Vitaあずさ調剤薬局」に就職

櫻井 雪乃さん

(宮城県/聖和学園高等学校出身)

私は現在調剤薬局の事務をしています。患者様から受け取った処方箋をコンピュータに入力したり、お会計を行なったりするのが私の仕事。さらに、薬の発注や来客の応対なども任されています。新しい事を教えてもらい、それがこなせるようになると、もっと仕事を覚えたいという気持ちになる。自分がステップアップできていると実感できた時にやりがいを感じます。

医療秘書科

病棟事務が私の仕事。笑顔の対応を心がけているので、褒めていただけると嬉しい。

「社会医療法人 康陽会 中嶋病院」に就職

松野 友美さん

(専門学校生からの再進学)

看護師を目指していた私。でも学んでいるうちに、自分には向いていないと思い、医療事務をめざすことにしました。現在私は病棟事務として、入院登録や月ごとのレセプト作成、入力などを行なっています。医療の現場に近いナースステーションが仕事場。さまざまな職種の人と接することができるので、知識が増えていくことにやりがいを感じています。

医療事務科

病院の経営に関わる重要な仕事に携われていることに大きなやりがいを感じています。

「山形県立新庄病院」に就職

斉藤 誉弥さん

(秋田県/西目高等学校出身)

診療情報管理士資格の合格率が他校よりも高かったのでこの学校を選びました。今、医事経営相談室に在席し、診療情報管理士としてDPCコーディングと、外来患者様のレセプト請求に関する査定、診療報酬の請求を確定する業務などを担当しています。病院の収支に関わる仕事に携わっていると実感できることに大きなやりがいを感じています。

診療情報管理士科

こどもたちからはもちろん保護者の方からも信頼される保育士になるのが目標です。

「社会福祉法人一寿会 名取みたぞの保育園」に就職

横尾 絵里さん

(福島県/相馬東高等学校出身)

こどもたちの気持ちを第一に考え、のびのびと保育活動を行う保育園で、私は1 歳児「りす」組の担任をしています。上手にしゃべれなかった園児から『せんせい』と呼んでもらったり、私を見つけて駆け寄ってくれる園児の姿に、仕事のやりがいを感じています。一人ひとりのこどもたちの気持ちを大切に、これからもがんばります。

医療保育科

入居者様の笑顔をもっともっと引き出せるよう知識を深めるのが目標です。

「地域密着型特別養護老人ホーム 寳樹苑 いずみ」に就職

桜井 絵梨さん

(宮城県/白石女子高等学校出身)

私は介護士として、入居者様の状況に合わせた、食事や入浴・排泄などの身体的サポートや、時には話し相手になったり、精神面のケアなどを行なっています。目標は、認知症のケアについてもっともっと知識を深め、さらに経験を積んで『ケアマネジャー』の資格を取ること。そして、入居者様の笑顔を引き出せるように、頑張りたいです。

介護福祉科

コミュニケーターとして、ドクターと患者様をつなぐのが仕事。常に、患者様第一の行動を心がけています。

「小野歯科医院」に就職

菅野 愛さん

(宮城県/東北生活文化大学高等学校出身)

私は小さい頃から歯医者さんが好きだったので、たくさんの人に歯医者さんを好きになってもらいたいと思い歯科助手をめざしました。歯科助手の仕事で大切なのは、患者様のことを第一に考え、行動すること。歯科助手は先生と患者様をつなぐ、コミュニケーター。患者様としっかりコミュニケーションできるような雰囲気づくりも大切にしています。

歯科アシスタント科

「またあなたに相談したい」そう言われることが何よりの喜び。

「株式会社 カワチ薬品」に就職

佐々木 真波さん

(秋田県/大館高等学校出身)

学校の明るい雰囲気や充実した行事、そして資格取得のサポートが手厚いことに惹かれてここを選びました。現在私は、ドラッグストアで医薬品の販売を行なっています。接客や薬選びのアドバイスを行なう他、商品の発注や販促に欠かせないポップ作りなども私の仕事。今の目標は、もっともっと化粧品の知識を増やすことです。

くすりアドバイザー科