卒業生のお仕事紹介

あこがれの医療・薬業・保育・歯科・福祉業界で働く卒業生を紹介

新しい仕事を任され、ステップアップできていると実感できた時はうれしい。

「株式会社Vita あずさ調剤薬局」に就職

櫻井 雪乃さん

(宮城県/聖和学園高等学校出身)

私は現在調剤薬局の事務をしています。患者様から受け取った処方箋をコンピュータに入力したり、お会計を行なったりするのが私の仕事。さらに、薬の発注や来客の応対なども任されています。新しい事を教えてもらい、それがこなせるようになると、もっと仕事を覚えたいという気持ちになる。自分がステップアップできていると実感できた時にやりがいを感じます。

医療秘書科

患者様と医療職との橋渡し役。優しさを持って接しています

「医療法人 医徳会真壁病院」に就職

横山 ひろ子さん

(宮城県/矢本高等学校出身)

医療事務員として窓口業務や医療計算業務に必要な病気や治療、薬の幅広い知識を磨いています。患者様へ医療費の説明や負担が少なくなる制度の案内をして、「ありがとう」と言われると、お役に立てた実感で嬉しくなります。目標は「当たり前を常に当たり前にできる人」。専門学校で培った人間力を生かして、今後も成長していきたいです。

医療秘書科

自分自身を見つめ続けた一年間の学校生活に感謝

「社会医療法人 康陽会 中嶋病院」に就職

原子 まどかさん

(青森県/弘前実業高等学校出身)

1年制のコースでしたが、尊敬できる先生方に出会い、自分の考えをしっかり伝える力、相手の気持ちを汲んで臨機応変に対応する力が身に付きました。医療は生きる上で誰もが必要とする日常の一つ。だからこそ、患者様と病院の間に立つ医療事務の仕事は、想像よりもずっと奥が深く、突き詰めるほどに自分ができることがたくさんあると感じる毎日です。

医療事務科

子どもたちのキラキラの笑顔にいつも支えられています!

「医療法人 松田会 キッズマーク トゥエイン 」に就職

工藤 玲菜さん

(宮城県/石巻市立女子(現・石巻市立桜坂)高等学校出身)

三幸学園は実践的な授業が豊富!学生時代にたくさん失敗をした経験が、今の力になっています。保育士は責任の大きい仕事ですが、毎日が笑顔で溢れ、小さな喜びを瞬間ごとに感じる素晴らしい仕事。子どもや保護者様との信頼関係を築けたと感じたり、一生懸命考えた活動を「またやりたい」と言ってくれた時、保育士になって良かったと思います。

医療保育科

身近な健康の相談役として人の役に立てる喜びを実感

「株式会社カワチ薬品 岩切店」に就職

大内 未夢さん

(岩手県/高田高等学校出身)

ドラックストアで登録販売者として働いています。体調の悪いお客様に症状に合った医薬品を紹介し、丁寧に内容をお伝えして、お客様の安心した表情を見ることがやりがいです。元気になって再来店され「、この前はありがとう」などと声をかけてくださると本当にうれしく、頑張るパワーが湧いてくるんです。この仕事を選んで良かったと感じる毎日です。

くすりアドバイザー科

病院の経営に関わる重要な仕事に携われていることに大きなやりがいを感じています。

「山形県立 新庄病院」に就職

斉藤 誉弥さん

(秋田県/西目高等学校出身)

診療情報管理士資格の合格率が他校よりも高かったのでこの学校を選びました。今、医事経営相談室に在席し、診療情報管理士としてDPCコーディングと、外来患者様のレセプト請求に関する査定、診療報酬の請求を確定する業務などを担当しています。病院の収支に関わる仕事に携わっていると実感できることに大きなやりがいを感じています。

診療情報管理士科

子どもたちを楽しませるには自分自身が楽しむことが一番!

「学校法人 六郷学園ドリーム幼稚園」に就職

柴浦 知子さん

(山形県/新庄北高等学校出身)

保育士・幼稚園教諭のやりがいは、子どもたちの「できた!」という瞬間に立ち会えること。自信と喜びに満ちた笑顔を見ると、頑張るパワーが湧いてきます。また、私の働きかけや援助に対して、その子なりに一生懸命返してくれた時もうれしくて、心の中でガッツポーズ。今は、発展途上国の子どもたちを支援するという夢に向かって勉強を続けています。

医療保育科

誰かの力になっている自分を誇りに思って働いています

「老人保健施設 ライフケアセンター名取」に就職

佐々木 倖子さん

(宮城県/気仙沼西高等学校出身)

利用者様との触れ合いが大きなやりがい。日常生活や何気ない会話の中で笑顔が見られた時や、「ありがとう」「あなたのお陰で楽しいよ」など、感謝の気持ちを直接受け取る喜びが次の仕事への励みになります。単にお世話をするのではなく、介護を必要とする人がその人らしい生活を送り続けられるように支えることを目標に、勉強を重ねる毎日です。

介護福祉科