卒業生の声

本校を卒業し、就職した卒業生の声を紹介します!

お客様の身体だけでなく
人生も変えられる結果が見える仕事です。

関本 竜輔

RIZAP株式会社 勤務
スポーツトレーナー科
2018年 卒業

お客様の身体が変わって喜ばれることがやりがいです。

パーソナルトレーナーとして、お客様の目標に向けたマンツーマン指導で、運動や食事のアドバイスをしています。『やせたね!って言われるようになりました』と以前よりイキイキして毎日を過ごされていたり、『数値が改善して医者にほめられました』と健康を取り戻して嬉しそうな姿を見ると、大きなやりがいを感じます。

トレーニングを通じて
お客様を笑顔にしたいです。

小原 まどか

Hi美scus 経営
スポーツインストラクター科
2008年 卒業

お客様と二人三脚で、目標を達成する喜び。

プライベートスタジオを設立し、トレーニングを通じてお客様の身体づくりをサポートしています。運動面から食事面まで、一人ひとりにきめ細やかな提案ができるのは、リゾスポで幅広い知識を学んだおかげ。理想の体型を手に入れて、表情まで明るくなったお客様をみるのが幸せです。

選手を支える一人として
チームの優勝に貢献したい。

片岡 敬貴

株式会社楽天野球団 勤務
スポーツインストラクター科
2000年 卒業

選手が全力でプレーできる環境をつくっていきたい。

球団のボールパーク本部で、1軍2軍の試合運営業務の責任者をしています。スタジアム周辺の環境づくりから試合の安全管理まで、関連部署と連携して準備を進めます。戦うのは選手、環境を整えることが自分の仕事。球場にたくさんのお客様が来ているのを見るとうれしいです。チームの優勝を目指してがんばります。

子どもたちの笑顔が私の力になります。

山梨 紫陽

幼児活動研究会株式会社 コスモスポーツクラブ 勤務
アスレティックトレーナー科
2021年 卒業

身体の知識を深く学んだことが教える上で自信になりました。

将来、子どもにスポーツを教えたいと思い、リゾスポに入学しました。在学中は、運動について実技と理論の両面から学び、人間の身体について深く理解できたことがよかったです。特に、ケガをした時の応急処置や、運動能力を高める訓練のひとつ、コーディネーショントレーニングを学んだことが、幼児体育の現場で役に立っています。

体操指導を通じて子どもの成長をサポートしたい。

現在は、園児と小学生に対してマット運動や跳び箱、縄跳びなどを指導しています。ひとつずつ技に挑戦し、成功した際の子どもたちの笑顔は、私にとって最高の宝物です。体操指導を通して子どもの成長を間近で見られていることが私の生きがいとなり、共に成長できる喜びを感じています。将来は、子どもも大人も、より多くの人を喜ばせる仕事をしていきたいです。

魅力的な店舗をつくって、フィットネス人口を増やしたい。

佐山 貴幸

セントラルスポーツ株式会社
セントラルウェルネスクラブ我孫子 店長
スポーツインストラクター科
1997年 卒業

スポーツクラブの店舗運営を任されています。

自分が中心となり、店舗の方針を決められるのがやりがい。向上心の高いお客様が多いので、ニーズに応え続けていきたいです。また、スタッフが働きやすい職場づくりも大事にしています。リゾスポの実践的な学びによってやりたいことを明確にしたからこそ今も情熱を持って仕事ができています。

一人ひとりに合った運動指導を行います。

忍足 美里亜

千葉県立安房高等学校 出身
職業:医療法人社団鎮誠会きぼーるクリニック 勤務
スポーツトレーナー科
2020年 卒業

整形外科でトレーナーとして運動療法の指導を行っています。患者様の痛みが軽減したり、競技パフォーマンスが向上して「ありがとう」と感謝されると、やりがいを感じます。また運動の重要性を理解していただけると、また頑張ろうと思えます。幅広い世代の方々に、日常生活レベルの向上、スポーツ復帰など、個々の状態や目標に合わせた運動指導や栄養指導ができるトレーナーになりたいです。

お客様の気持ちになり、熱意を持って指導します。

刀根 和輝

拓殖大学紅陵高等学校 出身
職業:株式会社B-ST 勤務
スポーツトレーナー科
2020年 卒業

提携するフィットネスクラブの施設をお借りして、パーソナルトレーニング指導を行っています。お客様の身体に変化が見られたり、目標達成できた時はもちろん、「パーソナルトレーナーをつけて本当に良かった」と嬉しそうに話してくださるお客様の笑顔を見られるのが一番の喜び。お客様に寄り添い、熱意を持って、二人三脚で成長していけるやりがいしかない仕事だと思います。

ストレッチでプロ野球選手をサポートするのが目標。

佐久間 彩菜

千葉敬愛高等学校 出身
職業:株式会社BODYRUN Alive Soul Dr.stretch ペリエ千葉店 勤務
スポーツトレーナー科
2021年 卒業

ストレッチ専門店で、お客様ご自身が伸ばしきれないところまで私たちトレーナーがストレッチを行って、体質改善を図ります。身体に悩みを抱えたお客様がリピーターとなって通ってくださり、「肩こりや腰痛を感じなくなった」「あなたに頼んで良かった」と言っていただけると、この仕事をして良かったと嬉しくなります。今の職場で経験を積み、将来はプロ野球選手の帯同をしたいです。

お客様の身体づくりに貢献できることが幸せです。

遠藤 歓奈

三重県立四日市工業高等学校 出身
職業:株式会社MPBR(マスターピースボディルーム) 勤務
スポーツトレーナー科
2021年 卒業

ピラティススタジオでトレーナーとして活動しています。在学中に学びを深めていくうちに自分自身の身体の悩みや不調を改善してくれたピラティスに魅力を感じ、もっと多くの人に伝えたいと思ったのがきっかけでした。目の前のお客様一人ひとりに寄り添い、精一杯のレッスンを行っていきたいと考えています。

ボディメイクを通じてお客様の人生をサポート。

熊野 将斗

北海学園札幌高等学校 出身
職業:フリーランスパーソナルトレーナー
スポーツトレーナー科
2016年 卒業

ボディメイクを中心にコンディショニングなど幅広く、トレーナーとして活動をしております。クライアント様の身体だけでなく生活習慣を変えたり、人生を変える手助けをできるということがボディメイクトレーナーとしてのやりがいだと実感し取り組んでおります。

学生時代に学んだ知識を指導に活かしています。

澤田 彩雅

千葉県立富里高等学校 出身
職業:株式会社LAVA International 勤務
スポーツインストラクター科
2019年 卒業

ヨガインストラクターとして、リゾスポで学んだ機能解剖学の知識を活かしてレッスンしています。お客様の身体の変化に気づくのが早く、痛めているところ、柔軟性や筋力が足りないところも、立ち姿勢や動きなどを見て理解したうえで指導できるので、知識が役立っています。お客様がスッキリした笑顔や明るい表情を見せてくださる時、レッスン後の身体の変化に気づいてくださった時も、やりがいを感じます。

子どもに負けないくらいの元気と笑顔が大事。

髙橋 祐翔

東京学館高等学校 出身
職業:株式会社ティダ 勤務
スポーツインストラクター科
2000年 卒業

毎日違う幼稚園へ行って、朝の正課指導から午後の課外指導まで、主にマット、跳び箱、鉄棒などを教えています。外では走ったり、ボールを使ったトレーニングも行います。朝、「先生おはよう!今日も体操頑張るね!」と楽しみにしてもらえたり、逆上がりや跳び箱ができなかった子に指導して、できるようになった瞬間の「やったー!」と喜ぶ姿を見られた時が一番のやりがいです。

大好きなサッカーの技術と人間力も磨いて成長させます。

堀田 大樹

既卒
職業:リーフラス株式会社 勤務
スポーツインストラクター科
2016年 卒業

子どものサッカースクールの指導者をしています。技術だけでなく、あいさつや礼儀もきちんと教え、人間力を育てていくのも大切な仕事。シュートが決まったり、試合に勝ったときなど、子どもの笑顔や成長を見られることが自分の喜びにもなっています。保護者の方が感謝の言葉をくださることも多いです。これから実績を重ねていき、いずれは海外の子どもにもスポーツを教えたいです。