取得資格紹介

本校で取得が可能な資格

資格取得に力を入れている本校では、専門的な資格はもちろんのこと、社会人としての資質を高める資格など、さまざまな資格取得が可能です。

難関資格

(公財)日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー資格

合格者 495

※2020年度までの学園累計合格者数

  • 中学校教諭一種(二種)免許状(保健体育)

    高等学校教諭一種免許状(保健体育)

    文部科学省

    中学校や高校で、体育や保健の授業を教えるための免許。取得後、自治体の教員採用試験に合格すると体育教師になれる。

    ※卒業後2年間のスクーリングが必要。

  • (公財)日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー

    (公財)日本スポーツ協会

    選手のコンディショニング、ケガの救急処置、リハビリ、トレーニングなどをサポート。取得すればプロスポーツの現場で働く近道に。

  • 健康運動実践指導者

    (公財)健康・体力づくり事業財団

    健康を目的とした運動指導の知識と技術を持つ者として、作成されたプログラムを基に運動指導ができる。

  • JATI認定トレーニング指導者

    NPO法人日本トレーニング指導者協会

    科学的根拠をもとに運動プログラムを作成し、実践できるトレーニング指導者として認定。スポーツ選手や一般人を対象に指導を行う。

  • フィットネスクラブ・マネジメント技能検定3級

    一般社団法人 日本フィットネス産業協会(FIA)

    クラブの運営実務を理解しているだけでなく、運動や健康づくりに関する基本知識を有することを証する、スポーツ・フィットネスクラブのマネジメントに特化した業界初の国家技能検定。

  • 赤十字救急法救急員

    日本赤十字社

    応急手当の正しい知識と技術を持つ、スペシャリストとして認定。日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー資格の受験にも必要。

  • (公財)日本サッカー協会公認C/D級コーチ

    (公財)日本サッカー協会

    主に12歳以下の選手に、サッカーの基本的な指導を行う方法を学び、コーチとして活躍できる人材を目指すための資格。

  • PHI Pilates Basic Exercise Instructor

    PHI Pilates Japan

    世界5大ピラティス流派の一つであるPHIピラティスによる怪我の予防やパフォーマンス向上の根底にある骨のアライメントと筋の長さの調整を機能解剖学に基づいて身につける。