田口 凜さん(医療秘書科)

在校生のSchool Life

たくさんの患者さまに笑顔と安心を届けたい。

田口 凜さん

医療秘書科(札幌平岡高等学校出身)

誰かの役に立てる人になりたい、それが医療の仕事をめざしたきっかけです。病院の仕事は患者さまと接する機会が多いので、私の自慢の笑顔を活かせる仕事かなと思い、病院で働いてみたいという目標を叶えるために、資格取得に向けて力を入れているこの学校を選びました。将来、たくさんの人に信頼される医療事務員になりたいから、一つひとつの授業を大切にしています。

クリニックのカウンターになっている実習室では、受付の仕事の流れや患者さまの対応方法などを実践的に学べます。

仲良しの友だちと検定前に学校で勉強。「『サービス接遇実務検定』、絶対みんなで合格しようね!」。

医療事務のプロ、続先生はおしゃれで素敵な先生。授業もわかりやすくて、一人ひとりにしっかり指導してくれます。

個性豊かなクラスメイトたち。みんな同じ目標を持っているから、お互い励まし合いながらがんばってます。

Schedule

8:30
朝食をしっかり食べて登校。
9:00
『医療事務』は難しいけど、達成感のある授業です。
11:00
医療の知識が深まる『看護学』。先生が丁寧に教えてくれるので楽しくがんばれます。
13:00
お昼休みは友だちと喋っているとあっという間。
14:00
『プレゼンテーション実践』では、社会人として大切なことを学べます。
16:00
将来の自分に自信が持てるようになる『未来デザインプログラム』の授業。
17:00
授業が早く終わった日は、友だちとご飯を食べに行ったりしています。