卒業生のお仕事紹介

動画で卒業生の声が聞けるよ!仕事のやりがいやアドバイスについて聞いてみました!

あこがれの医療・薬業・保育・福祉業界で働く卒業生を紹介

幅広い授業で視野が広がり、人間力を磨けました

「医療法人渓仁会 手稲渓仁会病院」に就職

河野 美佑さん

(札幌国際情報高等学校出身)

在学中の学びで一番役立っているのは、マナーや言葉遣いです。電話を取ったり、業者の方と接する機会も多く、急な場面でもさっと丁寧な言葉が出て、行動に移せたときは「ああ、勉強してきてよかったな」と思います。最近はレセプトの見方を教わっているのですが、先輩に聞くことなく1人で理解できたときは達成感を感じます。

医療秘書科

専門学校で学んだことは一つとして無駄がない

「医療法人 王子総合病院」に就職

青木 唯花さん

(佐呂間高等学校出身)

在学中は「必要なのかな?」と思った授業もありましたが、今では全てが土台になっていると実感。中でも役立っているのはコミュニケーション力。患者様に質問されたり、伝えたいことがある時、相手の気持ちを汲み取り、どんな言葉と表情で対応したら良いかを判断するスキルを、専門学校のグループワークや実習を通して身に付けました。

医療秘書科

諦めずに夢を追えたのは、先生が常に背中を押してくれたから

「医療法人 エム・ティー・エヌ北海道泌尿器科記念病院」に就職

飯高 花穂さん

(芦別高等学校出身)

私は今、外来受付業務と入院病棟業務をこなしながら、DPCについて教わっています。やりがいを感じるのは、患者さんの医療費負担が少しでも軽くなるように制度の説明をしたり、取れる加算を漏らさず算定して、病院の収入に貢献できた時。今後もDPCのスペシャリストを目指して努力を重ね、お世話になった学校の先生に恩返しをしたいです。

診療情報管理士科

ドクターから頼りにされる診療情報管理士になるのが目標!

「社会医療法人禎心会 札幌禎心会病院」に就職

千田 史織さん

(札幌北陵高等学校出身)

専門学校の授業を通して「診療情報管理士は、これからの病院にとってなくてはならない存在」だと知り、強い気持ちを持って資格取得にのぞむことができました。勤務先では電子カルテの管理のほか、ドクターが学会で使う統計データをまとめることもあります。私を信頼し、仕事を任せてもらえることがうれしいです。

診療情報管理士科

子どもたちの可愛い笑顔と「ありがとう」が私の原動力

「学校法人太陽学院 認定こども園 太陽の子幼稚園」に就職

榮井 みずきさん

(函館水産高等学校出身)

学生時代の学びで本当に助けられているのは、挨拶と礼儀。先生たちの指導は時には「厳しすぎる」と思うこともありましたが、今となっては大きな愛を感じます。保育の現場に立ってまだ4カ月ですが、保護者様や子どもたちが未熟な私の頑張る姿を認めてくれて、「ありがとう」と言ってくれると、もっともっと自分を高めようと決意が新たになります。

医療保育科

くすりの知識だけでなくメイクやマナーも学べたことが財産に

「株式会社アインファーマシーズ」に就職

星山 光さん

(札幌西陵高等学校出身)

ドラッグストアの店長として働く今、自分が考えて動いたことに、お客様が喜んでくださる瞬間が大きなやりがい。接客をきっかけに名前を覚えていただき、何度も足を運んでくれる地域のお客様がどんどん増えてすごく嬉しいです。専門学校での登録販売者資格に向けた授業はもちろん、ビジネスマナーやPOP作成、メイクの授業も本当に役に立っています。

くすりアドバイザー科

患者様とドクターの架け橋として心のこもったサポートをしていきたい

「医療法人知仁会 八木整形外科病院」に就職

橋本 彩愛さん

(札幌西陵高等学校出身)

整形外科で医師事務作業補助を担当しています。外来はいつも混雑していますが、私がカルテ記載補助をすることで待ち時間を短くして、ドクターと患者様が向き合う時間を長くしたい、と思いながら仕事をしています。今後の目標は、医師事務作業補助者の認定試験合格。ドクターの支えになれるよう、医学的知識や医療制度について学び続けたいです。

医療事務科

人の役に立ち、必要とされる実感を肌で感じられる素晴らしい仕事です

「社会医療法人禎心会 介護老人保健施設 ら・ぱーす」に就職

監物 大基さん

(札幌工業高等学校出身)

学校は施設実習先が充実していて実習数も多く、在学中からやりがいや大変さを実感できました。介護福祉士となった今は、利用者様と交わすコミュニケーションに元気をもらう毎日。先日は朝の挨拶をした際に、笑顔で「今日はあなたが担当なのね」と言って下さったことがとてもうれしく印象に残っており、毎朝の触れ合いが楽しみになりました。

介護福祉科