卒業生のお仕事紹介

あこがれの医療・薬業・保育・福祉業界で働く卒業生を紹介

学校での学びや経験の一つひとつが、今の仕事につながっていると実感

「社会医療法人北楡会 札幌北楡病院」に就職

渡邉 穂華さん

(札幌西陵高等学校出身)

常に視野を広く持ち、幅広い行動が求められる医療事務は、病院の顔。私もそんな存在になりたいと思い、この仕事を選びました。今、私は受付・会計・レセプト業務などを担当。多くの人と接する中で、ビジネスマナーの授業で学んだことや、行事を通して人との関わり方を学べたことが、とてもよい経験値として現場で活かされています。

医療秘書科

受付業務や患者さま対応など、貴重な経験ができた病院実習

「社会医療法人 恵佑会札幌病院」に就職

宮越 優花さん

(藤女子高等学校出身)

在学中、医療機関で実際に患者さま対応を経験できたことは、今の仕事にとても役立っています。私は今、患者さまと接する機会の多い入院事務の仕事に携わっており、実習での経験が現場で大きな差になっていると実感しています。患者さまとのコミュニケーションを大切にしているので、「ありがとう」の言葉は大きなやりがいになっています。

医療秘書科

諦めずに夢を追えたのは、先生が常に背中を押してくれたから

「医療法人エム・ティー・エヌ 北海道泌尿器科記念病院」に就職

飯高 花穂さん

(芦別高等学校出身)

私は今、外来受付業務と入院病棟業務をこなしながら、入院費用の計算方法であるDPCについて教わっています。やりがいを感じるのは、患者さまの医療費負担が少しでも軽くなるように制度の説明をしたり、取れる加算を漏らさず算定して、病院の収入に貢献できた時。今後もDPCのスペシャリストを目指して努力を重ね、お世話になった学校の先生に恩返しをしたいです。

診療情報管理士科

ドクターから頼りにされる診療情報管理士になるのが目標!

「社会医療法人禎心会 札幌禎心会病院」に就職

千田 史織さん

(札幌北陵高等学校出身)

専門学校の授業を通して「診療情報管理士は、これからの病院にとってなくてはならない存在」だと知り、強い気持ちを持って資格取得にのぞむことができました。勤務先では電子カルテの管理のほか、ドクターが学会で使う統計データをまとめることもあります。私を信頼し、仕事を任せてもらえることがうれしいです。

診療情報管理士科

保育士は、子どもたちはもちろん、家庭にとっても影響力の大きな存在

「社会福祉法人真成福祉会 円山北町保育園」に就職

北村 美優さん

(滝川西高等学校出身)

保育士として0歳児の担任をしています。保育士は、保護者の方と一緒に1人の人間を育てる大切な仕事。子どもたちはもちろん、その家庭にとっても大きな影響力を持っています。それだけに、挨拶や言葉遣い、マナーは身につけておかなければならないもの。学生時代、丁寧にしっかり指導していただけたことに感謝しています。

医療保育科

これからもお客様を第一に考え、最大限の対応をしていきたい

「株式会社ツルハ」に就職

藤森 瑞歩さん

(滝川西高等学校出身)

ドラッグストアでは薬のことはもちろん、化粧品や日用品など、取り扱っているさまざまな商品について質問されるので、お客様に「いい買い物ができた」と思っていただけるよう、常に丁寧な接客を心がけています。接客が主な仕事なので、在学中に多くの人との関わりを通してコミュニケーション能力を高められたことは本当によかったと思っています。

くすりアドバイザー科

利用者さまとの関わりの中に、仕事の喜びが溢れている

「社会福祉法人北海道友愛福祉会 特別養護老人ホーム 静苑ホーム」に就職

角田 萌さん

(小樽商業高等学校出身)

高齢者の方を近くで支え、一緒に笑い合う時間を作りたいと思い、介護職をめざしました。今、介護士としてレベルアップするための資格取得に向け、認知症についての知識を深めることを目標に頑張っています。自分が考えたケアが利用者さまの課題達成に繋がり、利用者さまの生活支援ができたと感じた時に、大きなやりがいを感じています。

介護福祉科

安心して施設で過ごせるようこれからもお手伝いしていきたい

「社会福祉法人北海道友愛福祉会 特別養護老人ホーム 静苑ホーム」に就職

木澤 季久さん

(札幌西陵高等学校出身)

利用者さまやスタッフから「挨拶がいいね」と言っていただけることがあり、在学中、挨拶やマナーをしっかり身につけられる環境だったことに感謝しています。また、介護の仕事はお互いの信頼関係が何より大切。周りの人との信頼関係を築くためには、相手の目を見て反応しながら聞くなど、聞く姿勢の大切さを学べたこともよかったなと思っています。

介護福祉科