卒業生のお仕事紹介

動画で卒業生の声が聞けるよ!仕事のやりがいやアドバイスについて聞いてみました!

あこがれの医療・福祉・保育業界で働く卒業生を紹介

任される仕事を増やすことが目標。職員からも患者様からも、信頼される存在になりたい。

「社会医療法人恵佑会第2病院」に就職

三浦 奈々恵さん

(芦別高等学校出身)

ケガをして病院にかかった際、不安な気持ちだった私に受付の方が優しく接してくれたことがきっかけで、医療の世界をめざしました。現在私は放射線科と内視鏡の受付業務を担当。基本に忠実に丁寧な対応を心がけています。目標は、任される仕事をもっともっと増やすこと。そして、職員の方からも患者様からも頼られる存在になることです。

医療秘書科

「楓先生みたいになりたい」、園児にそう言われ嬉しかった。周りの人に愛される保育士になりたい。

「学校法人バプテスト学園 ひかり幼稚園」に就職

金子 楓さん

(北海高等学校出身)

こどもと関わるのが苦手だった私は、どう接したらいいのか知りたくて保育の道をめざしました。この学校を選んだのは、保育の資格だけでなくいろいろな資格が取れるので、将来の選択肢が広がると思ったから。今、幼稚園の先生として、一人ひとりのこどもたちに合せた対応を実践するために、常にこどもと同じ目線でいることを心がけています。

医療保育科

受付は病院の“顔”。常に患者様に寄り添う対応と、アシストを心がけています。

「医療法人社団弘志会 北1条松華堂歯科」に就職

加藤 佑梨さん

(札幌真栄高等学校出身)

私は治療に必要な器具や材料の準備、治療の際のバキュームといったアシスタント業務の他、受付も担当しています。受付は病院の“顔”なので、常に笑顔で対応することを心がけています。また、治療に不安や恐怖を感じている患者様には、治療内容を説明し安心していただけるようにするなど、常に患者様の気持ちに寄り添う対応を心がけています。

歯科アシスタント科

医療事務は、資格を持っていれば働くスタイルが選べるから長く続けられるのが仕事の魅力。

「社会福祉法人 孝仁会 北海道大野記念病院」に就職

鈴平 真美さん

【旧姓・荒川】
(社会人からの再進学)

看護学校を中退し、就職。就職先で事務の楽しさを実感し、同じ事務なら医療の現場で働きたいと思いました。医療事務の魅力は正社員や派遣、パートなど働くスタイルを選べること。現在私は病棟で医師事務作業補助者として、ドクターの事務作業を担当。ドクターから「ありがとう」と言っていただけると嬉しいし、もっと頑張ろうと思えます。

医療事務科

得意なパソコンを活かせる医療の仕事に就きたくて。診療情報管理士をめざしました。

「医療法人徳洲会 札幌東徳洲会病院」に就職

織田 愛未さん

(大谷室蘭高等学校出身)

私は診療情報管理室に勤務し、外来や入院患者様の診療録の管理や入力、未制作の記録に関する督促業務を担当しています。また、月に1回行なわれる診療情報管理委員会で必要となる統計などに関する資料作成業務も行なっています。任された一つひとつの業務をしっかりこなし、誰からも信頼してもらえるような存在になるのが今の目標です。

診療情報管理士科

利用者様の思いに応えられた時、喜びを共感できたと実感できた時、仕事のやりがいを感じています。

「JCHO 北海道病院附属 介護老人保健施設」に就職

藤松 留那さん

(再進学)

介護老人保健施設で介護福祉士として、入居者様やショートステイの利用者様の日常生活を支援しています。心がけているのは、笑顔でゆっくり接すること。認知症の影響で間違った行動をしても、絶対に相手を否定せず傾聴する姿勢が大事。仕事のやりがいを感じるのは、利用者様の思いにスタッフが力を合わせて応えられた時です。

介護福祉科

専門学校で取得した資格を活かしお客様からも社員からも頼られる店長になるのが今の目標です。

「株式会社サッポロドラッグストアー」に就職

安住 京華さん

(岩見沢西高等学校出身)

現在私はドラッグストアに勤務。化粧品売り場を担当しています。売り場でお客様が商品を選んでいる姿を見ると、嬉しくなります。お勧めした商品を購入いただき、その後「良かったよ」と言っていただけることに、仕事のやりがいを感じています。現状に満足せず、これからも知識を増やし、商品の魅力を伝えていきたいと思います。

くすりアドバイザー科

実習を経験し、就職を希望。医療サービスをしっかり身につけいつか海外の病院でも働いてみたい。

「医療法人渓仁会 手稲渓仁会病院」に就職

谷内 咲友加さん

(札幌稲雲高等学校出身)

歯科口腔外科の受付が私の仕事。「ここに通ってから症状がよくなった」「いつもありがとう」など患者様の言葉に仕事のやりがいを感じています。将来は、海外の病院で働いてみたい。海外には、日本ほど医療のサービスが充実していないところもあるので、私が身につけた医療サービスを海外の医療現場でも発揮してみたいと思っています。 

医療秘書科