卒業生のお仕事紹介

動画で卒業生の声が聞けるよ!仕事のやりがいやアドバイスについて聞いてみました!

あこがれの医療・薬業・保育・歯科・福祉業界で働く卒業生を紹介

学校の先生方の支えがあったからこそ、希望通りの病院に就職できました。

「医療法人 明珠会 札幌白石産科婦人科病院」に就職

佐々木 利紗さん

(札幌西陵高等学校出身)

勤務している病院は、学生時代の実習先。小児科か産婦人科で働きたかったので、この病院に決めました。現在は医療事務として、主に受付での患者様対応と会計の仕事をしています。専門学校に入って良かったと思うのは、心に残る先生方と出会えたこと。学校生活や就職活動など、あらゆる場面で支えていただきました。

医療秘書科

病院の医療秘書として、医師の診察をサポートしています。

「医療法人社団 明日佳 札幌宮の沢脳神経外科病院」に就職

村上 穂乃佳さん

(札幌厚別高等学校出身)

医師が診察業務に集中できるように、診察補助やカルテの入力業務などを行っています。時には後輩の指導をしたり、先生が出席する会議や講演会に同行したりすることも。医療は常に進化しているため、日々学ぶことが多いです。今後もスキルアップを重ね、先生方や患者様をもっと支えられる存在になりたいと思っています。

医療秘書科

ドクターから頼りにされる診療情報管理士になるのが目標!

「社会医療法人禎心会札幌禎心会病院」に就職

千田 史織さん

(札幌北陵高等学校出身)

専門学校の授業を通して「診療情報管理士は、これからの病院にとってなくてはならない存在」だと知り、強い気持ちを持って資格取得にのぞむことができました。勤務先では電子カルテの管理のほか、ドクターが学会で使う統計データをまとめることもあります。私を信頼し、仕事を任せてもらえることがうれしいです。

診療情報管理士科

薬や化粧品に興味がある人なら、登録販売者の仕事は楽しいと思う!

「株式会社ツルハ ツルハドラッグ栗山店」に就職

朝倉 美波さん

(岩見沢東高等学校出身)

登録販売者の資格があると、薬の成分や働きがわかるので、お客様のお悩みやご要望に沿った商品をご案内できます。勤務先のドラッグストアでは接客に加えて、本部とのやりとりや人材管理も担当。学生時代のインターンシップ経験と、資格取得のためにクラスメイトと共に努力したことが、現場での自信につながっています。

くすりアドバイザー科

子どもたちの成長を一緒に喜べることが何よりのやりがいです。

「札幌こども保育園」に就職

成田 志穂さん

(清尚学院高等学校出身)

医療保育科に進学した理由は、保育士を目指せるだけでなく、子どもの病気や障がい児との関わり方も学べるからです。現在は保育園に勤務し、2歳児クラスを受けもっています。「今日は一人で靴下が履けた」など、ちょっとしたことでも子どもにとっては大きな喜び。その成長を共有できることが、仕事の励みになっています。

医療保育科

専門学校で学んだビジネスマナーが患者様の対応に役立っています。

「社会医療法人 耳鼻咽喉科麻生病院」に就職

小山 樹音さん

(札幌英藍高等学校出身)

札幌医療秘書福祉専門学校を選んだのは、1年制課程があったから。短期間で資格をたくさん取って、早く就職したいと思いました。現在は医事課の窓口で受付や会計、レセプト業務などを担当。学生時代に学んだ専門知識はもちろん、ビジネスマナーの授業で身につけた礼儀や言葉づかいが、患者様の対応に活かされています。

医療事務科

もっと経験を重ねて、今よりも信頼される歯科助手に!

「しのぐちこども歯科・きょうせい歯科」に就職

甲斐 鈴香さん

(札幌英藍高等学校出身)

歯科医院で、歯科助手や受付業務を担当しています。仕事にやりがいを感じるのは、患者様から「ありがとう」と言っていただいた時。先生や患者様からもっと信頼を得られるように、経験を積んでいきたいです。学生の頃は勉強が難しく感じるかもしれませんが、その知識は就職したら必ず役に立つので、頑張ってください!

歯科アシスタント科

介護の仕事の魅力を伝えられるような専門学校の先生になるのが夢!

「社会福祉法人 渓仁会月寒あさがおの郷」に就職

佐藤 香南さん

(岩見沢農業高等学校出身)

介護福祉士として、入居者様の食事や排せつ、レクリエーションなどをサポート。入居者様に良い変化が現れたり、頼りにされていることを実感できると、この仕事を選んで良かったと思います。実務経験を積んだら、専門学校の先生になるのが夢。私がお世話になった先生方のように、介護の魅力を学生に伝えたいです。

介護福祉科