くすりアドバイザー科(2年制男女)

「登録販売者」の
資格を取得し、
くすりに関わるプロとして活躍。
新薬の開発に携わることも。

「登録販売者」は、一般用医薬品の95%の販売を行うことができる重要な資格です。また「治験コーディネーター」としての就職も目指せる新カリキュラムで学ぶことができます。

どんな仕事をするの?

ドラッグストア・薬店における一般用医薬品販売と管理

「登録販売者」は一般用医薬品のうち、薬剤師のみが扱える少数の医薬品を除いた医薬品の販売者と管理者になることができます。「医薬品のリスク分類」「情報提供と適切な相談対応」の観点から管理・販売を行うもので、医薬品に関する情報提供や服薬指導も重要な仕事となります。

どうやったらなれるの?

登録販売者の養成学科を持つ専門学校で学ぶ

2009年から、新しく生まれた「登録販売者」制度は、専門学校などで医薬品についての専門知識や関連法規について学び、各都道府県が実施する認定試験での合格が条件となります。

こんな仕事につける

将来目指せる職業

  • 登録販売者
  • 調剤薬局事務員
  • ドラッグストア店員
  • 漢方薬局店員
  • 美容部員

こんな資格がめざせる

取得できる資格

  • 登録販売者
  • 調剤報酬請求事務技能検定試験
  • パソコン技能能力検定準1~3級
  • 秘書技能検定2~3級
  • サービス接遇検定2~3級
  • POP広告クリエイター技能審査
  • ビューティケアアドバイザー
  • ペン字検定2~3級
  • 専門士

3つのポイント

Point1 勉強しながら学費をほぼ補える。

この学科の魅力は、学校で学びながらインターンシップ実習で働きながら経験を積めることです。そのインターンシップ実習のポイントは、店舗等で実際にスタッフとして働きながら報酬を得られることです。学費はその報酬でほぼ補うことができます。

Point2 「登録販売者」の資格を取得できる。

登録販売者 資格取得率
100%
全国平均 44.2%

薬剤師でなくても一般用医薬品の販売ができる「登録販売者」の資格取得を目指します。本校でインターンシップ実習を経験すれば、登録販売者試験合格後約1年間で登録販売者(管理者)と名乗ることができます。(通常は合格後2年間の業務経験が必要であるが、インターンシップが業務経験に含まれるため。)

Point3 治験業務の知識を身につけて新薬開発に関わることも可能。

治験とは、開発中の医薬品や医療機器を実際に使用してもらい、安全性を確認する試験のことです。「治験コーディネーター(CRC)」は、病院内の関係者(医師、薬剤師、検査技師)や製薬会社の担当者そして患者様との調整役を担う仕事です。本校には、医療・薬品業界での就職をさらに強くする「治験コーディネーター」としての基礎が学べるカリキュラムが組み込まれており、将来「治験コーディネーター」として新薬開発に関わる仕事をめざすことが可能です。

治験コーディネーター(CRC)に求められる役割とは?

治験を行うにあたって一番大切なことは、治験実施計画書通りに治験を進めることです。そのために創意工夫をして治験をサポートすることが「治験コーディネーター」に求められます。

被験者には

被験者の方にキチンと来院していただき規則通りに検査・服用してもらう意識づくり。

医療施設には

医療関係者に治験への理解を深めてもらい検査をスムーズにこなせる環境づくり。

豊富なカリキュラム

1年次カリキュラムの例

薬理学

薬物が人に対して与える影響を医学的観点から学びます。

調剤薬局事務

調剤薬局で保険の確認や調剤報酬請求明細書の作成など、薬剤師の仕事を補佐する仕事に有効な知識を学びます。

基礎医薬品

薬品の種類・薬品に含まれる成分について学びます。

1年次後期の時間割例

業界からの声

ドラッグストアには欠かせない資格。
自身の価値を高めるためにも取得をお勧めします。

ドラッグストア(薬局・薬店)では医薬品が販売されています。薬事法の改正により、医薬品を販売できる新しい公的資格として、「登録販売者」があります。登録販売者は、リスクの高いごく一部の医薬品(第1類医薬品)を除いた多くの医薬品(第2・3類医薬品)を販売することができます。これにより、ドラッグストアでは、薬剤師を薬局(調剤部門)へ、登録販売者を薬店(医薬品販売部門)へ配置することで、より充実したサービスを提供でき、積極的な店舗展開が可能になっています。ドラッグストア業界以外の他業種(スーパーやコンビニエンスストア等)や、最近ではネット販売でも、医薬品販売を積極的に始めたことから、登録販売者の資格は一段と注目を浴びています。登録販売者の資格取得により、待遇面でも優遇されるなどのメリットや、職場でのスキルアップ、将来の独立開業など、新しい資格であるからこそ将来性が見込まれています。自分の価値を高めるためにも、是非取得して欲しい資格だと思います。

株式会社マツモトキヨシホールディングス
執行役員 人事部長
小部 真吾氏