中村 小夢希さん(介護福祉科)

在校生のSchool Life

『幸せな時間』を過ごせるような介護を実践していきたい。

中村 小夢希さん

介護福祉科(札幌大通高等学校出身)

介護福祉士をめざそうと思ったのは、病気がちだった祖母に適切なサポートができなかったので、同じような状況のお年寄りの手助けがしたいと思ったから。この学校を学びの場として選んだのは、国家資格の合格率の高さと、専門コースに分かれて学べるところに惹かれたからです。夢は、利用者さまの身体機能を活かせるようなサポートができる介護福祉士になること。私が関わる利用者さまが幸せな時間を過ごせるよう、お手伝いしていきたいと思っています。

いろいろ悩んでいた時、「自分の居心地のいい空間を作ることが大事だよ」とアドバイスしてくれた担任の白川先生。先生の言葉に救われました。

私たちが取得をめざしている国家資格。今年の先輩たちの合格率はなんと100%!私たちも全員合格できるようがんばります!

介護をする際に自分の体を守る大切なボディメカニクス。今日はボディメカニクスを使って麻痺のある方の介助の練習。

Schedule

8:05
早めに登校し、授業の準備をしています。
9:00
自分を見つめ直したり、多様性が感じられる「未来デザインプログラム」の授業。
10:00
難しい用語が多い「こころとからだのしくみ」。でも勉強になります。
12:00
お昼休みは友だちと一緒にお菓子を食べたりゲームをしたり!
13:00
授業はいつも真剣!介護士に必要なことがたくさん学べる「介護過程」。
15:00
「生活支援技術」は、クラスメイトと一緒に体を動かしながら学習。
17:00
今日は友だちと一緒に実習室でベッドメイキングの自主練習!