学校法人三幸学園 > 医療事務・医療秘書・福祉の専門学校トップ > 名古屋の医療事務・医療秘書・福祉の専門学校

長谷部 彩さん(医療事務科1年)

在校生のスクールライフ

知識やスキルだけでなく大人のマナーが自然に正しく身につく環境です。

長谷部 彩さん

医療事務科1年(愛知県立三好高等学校出身)

Q&A

Q“話したくなる”先生のエピソードは?
A毎週月曜のHRで、「最近のうれしかったこと♪」を話してくれる先生。こちらもつい笑顔に。
Q休日の過ごし方は?
A地元の友だちと晩ご飯を食べながら、お互いの学校のことなんかをおしゃべりしています。
Q将来の夢は?
Aどんな患者さんにも笑顔で応えられる、頼りがいのある医療事務員を目指しています!

電卓は必須アイテム

レセプトの点数や診療費の計算で使用する「MY 電卓」は、大切なアイテム

合唱コンクールの練習

1年を通じてイベントもたくさん。今は合唱コンクールのための練習に励んでいます

ノートはわかりやすく

ノートはマーカーを使って整理。こうすれば後から見返すときにすぐ思い出せる♪

友達とおしゃべり

恋バナや放課後の計画などなど。休み時間のおしゃべりが私の元気の素です!

先生にありがとう  私の成長ストーリー

「早く社会に出て、人の役に立つ人になりたい」と思っていた私。そこで1年間で必要なスキルがしっかり身につくこの学校を選びました。オープンキャンパスで先生方の説明が優しくていねいだったことも決め手になりましたね。この学校は、医療事務として一番必要とされる「あいさつ」や「礼儀」が自然と身につく環境。その大切さを今、身を持って実感しているところです。

このページの上部へ