学校法人三幸学園 > 医療事務・医療秘書・福祉の専門学校トップ > 名古屋の医療事務・医療秘書・福祉の専門学校

取得資格紹介

難関資格も高い合格実績!

難関資格 医療事務検定1級

本校取得率

88.5%

231

2015年3月卒業生 本校実績

難関資格 診療情報管理士

合格者数No.1

本校取得率

81.6%

合格者数 169名

全国

49.8%

三幸学園は、全国の専門学校の中で合格者数No.1!
また、本校の合格者数は23名で、東海地区の専門学校でNo.1!

全国:受験者3,669名中 1,827名合格(卒業生受験含む) 
本学園:受験者207名中 169名合格(卒業生受験含む)

※札幌・仙台・千葉・東京・横浜・名古屋・大阪・福岡8校実績

本校で取得が可能な資格

資格取得に力を入れている本校では、専門的な資格はもちろんのこと、社会人としての資質を高める資格など、さまざまな資格取得が可能です。

下記のマークをクリックすると、資格取得が可能な学科・コース紹介のページを見ることができます。

医療事務検定1~2級

(全国医療事務教育協議会認定)

  • 医療秘書科
  • 診療情報管理士科
  • 医療事務科
  • 医療保育科

カルテを正確に読み取る能力やレセプト作成に関する能力の高さを証明する資格です。取得していると、就職後の待遇面で有利になります。

医療秘書技能検定準1~3級

(医療秘書教育全国協議会認定)

  • 医療秘書科
  • 診療情報管理士科
  • 医療事務科
  • 医療保育科

医療秘書としてのレベルの高さを証明する資格。大学病院などへの就職を希望するならぜひ取得しておきたい資格の一つです。

医事コンピュータ技能検定2~3級

(医療秘書教育全国協議会認定)

  • 医療秘書科
  • 診療情報管理士科
  • 医療事務科
  • 医療保育科

医療事務コンピュータ操作の的確さが審査されます。有資格者は、スペシャリストとして病医院で活躍できるため、人気の高い資格です。

診療報酬請求事務能力認定試験

(厚生労働省認可財団法人日本医療保険事務協会認定)

  • 医療秘書科
  • 診療情報管理士科
  • 医療事務科
  • 医療保育科

レセプト作成に関する幅広い知識が問われます。この資格を取得していると、病医院だけでなく、審査・支払を行う機関からも高い信頼を得られます。

診療情報管理士

(日本病院会認定)

  • 診療情報管理士科

診療情報の専門知識や統計ノウハウが問われる資格。本校の診療情報管理士科は、診療情報管理士養成校となっているため、在学中に受験が可能です。

ビジネス能力検定ジョブパス2~3級

(文部科学省後援)

  • 医療秘書科
  • くすりアドバイザー科
  • 診療情報管理士科
  • 医療保育科
  • 歯科アシスタント科

社会人として求められる知識やビジネス社会のルールについて問われます。取得していると、ビジネスに関する能力の高さをアピールできます。

ビジネス文書検定2~3級

(文部科学省後援)

  • 医療秘書科
  • くすりアドバイザー科
  • 診療情報管理士科
  • 医療事務科
  • 歯科アシスタント科

礼状から電子メールなどのビジネス文書作成時に必要となる知識・技能を認定する試験です。正確で分かりやすく、礼儀正しい文書の作成をするためのスキル及び文書の取り扱いについての知識を認定されるので、就職に有利です。

ペン字検定2~3級

(文部科学省後援)

  • 医療秘書科
  • くすりアドバイザー科
  • 診療情報管理士科
  • 医療事務科
  • 医療保育科
  • 歯科アシスタント科

事務能力の向上をはかるために必要な資格として、書写に関する知識と技能が試されます。公的な文書などを書く際に、大いに役立つ資格です。

パソコン検定準1~3級

(日本コンピュータ能力教育協議会)

  • 医療秘書科
  • くすりアドバイザー科
  • 診療情報管理士科
  • 医療事務科
  • 医療保育科
  • 歯科アシスタント科

パソコンの操作技術や入力スピードをはじめ、文書作成ソフトの「Word」と表計算ソフトの「Excel」の操作を学びます。情報化・コンピュータ化が進む社会に出る前にぜひ取得しておきたい資格です。

歯科助手検定1級

(日本歯科助手協会認定)

  • 歯科アシスタント科

ドクターの治療をサポートするスペシャリストには欠かせない資格。取得していると、就職の際、歯科医療に関する知識の深さが評価されます。

歯科医療事務検定1級

(全国医療事務教育協議会認定)

  • 医療秘書科
  • 医療事務科
  • 歯科アシスタント科

歯科カルテを正確に読み取る能力、レセプト(診療報酬明細書)を作成する能力が試されます。歯科助手検定と合わせて取得していると、活躍の場が広がります。

秘書技能検定2~3級

(文部科学省後援)

  • 医療秘書科
  • くすりアドバイザー科
  • 診療情報管理士科
  • 医療事務科
  • 歯科アシスタント科

秘書の仕事に必要とされる専門的な知識と共に、社会人として求められる一般常識や接遇・マナーが試されます。どんな企業でも通用する資格なので、就職・転職に有利です。

電卓計算能力検定2~3級

(全国経理教育協会認定)

  • 医療秘書科
  • 診療情報管理士科
  • 医療事務科
  • 歯科アシスタント科

規定の時間内での計算能力が問われる資格。病医院では会計部門はもちろんのこと経理部門などで、大いに力を発揮できます。

介護報酬請求事務技能検定試験

(日本医療事務協会認定)

  • 医療秘書科
  • 診療情報管理士科
  • 医療事務科

介護保険に関する知識や介護サービスの種類などの知識が問われます。高齢化が進んでいく中で需要がますます高まっていく資格です。

調剤報酬請求事務技能検定試験

(日本医療事務協会認定)

  • 医療秘書科
  • くすりアドバイザー科
  • 診療情報管理士科
  • 医療事務科

調剤料に関わる診療報酬の計算や薬剤の知識が問われる資格です。調剤薬局や病院などへの就職が有利になります。

サービス接遇検定2~3級

(文部科学省後援)

  • 医療秘書科
  • くすりアドバイザー科
  • 診療情報管理士科
  • 医療事務科
  • 歯科アシスタント科

あらゆるサービス業務時における心構えや言葉遣い、接客応対などの実務能力や専門知識の高さを証明する資格です。

介護福祉士(国家資格)

(厚生労働大臣認定)

  • 介護福祉科

介護のプロとしての確かな実力を証明する資格。介護を必要とする人の日常のケアができるだけでなく、介護計画の立案や指導も行えます。

障がい者スポーツ初級指導員

(財団法人日本障害者スポーツ協会認定)

  • 介護福祉科

障がい者の方に日常的にスポーツができるよう援助する介護法を学ぶと取得できます。

登録販売者

(都道府県知事認可)

  • くすりアドバイザー科

2009年からスタートした、新しい資格。薬剤師とならび医薬品の専門家としてドラッグストアなどの薬店、または薬局などで医薬品を販売することができます。

ビューティケアアドバイザー

(日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)認定)

  • くすりアドバイザー科

メイクアップの実践技術、知識から化粧品についての基礎知識まで幅広く学び、美容と健康の両面から、お客様へアドバイスやカウンセリングを行うことができます。

POP広告クリエイター技能審査

((社)公開経営指導協会認定)

  • 医療秘書科
  • くすりアドバイザー科

文字やイラストを使ったプライスカード、ポスター、ショーカードやチラシなどをレイアウト、販売促進の知識をもって作成することができる技術者の証明です。

短期大学士(教育・保育学)

(文部科学省認定)

  • 医療保育科

短期大学の課程を修了し、卒業したことを証明する称号。本校の医療保育科を卒業すれば、取得できます。

保育士資格(国家資格)

(厚生労働省認定)

  • 医療保育科

子どもと接する仕事に就くためには、絶対に必要な資格です。取得すれば、全国の保育園や児童福祉施設などで先生として活躍できます。

幼稚園教諭二種免許(国家資格)

(文部科学省認定)

  • 医療保育科

幼稚園の専門的教養が問われます。幼稚園教諭をめざす人には不可欠な資格。本校の医療保育科で規定の単位を取得すれば、卒業と同時に取得できます。

社会福祉主事任用資格

(厚生労働省認定)

  • 医療保育科

福祉関連の質問、面接、家庭訪問などに対応、措置できる能力を証明する資格。取得を採用条件としている福祉施設が増えています。

チャイルドボディセラピスト

(社団法人国際ホリスティックセラピー協会認定)

  • 医療保育科

体に対する豊富な知識を基に、整体理論と技術を取り入れたベビーマッサージを行うことができます。赤ちゃんとのふれあいが心や体の発育に良い刺激となります。

幼児安全法支援員

(日本赤十字社)

  • 医療保育科

乳・幼児期に起こりやすい事故や病気の予防・処置に関する知識や技術を問われる資格です。今、社会的に評価が高まっている資格のひとつです。

専門士

(文部科学省認定)

  • 医療秘書科
  • くすりアドバイザー科
  • 診療情報管理士科
  • 医療保育科
  • 介護福祉科

高い専門性を身につけていることを証明するこの資格は、国が定める一定の基準を満たす専門学校卒業者のみに与えられる資格。短大卒業者が得られる『短期大学士』と同じ位置づけの資格です。

このページの上部へ