学校法人三幸学園 > 医療事務・医療秘書・福祉の専門学校トップ > 名古屋の医療事務・医療秘書・福祉の専門学校

卒業生のお仕事紹介

あこがれの医療・福祉・保育業界で働く卒業生を紹介

小池 詩織さん(長野県立伊那北高等学校出身)

医療法人成信会 さくら病院 勤務

日々、知識と経験を積み、今の病院の全てを知り尽くすのが目標。

病院受付は患者様が最初に訪れる場所。不安が和らぐよう、笑顔で対応するよう心がけています。医療事務は保険診療だけでなく介護、労災、自賠責など多くの知識が必要な仕事。誰からも頼られるエキスパートを目指して努力する毎日です。

医療秘書科

太田 美寿々さん(愛知県立小牧高等学校出身)

医療法人医仁会 さくら総合病院 勤務

もっともっと仕事を覚えて病院の「顔」になれるよう成長し続けていきたい。

医事課で様々な業務に携わる中でも特に緊張するのが救急受付。救急の連絡を受けたら患者様の情報をスタッフに伝え、カルテを確認します。責任重大な仕事ですが、回復された患者様の姿を見ると、この仕事を選んで良かったと実感しますね。

医療秘書科

奥田 智成さん(岐阜県私立中京高等学校出身)

特定医療法人 衆済会 増子記念病院 勤務

より良い医療の提供と、働きやすい環境作りを、裏方として支えています。

医療会計や国に提出する統計など、病院の収益に関わる仕事をしています。医療機関は本来、利益を追うべきではないですが、収益が上がると職員のモチベーションも上がるもの。詳細なデータ解析で今後も収益アップに貢献していきたいです。

診療情報管理士科

倉園 結衣さん(既卒)

愛知学泉大学附属幼稚園 勤務

子どもたちの笑顔をずっと近くで見たいから、一生、保育者でいるのが夢。

保育者の一番のやりがいは、子どもの日々の成長をそばで見守れること。将来は、保護者には「安心して預けられる先生」、子どもたちには「会いたいと思ってもらえる先生」になりたいですね。

医療保育科

米山 里穂さん(愛知県私立岡崎城西高等学校出身)

すまいる歯科 勤務

患者様がリラックスして治療を受けられるよう、笑顔でサポートしています。

歯科助手として受付や会計、治療補助を担当しています。患者様と会話して緊張を取り除いて差し上げるのも大事な役割。もっと患者様を笑顔にできるよう、難しいオペのアシストにも挑戦してスキルを高めていきたいです。

歯科アシスタント科

安江 未来さん(愛知県立杏和高等学校出身)

グランダ吹上 勤務

「ありがとう」。「ようやってくれるね」。利用者様の言葉に感謝。

ホームは私にとっては仕事の場ですが、入居者様にとっては生活の場。時間に追われる中でも常に笑顔!ちゃんと目を見て声掛けをして、温かく、その人らしさを尊重した応対を大切にしています。

介護福祉科

本田 ゆかりさん(愛知県立長久手高等学校出身)

サンドラッグ 勤務

「あなたに相談してよかった」お客様からいただくこの言葉はなによりの喜び。

“健康と美”のプロをめざし、この学校に入学。現在、管理運営職に就き、商品発注や品出し、接客などの仕事を任されています。お客様から信頼される存在になるのが、今の私の目標です。

くすりアドバイザー科

上橋 彩花さん(愛知県立猿投農林高等学校出身)

医療法人三九会 三九朗病院 勤務

医療事務の仕事は奥が深い。知れば知るほど、さらに究めたくなるんです。

仕事で常に心がけているのは、明るく元気な挨拶。患者様から「他の病院も行くけど、ここの対応が一番いいね」と言われた時は本当にうれしかったです。積極的に知識を増やす努力を続けています。

医療秘書科

中島 真子さん(愛知県名古屋市立北高等学校出身)

医療法人医仁会 さくら総合病院 勤務

社会人として必要なマナーや言葉遣いを磨けたことに感謝。

病院で受付に立つ今、在学中に学んだビジネスマナーの知識が大変役に立っています。患者様から「あなたの笑顔を見ると元気になるよ」と言っていただけると本当に嬉しいですね。

診療情報管理士科

このページの上部へ