卒業生のお仕事紹介|資格・就職 | 名古屋(愛知)の医療事務・介護福祉士専門学校

学校法人三幸学園 > 医療事務・医療秘書・福祉の専門学校トップ > 名古屋の医療事務・医療秘書・福祉の専門学校

卒業生のお仕事紹介

あこがれの医療・福祉・保育業界で働く卒業生を紹介

小池 詩織さん(長野県立伊那北高等学校出身)

「医療法人 成信会 さくら病院」に就職

日々、知識と経験を積み、今の病院の全てを知り尽くすのが目標。

病院受付は患者様が最初に訪れる場所。不安が和らぐよう、笑顔で対応するよう心がけています。医療事務は保険診療だけでなく介護、労災、自賠責など多くの知識が必要な仕事。誰からも頼られるエキスパートを目指して努力する毎日です。

医療秘書科

島田 佳奈さん(愛知県立熱田高等学校出身)

「社会医療法人 宏潤会 大同病院」に就職

診療情報管理士としてもっともっとスキルアップしていきたい。

難関である『診療情報管理士』資格を取得し、今病歴管理室で、DPC病名の確認、サマリーの承認、カルテ開示などの仕事に携わっています。難しい病名も多く日々、勉強です。診療情報管理士としてスキルアップしていくことが今の目標です。

診療情報管理士科

太田 美寿々さん(愛知県立小牧高等学校出身)

「医療法人 医仁会 さくら総合病院」に就職

もっともっと仕事を覚えて病院の「顔」になれるよう成長し続けていきたい。

医事課で様々な業務に携わる中でも特に緊張するのが救急受付。救急の連絡を受けたら患者様の情報をスタッフに伝え、カルテを確認します。責任重大な仕事ですが、回復された患者様の姿を見ると、この仕事を選んで良かったと実感しますね。

医療秘書科

武内 ゆりあさん(愛知県立猿投農林高等学校出身)

「株式会社ベネッセスタイルケア」に就職

有料老人ホームで介護福祉士をしています。

お客様が1日を過ごす上で必要なサポートを行なったり、ご自身でできない部分の介助(食事や入浴など)をしています。仕事のやりがいを感じるのは、お客様に「ありがとう」と言われた時ですね。

介護福祉科

松元 愛那さん(愛知県立春日井東高等学校出身)

「久国幼稚園」に就職

「先生が担任でよかった」と言われうれしかった。

私は幼稚園の年中の担任をしています。毎日こどもたちの笑顔に囲まれ、成長する姿を見れることが楽しみです。保護者の方から「先生が担任で本当によかったです」と言っていただけたことは嬉しかったです。

医療保育科

丹羽 優花里さん(愛知県立安城農林高等学校出身)

「社会医療法人財団 新和会 八千代病院」に就職

医療事務は、患者様と病院をつなぐ大切な存在。

私は医事課に所属し、総合受付、電話応対、小児科受付などの業務を担当しています。医療事務は、患者様と医師、看護師を繋ぐ仕事だと私は思っています。それは心であったり、時間であったり、仕事であったり。そんな患者様と医療を繋ぐ役割を担えたらいいなと思っています。

医療秘書科

米山 里穂さん(愛知県私立岡崎城西高等学校出身)

「すまいる歯科」に就務

患者様がリラックスして治療を受けられるよう、笑顔でサポートしています。

歯科助手として受付や会計、治療補助を担当しています。患者様と会話して緊張を取り除いて差し上げるのも大事な役割。もっと患者様を笑顔にできるよう、難しいオペのアシストにも挑戦してスキルを高めていきたいです。

歯科アシスタント科

中島 真子さん(愛知県名古屋市立北高等学校出身)

「医療法人 医仁会 さくら総合病院」に就職

社会人として必要なマナーや言葉遣いを磨けたことに感謝。

病院で受付に立つ今、在学中に学んだビジネスマナーの知識が大変役に立っています。患者様から「あなたの笑顔を見ると元気になるよ」と言っていただけると本当に嬉しいですね。

診療情報管理士科

浅野 琴巳さん(静岡県立浜松湖南高等学校出身)

「ココカラファイン 富士見台店」に就職

登録販売者としてきちんと接客できて、相手に喜んでいただけると嬉しいです。

職場では、登録販売者の資格を持っているのは、私を含めて3名なので、薬のことなどお客様からの質問に対応する機会も多いです。学生時代のバイトとは違って、責任の重さを実感しています。

くすりアドバイザー科

このページの上部へ