学校法人三幸学園 > 医療事務・医療秘書・福祉の専門学校トップ > 名古屋の医療事務・医療秘書・福祉の専門学校

伊藤 沙帆さん(歯科アシスタント科1年)

在校生のスクールライフ

みんなが思わず笑顔になるやさしい歯科助手を目指しコツコツと努力中です

伊藤 沙帆さん

歯科アシスタント科1年(愛知県私立安城学園高等学校出身)

Q&A

Q授業で「なるほど!」と思ったことは?
A歯科の診察料も点数で算出されていること。内科や外科などと一緒なんだと初めて知りました。
Qこの学校に入ってよかった!と思うことは?
A歯科助手として採用されるための「武器」になる資格が、たくさん取得できることです。
Q休日の過ごし方は?
Aアルバイトに行ったり、友だちとお出かけしたり。あとは駅前でショッピングをしたりします。

大好きなクラスメイト

悩んでいるときはさり気なく声をかけてくれる、やさしくて頼りになる大切な仲間に囲まれています

模型を使って学びます

大きな歯の模型を使って、歯科の知識も学びます。一度教わったら忘れないように復習!

私の癒やし

疲れて帰ってきたときも、この顔を見れば笑顔に。ペットと過ごすひとときに癒やされています★

大切な人からもらった時計

学校生活では教室の移動や着替えの時間を考えながら動くので、時計は必須アイテムです。

先生にありがとう  私の成長ストーリー

この学校に決めたのは、オープンキャンパスで見た先輩や先生たちが、とってもイキイキしていて楽しそうだったことが理由でした。実際に入学して、そのときの印象は決して間違っていなかったと日々実感中です。今は電卓検定に向けて、電卓が早く正確に打てるようコツコツと練習中。夢は患者さんから信頼され、みんなを笑顔にできるような歯科助手になることです。

このページの上部へ