学校法人三幸学園 > 医療事務・医療秘書・福祉の専門学校トップ > 名古屋の医療事務・医療秘書・福祉の専門学校

伊佐地 那菜さん(医療秘書科1年)

在校生のスクールライフ

自分のスマイルで患者さんをホッとさせる和み系の医療事務員に

伊佐地 那菜さん

医療秘書科1年(愛知県名古屋市立名古屋商業高等学校出身)

Q&A

Q本校に入学して「なるほど」と思ったことは?
A保険証の種類が想像以上にたくさんあること。それぞれレセプトの計算方法が異なること。
Q話したい”先生とのエピソードは?
A合唱コンクールの練習のとき、とっても楽しく踊ってくれました。おかげで練習も大盛り上がり♪
Qクラスの雰囲気は?
Aわたしのクラスは40人で、みんな仲良し。欠席する子もほとんどいないんですよ。

放課後はアルバイト

学校が終わった後は、漫画喫茶でアルバイト。よい先輩に囲まれ、楽しく励んでいます

同じ夢を目指す仲間たち

目指す夢が一緒だから、助け合い励まし合える。いい仲間に恵まれています。

息抜きは「マンガ」で

実は少年漫画が大好き。勉強の合間は、「ONE PIECE」を読んで息抜き!

ランチは賑やかに

忙しい日々だけど、ランチタイムだけは「とことんリラックスする」と決めています。

先生にありがとう  私の成長ストーリー

2年間という期間で、社会に出るための知識をしっかり学びたいと思いこの学校を選びました。ひと口に「医療秘書」と言っても、現場寄りの知識や、レセプトの計算方法など、幅広いジャンルの学びが必要。でも、この学校で着実にそうしたスキルや知識が身についていることを実感しています。夢は、自分の笑顔で患者さんに安心感を与える医療事務員になることです!

このページの上部へ