学校法人三幸学園 > 医療事務・医療秘書・福祉の専門学校トップ > 名古屋の医療事務・医療秘書・福祉の専門学校

学校長より

名古屋医療秘書福祉専門学校とは

昭和62年、名古屋市に誕生。医療秘書、介護福祉士、保育士、幼稚園教諭、診療情報管理士、登録販売者などの育成を行っています。資格取得の実績の高さと就職率の高さが自慢です。本校の1人当り取得資格数は10種類。更に合格率も全国平均を上回っています。就職決定率も98%以上という高い数字を15年以上残しています。
この実績を支えているのは、入学から就職まで一貫して1人の教員が指導する本校独自の教育システムです。

この他にも、経験豊富なベテラン講師陣と若くて熱い担任スタッフによる、1人、1人を大切にする親身な指導も魅力の1つです。さらに、資格取得や就職に向けての学習以外にも、学生生活を満喫できる行事がいっぱいの楽しく学べて、しっかり就職できる学校です。

教育理念『技能と心の調和』

三幸学園は、昭和60年の開校以来30年にわたり
『技能と心の調和』を教育理念に掲げ、教育を展開してまいりました。

ここでは、社会への有益な職業人を数多く輩出することを目標に、"有益な職業人とは、専門的知識・専門的技術を十分持ちながら、常に変遷する社会に対し柔軟に対応するため日々研究・研鑽を続け、職業人としての使命感をしっかり確立した人物"と定義し、心豊かな人間性を育む教育に注力しております。

本校においても『技能と心の調和』を教育の理念とし、単に知識や技術を研究するに留まらず、人間性を高める教育を併せて展開することにより、真に社会に役立つ人材を輩出することができると考えております。

技能と心の調和を教育理念に強くたくましい人材の育成をめざします。

名古屋医療秘書福祉専門学校
校長 細井 政雄

名古屋医療秘書福祉専門学校では医療・福祉・保育分野のスペシャリストを育成しております。

当校では大きく分けて2つの特色があります。
1つ目は技術・知識・資格取得に向け、最善のカリキュラムを経験豊富な講師陣が指導しているということ。
2つ目は社会で即戦力になるための人間性を高める心の教育に重点をおいていること。

専門学校卒業後はそれぞれの専門分野での社会人生活が待っています。そこにたどり着くまでには、確かな知識が必要です。また、それを実証する資格を取得することが就職には大変有利となっております。そのために本校では資格取得のための検定ウイーク(特別授業)や補講を充実させ高い合格率を残こす環境を整えております。

現場でもう一つ欠かせないことが人間性です。そのため一人ひとりの特徴を把握できる担任制をしいております。また、基本的生活習慣を身につけるための挨拶・時間厳守・報連相(報告・連絡・相談)に学校全体で取り組み、魅力的で即戦力になる人材を育成しております。

このページの上部へ