桃澤 青楽さん(医療保育科)

在校生のSchool Life

周りの人に必要とされる保育士が夢。

桃澤 青楽さん

医療保育科(埼玉県立大宮武蔵野高等学校出身)

医療と保育を学んで、入院中の児童や障がい児に元気を与えられる存在になりたいと、医療保育科へ。以前は消極的な性格でしたが、頑張りを認めてくれるこの学校に入ってからは、委員活動も行い、自分に自信が持てるようになりました。

こちらから相談しなくても、私たちの様子を察して声を掛けてくれる担任の野口先生。生徒思いの先生のクラスで良かった!

折り紙や粘土など、子どもでもできる簡単な工作を学ぶ「造形表現」。個性的なクラスメイトの作品を見るのも楽しみです。

入学生サポートとしてクラスを担当してくれた望月先輩とは、在校生スタッフで一緒に活動しています。誰に対しても明るく接する姿は私の憧れ!

「おはよう」と教室に入ると必ず元気に返してくれるクラスの友だち。それだけで1日のやる気が出るし、がんばろうって思えます。

Schedule

9:00
1限目は「運動支援」。クラスメイトを相手に跳び箱の補助。
10:00
「造形表現」では、色紙を切り貼りする簡単な工作に挑戦。
12:00
コンビニでご飯を買ってランチ♪ときには外食することも。
13:00
以前は苦手だった「パソコン」も、少人数制の授業で徐々に克服。
15:00
「入院中の子どものケア」で病棟保育士の役割を理解!
16:00
授業が早く終わった日は、バイトの時間まで友だちとショッピングへ。