卒業生のお仕事紹介

あこがれの医療・薬業・保育・歯科・福祉業界で働く卒業生を紹介

カルテを読み取る力が必要なので医学の知識を勉強して良かった!

「公益財団法人がん研究会 がん研有明病院」に就職

甲賀 麻友美さん

(埼玉県立松山女子高等学校出身)

診療情報管理士としてがん登録などの仕事に携わっています。ドクターから研究用として必要なカルテのオーダーがあった場合の貸し出しや、紹介状などの文書管理が主な業務です。1年目に「がん登録実務 初級者認定試験」に合格し、2年目は後輩の指導も任されました。今は「がん登録実務者中級認定試験」の合格を目指しています。

診療情報管理士科

気持ちよく通院できる雰囲気づくりも私たちの大切な仕事の一つです

「鎌ヶ谷バースクリニック」に就職

小手 紗耶加さん

(茨城県立取手松陽高等学校出身)

祖母の入院をきっかけに医療の仕事に興味を持ち、現在は産婦人科の窓口で受付や会計業務を行っています。実習のときに産科の仕事を体験させていただき、生命が誕生する場で働けることに魅力を感じて就職先を決めました。日々の仕事では、患者さまが気持ちよく出産・通院できるような雰囲気づくりを心がけています。

医療秘書科

患者さまと医師の懸け橋となり、よりよい医療を提供したい

「戸田中央産院」に就職

北田 千晶さん

(東京都私立帝京高等学校出身)

病棟クラークとして入院患者さまの点数計算や診断書の作成・確認を担当する今、常に胸に刻んでいるのは「どんなことにも一生懸命であれ」という恩師の言葉。医療秘書の仕事は、医師を支える縁の下の力持ち。責任の大きい仕事で、毎日の勉強の積み重ねが大切です。今後も自分のスキルを上げるため、上位資格にも積極的に挑戦していく決意です。

医療秘書科

深い知識が求められる現場で先輩方のような“プロ”になりたい

「日本医科大学多摩永山病院」に就職

青木 文香さん

(再進学者)

一度大学に進学しましたが、学ぶ内容に疑問を感じて専門学校へ。1年制では難しいといわれた大きな病院への就職も、熱意が通じて見事合格しました。現在は入院患者さまの退院時の請求書作成やレセプトのチェックなどを行っています。まだ経験が浅いので、専門的な知識を深め先輩や上司に認めてもらえるようになりたいです!

医療事務科

医療事務の仕事を通して、やりがいや人とのつながりを実感

「株式会社HuCAM 慶應義塾大学病院」に就職

髙橋 瑠名さん

(茨城県立麻生高等学校出身)

検査室の受付で、患者さまのご案内や検査技師のサポートを行っています。医療事務は大変なこともありますが、人とのつながりや多くのやりがいを感じられる職業。決して一人ではできない仕事なので、協調性も必要です。競争率の高い就職先でしたが、学校の先生が私を信じて応援してくれたことが、心の支えになりました。

医療事務科

「先生だいすき!」の言葉に喜びと元気が湧いてきます!

「社会福祉法人豊友会 さいたま保育園」に就職

安本 つづみさん

(東京都立板橋高等学校出身)

幼少の頃からの夢を叶え、病院内での保育士になりました。子どもに「だいすき!」と言われると、一人ひとりを大切に保育していることが伝わっているのかなと、嬉しく思います。子どもはいつか芽が出て花咲く存在であり、保育士はその過程を援助する大事な役割を担っています。これからも子どもたち一人ひとりに合わせて丁寧に保育を行い、成長を見守りたいです。

医療保育科

私に会いに来てくれるお客様を持つことが目標

「株式会社スギ薬局」に就職

加藤 芽依さん

(東京都私立堀越高等学校出身)

現在の仕事は、医薬品登録販売者の資格を活かせ、さらに大好きな化粧品に関わるドラッグストアのビューティアドバイザーです。先日はお客様の肌悩みについて一緒に考えるうちに距離が縮まり、納得して笑顔で商品をお買い上げいただき、とてもやりがいを感じました。どうしたらお客様が喜ぶか、在学中に考える力を養ったことが今役立っています。

くすりアドバイザー科

自分の働き方次第で、介護のイメージは「最高」になる!

「社会医療法人社団昭愛会 水野介護老人保健施設」に就職

小櫻 有汰さん

(再進学者)

祖父母への恩返しがしたくて四年制大学から再進学し、介護福祉士になりました。現在の介護業界では新卒での入職が少なく、新卒の私が持つ新しい情報や知識・技術によって、先輩や上司から信頼を得られるようになりました。私の知識を先輩方に分かりやすく教えられるのは、在学中に丁寧に指導してくれた先生のおかげだと実感しています。

介護福祉科