卒業生のお仕事紹介

動画で卒業生の声が聞けるよ!仕事のやりがいやアドバイスについて聞いてみました!

あこがれの医療・薬業・保育・歯科・福祉業界で働く卒業生を紹介

気持ちよく通院できる雰囲気づくりも私たちの大切な仕事の一つです。

「鎌ヶ谷バースクリニック」に就職

小手 紗耶加さん

(茨城県立取手松陽高等学校出身)

祖母の入院をきっかけに医療の仕事に興味を持ち、現在は産婦人科の窓口で受付や会計業務を行っています。実習のときに産科の仕事を体験させていただき、生命が誕生する場で働けることに魅力を感じて就職先を決めました。日々の仕事では、患者様が気持ちよく出産・通院できるような雰囲気づくりを心がけています。

医療秘書科

深い知識が求められる現場で先輩方のような“ プロ”になりたい。

「日本医科大学多摩永山病院」に就職

青木 文香さん

(大学からの再進学)

一度大学に進学しましたが、学ぶ内容に疑問を感じて専門学校へ。1年制では難しいといわれた大きな病院への就職も、熱意が通じて見事合格しました。現在は入院患者様の退院時の請求書作成やレセプトのチェックなどを行っています。まだ経験が浅いので、専門的な知識を深め先輩や上司に認めてもらえるようになりたいです!

医療事務科

現場の先生を指導する主任保育士。こどもと先生が成長する姿に大きなやりがいを感じる。

「社会福祉法人 清香会 西原りとるぱんぷきんず」に就職

尾池 舞子さん

(東京都私立東京立正高等学校出身)

主任保育士として、現場に立つ職員への指導、研修や行事の運営などの業務を任されています。以前はこどもが「できるようになった瞬間」を見るたびに感動し、やりがいを感じていましたが、今は、こどもと関わる先生たちが、「保育が楽しい」とイキイキしている姿を見ると、私も楽しいし、やっぱり現場はいいなあと羨ましく感じています。

医療保育科

もっと上を目指して、まずは経験!治験のプロになるのが目標です。

「株式会社EP総合」に就職

飯塚 ゆめのさん

(大学からの再進学)

CRC(治験のプロ)を学ぶ授業で治験に興味を持ち、現在は治験コーディネーターとして、診察室に入ったり検査の様子を見守ったりと、主に患者様のケアをしています。仕事の喜びを感じるのは、患者様の治療についてベストな道を見つけられたときや、症状が良くなった姿を見たとき。将来はCRCの認定資格取得を目指しています。

くすりアドバイザー科

少しずつステップアップして現在は訪問看護の事務を担当。

「三愛会総合病院」に就職

坂本 菜々緒さん

(千葉県立我孫子高等学校出身)

 1年目は受付として患者様の応対や会計を担当。2年目はレセプト業務を任され、現在は訪問看護ステーションでレセプト請求などの医療事務をしています。患者様と接する仕事ではありませんが、患者様や事業所に必要不可欠な業務。学校でしっかり練習していたので、同期の中で一番の電卓の早さと正確さがちょっと自慢です!

医療秘書科

カルテを読み取る力が必要なので医学の知識を勉強して良かった!

「公益財団法人 がん研究会有明病院」に就職

甲賀 麻友美さん

(埼玉県立松山女子高等学校出身)

診療情報管理士としてがん登録などの仕事に携わっています。ドクターから研究用として必要なカルテのオーダーがあった場合の貸し出しや、紹介状などの文書管理が主な業務です。1年目に「がん登録実務者初級」を取得し、2年目は後輩の指導も任されました。今は「がん登録実務者中級認定試験」の合格を目指しています。

診療情報管理士科

患者様やドクター。誰かの役に立てるやりがいの大きな仕事です。

「みわ歯科クリニック」に就職

稲川 麻衣さん

(東京都私立安部学院高等学校出身)

実習先に就職した私。現在、歯科アシスタントとして、ドクターの治療がスムーズに進むよう器具を手渡したり、バキュームを行なったり、器具の消毒や印象材を練ったりしています。患者様に笑顔で「ありがとう」と言われた時や、ドクターの治療がスムーズに終わった時、誰かの役に立てたと実感でき仕事のやりがいを感じます。

歯科アシスタント科

利用者さんの笑顔が見られると人の役に立てていると実感します。

「医療法人財団健和会老人保健施設 千寿の郷」に就職

渡辺 みくりさん

(東京都立足立新田高等学校出身)

少子高齢化の問題もあり、人の役に立ちたいと考えて介護福祉士の仕事を選びました。今はその念願をかなえて老人保健施設で働いています。身体的にきつい仕事もありますが、利用者さんの笑顔を見ると「がんばろう!」と思えるし、とてもやりがいを感じます。もっと勉強をしてケアマネージャーになるのが今の目標です。

介護福祉科