スイーツパティシエ科(1年目)

1年次で「食」に関するすべての基礎を身につける。トータルに学ぶから将来の選択肢が広がる。

どうすれば美味しいスイーツやパンが作れるか、お客様に安全な「食」を提供するには何に気をつければよいかなど、食のスペシャリストとして必要な知識や技術を、1年次はじっくり、丁寧に学習します。

3つのポイント

  • POINT 1
    スイーツ・パン・調理・ドリンクの基礎を総合的に学び、しっかり身につける。
    1年次にスイーツ・パン・調理・ドリンクの基礎をトータルに学び、2年次に、自分に合った専攻が選べる!
  • POINT 2
    1年次に基礎を学んでから2年次に自分に合ったコースを選べる。
    圧倒的な実習量で、2年間で最大約400種類のレシピを習得します!
  • POINT 3
    豊富な実習授業で2年間で最大400レシピを修得。
    スイーツ&カフェ専門学校ならではのおしゃれな校舎・最新の設備が揃った実習室で学べる!

実習カリキュラム

充実したカリキュラムを通してスイーツ・パン・カフェの基礎を1年間で身につける。

スイーツ・パン
スイーツ・パン

240時間

調理・ドリンク
調理・ドリンク

240時間

1年次 スイーツ&カフェ専門学校の主な授業

  • 栄養学
    栄養学

    食品の中に含まれている成分である栄養素が人間にどのような影響を与えているのかを理解し、実際にスイーツやフードをつくる際に活用します。

  • 食の原料・材料学
    食の原料・材料学

    世界のフード、スイーツの歴史・文化や食材の特性・扱い方などを学び、実習やプランニングを通して実践します。また、現代の日本の食の在り方を再認識し、「地産地消」などの考え方を理解し活用します。

  • 食の安全
    食の安全

    「食の安全」が取り沙汰される中、最も重要な消費者に安全な食生活を提供するのに欠かせない、パティシエなどになるための食品衛生学、公衆衛生学、衛生法規について学びます。

  • 製菓・製パン理論
    製菓・製パン理論

    ケーキや焼き菓子作りに必要な小麦粉やバター、生クリーム、砂糖やチョコレートなどの原材料の特徴・役割を知り、菓子ができるまでの過程を科学的に理解します。 また、パンの原料となる小麦粉やイースト(酵母)、塩の種類や醗酵・熟成の仕組みなど、パン作りに必要な材料についても科学的に学びます。 さらに、菓子・パンの歴史から器具・機械の種類、得します。

  • カフェ理論
    カフェ理論

    エスプレッソコーヒー、日本茶、紅茶、果実などの産地、原料から基本的な淹れ方の他、スイーツや焼き菓子、パン、フードなどのメニューに合うドリンクのアレンジ法を学びます。 また、ワインやカクテル、チーズなどの原産地や食材との相性などの知識も学び、ホテルやレストランメニューにも対応出来るようにします。

  • パティシエ基礎外国語
    栄養学

    食材に含まれる栄養素が体にどのような影響を与えるのか、どのような調理法であれば栄養素を活かせるのかを学びます。

1年次 スイーツ&カフェ専門学校の時間割例

スイーツパティシエ科(1年目)の時間割例

こんな仕事につける

将来目指せる職業
  • パティシエ
  • ショコラティエ(チョコレート職人)
  • ウェディングパティシエ
  • スイーツプランナー
  • ヴァンドゥーズ(販売員)
  • コンフィズール(糖菓職人)
  • ブーランジェ(パン職人)
  • ベーカリーショップオーナー
  • 料理人(キュイジニエ)
  • バリスタ
  • カフェオーナー
  • カフェパティシエ・カフェスタッフ
  • バーテンダー

こんな資格がめざせる

取得できる資格
  • 食品衛生責任者(社団法人東京都食品衛生協会)
  • 菓子製造技能士・パン製造技能士2級受験資格(国家資格)
  • 製菓衛生師(名称独占国家資格)※要実務経験
  • 色彩検定1〜3級(公益社団法人 色彩検定協会)(文部科学省後援)
  • フードコーディネーター検定3級(日本フードコーディネーター協会)
  • サービス接遇検定1~3級(財団法人実務技能検定協会)
  • ラッピング検定(日本ラッピング協会)