医療秘書科(2年制女子)

あこがれの病院で、
あこがれの
医療秘書になる

『病院実習』や資格取得を通して、医療秘書のプロになれると実感できる2年間。医療従事者として、秘書として求められるさまざまな知識・技術をより専門的に学びます。

こんな仕事につける

将来目指せる職業

  • 医療秘書
  • 小児クラーク
  • 病棟クラーク
  • 医療事務
  • 薬局・薬店スタッフ
  • ドクターズクラーク

まずはオープンキャンパスへ行こう!

こんな資格がめざせる

取得できる資格

  • 医療事務検定1〜2級
  • 医療秘書技能検定準1〜3級
  • 診療報酬請求事務能力認定試験(医科)
  • ペン字検定2〜3級
  • サービス接遇実務検定準1〜3級
  • 調剤薬局事務検定
  • 介護報酬請求事務技能検定
  • 歯科医療事務検定1級
  • 秘書技能検定2〜3級
  • ビジネス文書技能検定2〜3級
  • パソコン技能検定準1〜3級
  • 医事コンピュータ技能検定2〜3級
  • 普通救命講習修了
  • チャイルドボディセラピスト3級
  • 医師事務32時間基礎講習修了証
  • 日本化粧品検定3級
  • 専門士

3つのポイント

Point1 自分にあった分野を6つのコースから選んで学べる!

1年次は医療秘書や医療事務の基礎を学び、マナーや言葉遣いなど社会人に必要な基礎をしっかり身につけます。それらを踏まえて2年次に好きな分野から専門コースを選べるので、将来の夢に向かって安心して学ぶことができます。

選べるコースについて詳しくはこちら

Point2 大学病院・総合病院への就職に強い。

合計約4週間、医療現場での仕事体験ができる病院実習を行っています。こうした実習の受け入れ先が各エリアに豊富にあり、そこで認められ就職へと繋がることが多いのも事実です。高い就職決定率が、その頼もしさを物語っています。

Point3 資格は最大16種類を取得。

大きな目標となる各分野の専門資格はもちろんのこと、さまざまな知識や技術を磨ける任意の検定も含め、最大16種類の資格取得が可能です。数はもちろんのこと、どの資格も現場で必要とされているものばかりで、合格をサポートする制度「検定ウィーク」も毎回実施しています。資格を取得するごとにどんどん自信がつきます。

豊富なカリキュラムと選べるコース

目指したい仕事や資格に応じて選択できるコース

医療秘書科 カリキュラム一覧

〈1年次〉
  • ビジネスマナーI・Ⅱ
  • ペン字I・Ⅱ
  • パソコン演習I・Ⅱ
  • プレゼンテーション実践I・Ⅱ
  • 未来デザインプログラムI・Ⅱ
  • 就職対策I
  • 基礎看護学I・Ⅱ
  • 疾患学I
  • 医療秘書概論I・Ⅱ
  • 医事CP・電子カルテ基礎
  • 医事業務実践ベーシックAI・Ⅱ
  • 医事業務実践ベーシックBI・Ⅱ
  • 医事業務実践ベーシックC
  • 医科医療事務AI・Ⅱ
  • 医科医療事務BI・Ⅱ
  • 医療機関実習I
  • アビリティUPI・Ⅱ
〈2年次〉
  • 就職対策Ⅱ
  • 疾患学Ⅱ・Ⅲ
  • 看護学I・Ⅱ
  • リスクマネジメントI・Ⅱ
  • 医科医療事務Ⅲ・Ⅳ
  • レセプトチェック実践I・Ⅱ
  • 医事CP・電子カルテ応用I・Ⅱ
  • 病院管理と社会保険I・Ⅱ
  • 介護事務I・Ⅱ
  • 手話
  • 歯科医療事務
  • 医事業務実践アドバンスAI・Ⅱ
  • 医事業務実践アドバンスBI・Ⅱ
  • 医事業務実践アドバンスCI・Ⅱ
  • 医療機関実習Ⅱ
  • 接遇外国語A(英語)
  • 接遇外国語B(中国語)
  • 筆記試験対策
  • 心理学
  • 医療秘書診療科別研修
  • ホスピタルコンシェルジュI・Ⅱ
  • 医療事務ゼミナールI・Ⅱ
  • 医事CP応用I・Ⅱ
  • 看護補助実習I・Ⅱ
  • メディカルクラーク実務I・Ⅱ
  • 地域医療概論I・Ⅱ
  • 看護クラーク概論I・Ⅱ
  • 小児発達I・Ⅱ
  • 小児の食と栄養I・Ⅱ
  • 小児の基本I・Ⅱ
  • 子どもの心理学I・Ⅱ
  • マナーホスピタリティI・Ⅱ
  • ビジネス文書実務I・Ⅱ
  • 病棟コミュニケーション実務I・Ⅱ
  • ドクタークラークマネジメントI・Ⅱ
  • ドクターサポートI・Ⅱ
  • 美容医療概論I・Ⅱ
  • 美容カウンセリングI・Ⅱ
  • トータルビューティーI・Ⅱ

※カリキュラムは変更する場合がございます。

東京医療秘書福祉専門学校のカリキュラムの例

看護基礎学(解剖・生理)

人の身体の部位や名称を勉強します。医師や看護師とともに、医療従事者として働くために必要な知識や用語を学ぶことが、この授業の目的です。

医事CP・電子カルテⅠ

医療事務コンピュータを自在に操作できるよう、実際のコンピュータを使って学ぶ授業。医療IT化に対応できるよう電子カルテの操作方法も勉強します。

医科医療事務Ⅰ

病院の「会計業務」と「保険請求書類の作成」について学ぶ授業。また、医療事務は厚生労働省が定めた全国共通のものなので、検定を取得すると全国の医療機関で活躍できます。

東京医療秘書福祉専門学校の1年次の時間割例

オープンキャンパスのご案内

もっと学校について知りたい方にはオープンキャンパスがお勧めです。東京医療秘書福祉専門学校では毎月オープンキャンパスを実施しています。実際の授業の様子を見学したり、学科・コースの違いや目指せる職業・資格習得の説明をきいたりしていただけます。まずはオープンキャンパスページで詳細をご確認ください。