小児クラークコース

小児病棟や産婦人科で子どもたちのケアがしたいなら。

医療機関の小児病棟や産婦人科など、子どもや乳幼児が多い病棟が活躍の場となる小児クラーク。本コースでは、入院患者さまに合わせた接し方や、看護師の補助について学ぶのはもちろん、小児の病気や心のケアなど、子どもに関わる知識もより深く学んでいきます。

こんな仕事につける

将来目指せる職業

  • 小児クラーク
  • 病棟クラーク
  • 小児クリニック受付会計
  • 産婦人科受付会計

おすすめポイント

Point 小児病棟や産婦人科でこどもたちのケアを行う!

病院内の小児病棟や産婦人科など、こどもや乳幼児の多い病棟で入院患者様と接しながら、看護師の補助をするのが小児クラークです。こどもの心を理解し、コミュニケーション方法を学ぶ「こどもの心理学」といった授業を受けることができます。

豊富なカリキュラム

東京医療秘書福祉専門学校の2年次カリキュラムの例

小児の基本
(子どもの発達について学ぶ)

子どもの発達の過程について詳しく学習するのがこの授業の目的です。年齢ごとに変化する身体的・精神的発達に関する知識を深めます。

小児発達
(子どもの発達段階を知る)

子どもの発育・成長の理解を深め、小児科や入院している子どもへの関わりを学びます。

子どもの心理学
(子ども心理に寄り添う)

児童心理学の基礎を学び、医療現場で子どもや保護者への接し方を学ぶ授業です。