教育・保育実習

業界の現場を知る

  • 医療保育科
  • 実施時期:2年次と3年次
  • 実施期間 教育実習・保育実習:約2週間ずつ

スケジュール・内容

保育現場に触れながら、保育者として必要な力を確実に身につけていきます。

2年次に2回、3年次に3回の計5回の教育・保育実習を実施。さらに、2年次の実習での反省や失敗といった課題に、3年次でもう一度トライできるのも3年制ならではの強みです。

教育実習

2年次...幼稚園実習(2週間)
3年次...幼稚園実習(2週間)

保育実習

2年次...保育所実習(2週間)
3年次...児童福祉施設実習(2週間)
3年次...保育所実習(2週間)

主な実習の流れ

8:00~保育園へ

実習先の保育園は地元の母園。なつかしい先生もいるのでうれしいです。

9:00~登園する子どもたちのお迎え

登園してくる子どもたちを笑顔で迎え、一人ひとりとスキンシップをはかります。ここでは、保護者から昨日から今朝にかけての子どもたちの様子・体調などを聞くことも大切です。

10:00~外遊びの時間

園庭に出て、子どもたちと遊ぶ時間。この時、周囲に危険がないか注意深く観察しながら、子どもたちが楽しく、かつ安全に遊べるよう補佐したり一緒に遊びます。

11:30~ランチルームでお昼ご飯

お部屋の入り口に子どもたちを並ばせ、ランチルームへ移動。子どもたちと一緒にお弁当を食べる。食事の進みが遅い子どもには、何気なく自ら食べるよう促す。

13:00~お昼寝の時間

パジャマの着替えを手伝い、「おやすみなさい」の挨拶をして、子どもたちを布団へ誘います。眠れない子どもには、頭をなでてあげたり身体をやさしくさすってあげます。

16:00~帰りの会

「さよなら」の歌を歌い、お迎えが来た子から降園です。保護者には、今日一日の子どもの様子を報告。「さようなら、また明日ね」と子どもたちには声をかけます。

19:00実習終了

※実習時間は一例です。各保育園・幼稚園により実習時間は異なります。