小児看護コース

医療ケアと心理的サポートのできる、マルチな保育者をめざすなら。

子どもの疾患や障がいの専門知識を備えた医学と心理のプロとして、保育や福祉の現場で求められる存在。
子育て心理カウンセラーの資格取得により、子どもたちと保護者の心のよりどころとして大切な役割を担っています。

おすすめポイント

Point 医療ケアと心理的サポートのできる、マルチな保育者を目指す!

こどもの病気や障がいの専門知識を備えた保育者としてメンタルケアのできる保育者を目指します。病気やケガで不安なこどもの心理的ケアや負担の無い遊び方などを学ぶ「入院中の子どものケア」といった授業を受けることができます。

豊富なカリキュラム

東京医療秘書福祉専門学校の2年次カリキュラムの例

子どもの事故
(事故予防を学ぶ)

子どもは手に触れるものは何でも口に入れます。異物誤飲による不慮の事故をどうすれば防ぐことができるのかなどを学びます。

病児保育
(医療保育の基礎を学ぶ)

子どもの病気やケガの知識を身につけ、医療的配慮の必要な子どもたちをどのように保育していくかを考え、適切な対応ができることを目指します。

カウンセリング
(サポート力を鍛える)

子どもの気持ちはもちろん、保護者の方の気持ちを理解し、寄り添うことで心理面からサポートする力を身につけます。