その他

日常生活について

Qアルバイトは出来ますか?
A
もちろん授業にさしつかえない範囲でならOKです。
本校の授業内容の1つである校外実習や履歴書作成に有利なアルバイトであれば、就職の際のアピールにもなりますね。
Qアルバイトを紹介してくれますか?
A
医療機関からのアルバイトをご紹介することがあります。その場合は教室に求人を掲示しておりますので、興味のある方は申し出ていただければご紹介いたします。
Q働きながらでも通学は可能ですか?
A
不可能ではありませんが、かなり大変だと思います。現在正社員として働きながら通学している学生は在籍しておりません。
Q学生寮はありますか?
A
はい。あります。
親元を離れて入学する学生の皆さんのために提携寮(学生会館)をご意しております。机やベッド、タンスなど生活に必要な家具設備が揃っております。
寮長寮母も常駐しており、朝夕2食の食事付きです。安全で快適な学生生活をサポート致します。
Q学生寮の門限はありますか?
A
寮によって異なりますが、22時~23時を門限としている寮がほとんどです。
Q寮ではなく一人暮らしを考えてますがワンルームマンションなど紹介していただけますか?
A
紹介できます。資料請求をしていただくと、パンフレット一式内に「ひとり暮らし応援BOOK」というものがありますので、ご覧ください。
Q 専門学校でも、学割は使えるんですか?
A
もちろん、使えます。当校は"許可校"なので、JRやバス、地下鉄などに使える学割が発行されます。

学校生活について

Q学校の雰囲気は?
A
先生と生徒の距離が近く、アットホームな雰囲気です。行事などを通してクラスで団結するので皆仲がよく、一緒に資格の合格や全員就職を目指しています。一度本校に来ていただければ雰囲気を感じられると思います。
Q学校行事は、どんなものがあるんですか?
A
いろいろありますよ。でもメイン・イベントは、やはり「三幸フェスティバル」。
私たち学生がすべて仕切るこのお祭りは、とにかく一度参加してみてほしいです。
全校生徒大盛り上がりのイベントです。
Q時間割は何限から何限までですか?
A
時間割は曜日・時間ともに各クラスによって違います。
Qスタートアッププログラムってなんですか?
A
学校生活をスタートさせるに当たり、2年間(1年間)の目標を立てたり、担任の先生から学校生活の送り方のアドバイスがあります。ゲームやレクリエーションを通して楽しく行うので安心してください。スタートアッププログラムを通して友達もたくさん作ることができますよ。
Q規則はありますか?
A
多少あります。実社会で通用する立派な社会人を育成するのが専門学校の務めなので、礼儀やマナーについては約束事がいくつかあります。
Q学食はあるのですか?
A
学食は残念ながらありません。
学校の周りにはおいしいお弁当屋さんやファーストフード店、ファミレスなどがありますので、お昼はこのようなお店を利用していただくことになります。
もちろんお弁当を持参していただいても結構です。
Q制服はありますか?
A
ありません。ただ、授業の時は実習服を着用していただくことになります。
Q入学式はどんな格好でいけばいいですか?
A
式典になりますので、正装(上下スーツ)でお願いします。
Q土、日はお休みですか?
A
基本的には週休2日です。ただし一部の検定は週末にあります。
Q自分の教室ってあるんですか。
A
あります。実習などで移動教室ももちろんありますが、各クラスに教室が用意されています。

授業について

Qパソコンが出来なくても大丈夫ですか?
A
大丈夫です。基礎から勉強出来ますので、パソコン初心者の方でも心配ありません。

その他

Q医療事務職員の平均給料はいくらくらいなのですか?
A
15万~17万円程度です。あくまでも平均ですので医療機関によって多少異なります。
Q社会人でも入学できますか?
A
もちろんできます。高等過程卒業以上の方であれば、入学可能です。
入学方法は高校既卒・社会人特待生、自己推薦、一般入学から出願できます。
Q大学、短大、社会人から入学する方はいますか?
A
沢山いらっしゃいます。本校には年齢制限はありません。学びたいと思えば誰でも学ぶことができます。
再進学を目指す方向けのページもあるのでご確認ください。
Q留学生の受験の内容は?
A
面接試験と、筆記試験で語学力を判断いたします。
Q高校3年のコース選択では、文系・理系のどちらを選択すれば良いでしょうか?
A
専門学校で学ぶ内容は高校で学んできた事とはまったく異なりますので、文系でも理系でもどちらでも大丈夫です。
Q大学と専門学校の違いってなんですか?
A
一般的に、大学は4年制、専門学校は2年制(各学校・学科によって違います)です。
大学では学問の探求が中心となりますが、専門学校では社会で即戦力として活躍するための専門知識を学びます。
将来自分が就きたい職業が決まっているのであれば、専門学校で知識と技術を学ぶことが社会で活躍するための近道になるといえるでしょう。