卒業生のお仕事紹介

動画で卒業生の声が聞けるよ!仕事のやりがいやアドバイスについて聞いてみました!

あこがれの医療・薬業・保育・歯科・福祉業界で働く卒業生を紹介

お子さんが元気になって、笑顔を見せてくれる瞬間がうれしい!

「社会医療法人 真美会 中野こども病院」に就職

杵川 七海さん

(大阪府立槻の木高等学校出身)

子どもに携わる仕事がしたい、医療機関で働きたいという夢を叶え、小児専門病院で受付や会計、診察室業務などを行っています。以前、体調が悪く来院されたお子さんが数日後に「元気になったよ!」と笑顔を見せてくれたことがあり、この仕事にやりがいを感じました。今後は自ら進んで学びスキルアップしていきたいです。

医療秘書科

努力の楽しさを学んだ3年間ずっとずっと成長し続けたい!

「医療法人徳洲会 和泉市立総合医療センター」に就職

豊田 優美香さん

(大阪府教育センター付属高等学校出身)

今の自分があるのは、いつもどんなことでも相談に乗ってくれた先生方のおかげ。在学中は何事にも挑戦したいという意欲が強く、学校行事や資格試験が重なる度に追い込まれてしまったのですが、常に私の状況を察して声を掛けてくれたおかげで力を出すことができました。卒業した今でも仕事の相談をすることもあり、とても距離が近い存在です。

診療情報管理士科

自分の志と頑張り次第でどんどん成長できる仕事です

「医療法人大阪恵星会鴻池クリニック」に就職

石谷 利恵さん

(再進学者)

医療事務員は看護師や医師よりも近い存在であるため、話しかけられる機会が意外と多いです。その時に「相談して良かった」と言われるとうれしくなります。また、医療事務の仕事は日々進化しており、日々勉強という面も大きなやりがいです。ミスは許されない仕事ですが、来院する子どもたちが元気になる姿に癒しと元気をもらっています。

医療事務科

知識もマナーもどんな学びも現場で活かせることばかり

「大阪市立総合医療センター」に就職

内山 紗良さん

(私立大阪成蹊女子高等学校出身)

医師事務作業補助者として働く今、それぞれが異なる症状、多様な状況の患者様の気持ちに寄り添い、優しさを持った臨機応変な対応を心掛けています。まだまだ新人ですが、難しいと感じていた業務が一人で完璧にこなせた時や、不安そうな患者様にお声がけし、「ありがとう」「安心した」とお礼を言っていただけた時は大きなやりがいを実感します。

医療秘書科

薬を通して人の役に立ち社会に貢献していきたい

「ココカラファイン」に就職務

坂口 朝美さん

(和歌山県立日高高等学校出身)

在学中はオープンキャンパススタッフなどを経験させてもらい、消極的で人見知りの私が自信を持って積極的に行動できるように成長!今も店舗で困っているお客様がいれば自分から声をかけています。接客したお客様が、「あのお薬よく効いたよ、ありがとう」とわざわざ伝えに来てくれるなど、身近な健康のアドバイザーとしてお役に立てることが幸せです。

くすりアドバイザー科

喜びや発見にあふれた毎日。こどもと一緒に自分も成長できる素敵なお仕事です。

「学校法人 東寺学園西京極幼稚園」に就職

筒井 淳子さん

(龍谷大学付属平安高等学校出身)

私がこの学校を選んだのは、医療と保育を一緒に学べる学校だったから。保育の道だけでは将来が不安でしたが、医療事務の資格も取れるので、就職先が広がると思いました。現在私は幼稚園で年少組の副担任として、補助が必要なこどものお手伝いをしています。こどもたちが楽しみながらさまざまなことを学んでいけるよう指導する先生になるのが目標です。

医療保育科

患者様の診察をサポートするクリニカルコーディネーターになりたい。

「医療法人輝笑会 いちき歯科」に就職

池田 結香さん

(大阪府立芥川高等学校出身)

歯科アシスタントとして、先生が治療しやすいように器具を準備したり、先を読んだ行動を心がけています。やりがいを感じるのは、患者様の不安をとり除けた時。ドクターからの「ありがとう」も、仕事を認めてもらえたと実感できて嬉しいです。今後も成長を続け、クリニカルコーディネーターの資格にも挑戦したいです。

歯科アシスタント科

ステップアップのためにケアマネジャー資格に挑戦

「社会福祉法人加島友愛会 障害者支援施設 アンダンテ加島」に就職

林 勇介さん

(島根県立邇摩高等学校出身)

入所する知的障がい者の方々が自立した社会生活を営めるよう、入浴や排泄、食事、創作活動などのサポートを行っています。利用者様が落ち着いて過ごせることを考えた支援を実施し、それが成功した時はとても嬉しい気持ちになります。目標はケアマネジャーの資格取得。もっともっと深い知識を備えて、利用者様の一番の理解者を目指したいです。

介護福祉科