社会福祉士一般養成通信課程とは

社会福祉士一般養成通信課程。1年
6ヶ月。多様化する生き方に寄り添って考えられる人材を育てる。

この学科で取れる資格

国家資格 社会福祉士受験資格

国家資格である「社会福祉士」の受験資格を取得できます。

この学科について

入学時期4月
課程 定員 修業年限
社会福祉士一般養成通信課程 160人 1年6ヶ月

この学科の入学資格要件

一般大学等4年 (4年制専門学校も含む)を卒業または、一般短期大学等3年(3年制専門学校も含む) +相談援助実務経験1年を経験、または一般短期大学等2年(2年制専門学校も含む) +相談援助実務経験2年を経験、または相談援助実務経験4年があると一般養成通信課程に入学できます。

社会福祉士とは

社会福祉士は、「ソーシャルワーカー」と呼ばれる社会福祉専門職の国家資格です。生活上に課題を抱える人から相談を受け、日常生活がスムーズに営めるように援助をしたり、困っていることが解決できるように支えたりすることが主な仕事となります。他分野の専門職などと連携して総合的に支援を進めたり、社会資源などを開発したりすることも社会福祉士の役割です。

わが国では、「社会福祉士及び介護福祉士法」により、社会福祉士とは「専門的知識及び技術をもって、身体上もしくは精神上の障害があること、または環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導、福祉サービスを提供する者または医師その他の保健医療サービスを提供する者その他の関係者との連携及び調整その他の援助を行うことを業とする者」と定義されています。さまざまな福祉的課題が注目される現在、社会福祉士への期待はますます高まってきています。

社会福祉士の働く場所

対象が高齢者やその家族

  • 特別養護老人ホーム
  • 養護老人ホーム
  • 軽費老人ホーム
  • 介護老人保健施設
  • デイサービスセンター
    など

対象が精神・肉体的ハンディキャップのある子供やその家族

  • 児童相談所
  • 児童養護施設
  • 障害児入所支援施設
  • 母子福祉センター
  • 母子生活支援施設
    など

対象が身体などにハンディキャップのある人やその家族

  • 身体障害者更生施設
  • 身体障害者授産施設
  • 身体障害者福祉工場
  • 身体障害者福祉センター
  • 知的障害者授産施設
  • 知的障害者更生施設
    など

在学生の声

介護は"共に生きる"こと。 学ぶことで新たな道が見えました。

母の介護をする中で、身体介護よりも福祉について学びたいと思ったのが受講のきっかけです。福祉を詳しく学び、介護の本質を理解することができ、母との向き合い方もいい方向に変わりました。

先生やともに学ぶ仲間に励まされた。今後は、地域貢献していきたい。

スクーリングは楽しかったですね。 先生の説明は分かりやすいし、一緒に学ぶ仲間のがんばる姿に励まされることも。介護は地域との関わりも大切なので、今後は学んだことを地域で活かしていきたいです。

鬼島 映井さん

社会福祉士一般養成通信課程 カリキュラム/履修スケジュール

共通科目

  • 人体の構造と機能及び疾病
  • 心理学理論と心理的支援
  • 社会理論と社会システム
  • 現代社会と福祉
  • 地域福祉の理論と方法
  • 福祉行財政と福祉計画
  • 社会保障
  • 障害者に対する支援と障害者自立支援制度
  • 低所得者に対する支援と生活保護制度
  • 保健医療サービス
  • 権利擁護と成年後見制度

社会福祉士専門科目

  • 社会調査の基礎
  • 相談援助の基盤と専門職
  • 相談援助の理論と方法
  • 福祉サービスの組織と経営
  • 高齢者に対する支援と介護保険制度
  • 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
  • 就労支援サービス
  • 更生保護制度
  • 相談援助演習
  • 相談援助実習指導
  • 相談援助実習

このページの上部へ