卒業生のお仕事紹介

動画で卒業生の声が聞けるよ!仕事のやりがいやアドバイスについて聞いてみました!

あこがれの医療・薬業・歯科業界で働く卒業生を紹介

学校で学ぶ楽しさを知り、努力できる自分に成長!

「社会医療法人 財団互恵会大船中央病院」に就職

中野 玲奈さん

(神奈川県私立相洋高等学校出身)

患者様やご家族からの「ありがとう」を支えに、新しい知識を覚える毎日です。学校で学んだことは全てが役に立つことばかり。中でもビジネスマナーや電話応対を身に付けられたことは大きなアドバンテージだと感じています。また、医療の基本的な知識を持っているおかげで患者様の質問にスムーズに答えることができ、仕事の幅も広がっています。

医療秘書科

医療に携わる使命感を胸に向上心を持って努力したい

「牧田総合病院」に就職

岡村 はるなさん

(再進学者)

医療事務員として月初のレセプト点検を任されています。200件以上に目を通して算定内容に間違いや記入漏れがないかを確認する作業は責任が大きく、時には専門学校時代のノートを開いて先生の言葉を思い出しながら復習しています。医療の現場は、小さなミスが命に関わる場合があることを胸に刻み、常に緊張感を持って的確な対応を心掛けています。

医療事務科

自分のレベルアップのために『がん登録』の資格取得をめざしています。

「医療法人誠医会 宮川病院」に就職

小林 美由紀さん

(神奈川県立横須賀明光高等学校出身)

現在私は診療情報管理士として、診療録の管理やコーディング業務を担当。病院経営に直結する重要な業務に携われていることに、仕事のやりがいを感じています。さらにレベルアップしたいので、『がん登録』の資格を取得するのが、今の目標。仕事をしながらの資格取得は大変ですが、諦めずに挑戦していきます。

診療情報管理士科

常に励ましてくれた先生と仲間のおかげで夢が実現!

「柿山歯科矯正歯科医院」に就職

渡邊 沙樹さん

(静岡県立下田高等学校南伊豆分校出身)

在学中、資格取得など自分に厳しい生活を送り、目標を達成する中で人として成長することができました。私の背中を押して支えてくださった先生方に感謝しています。歯科助手として心掛けているのは、患者様を一番に考える医師と同じ気持ちで治療をサポートすること。不安な表情だった患者様が、治療後には笑顔になっているとやりがいを感じます。

歯科アシスタント科

向上心を持って自分を高め、医師事務作業補助者資格に挑戦したい。

「東名厚木病院」に就職

平松 真奈美さん

(神奈川県立座間総合高等学校出身)

透析患者様の応対とレセプトを担当する今、患者様の苦痛を少しでも癒せるよう心がけています。現場では専門用語や略語が飛び交うので、在学中にしっかり知識を身につけておいて良かったと感じる毎日。今後は医療の知識をさらに深めて仕事の幅を広げていくために、医師事務作業補助者の資格取得を目指しています。

医療秘書科

三幸学園で培った一番の力は、コミュニケーション能力!

「ウエルシア薬局株式会社 」に就職

霜田 愛実さん

(茨城県立伊奈高等学校出身)

在学中は人前に立つ機会がたくさんあり、人見知りだった私が卒業式で答辞を読むまでに成長。大きな自信になりました。ドラッグストアのお客様は子どもからお年寄りまで多様で、接客にマニュアルは「あるようでないもの」。現場では常に臨機応変な対応を求められます。相手の気持ちに立ち、どう接したら心地良いかを考えて行動しています。

くすりアドバイザー科

患者様の心を支えられるよう笑顔で明るく対応しています

「新横浜整形外科リウマチ科」に就職

島村 美希さん

(神奈川県立上鶴間高等学校出身)

医療事務員として大切にしていることは挨拶。患者様とのコミュニケーションのきっかけとなる挨拶ですが、在学中の習慣がしっかりと身に付いています。先日は、リハビリ患者様から「いつも元気でいいね。こっちまで笑顔になるよ」と言われてとても嬉しく感じました。今後も病院の窓口に立つ責任を胸に、患者様に信頼される人材に成長したいです。

医療秘書科

人の役に立てることがやりがいに。患者様から「ありがとう」とお礼を言われることが喜びに。

「横須賀共済病院」に就職

大高 圭司さん

(神奈川県立三浦臨海高等学校出身)

高校生の時、祖母が入院。それまで自分にはあまり縁のなかった病院で働く人々を見ていいなと思ったのが医療の仕事をめざすきっかけです。専門学校で診療情報管理士の資格を取り、現在外来の会計窓口で会計や入院費の請求業務、差額の支払などの仕事に携わっています。任される仕事が増えて行くことに今、やりがいを感じています。

診療情報管理士科