卒業生のお仕事紹介

動画で卒業生の声が聞けるよ!仕事のやりがいやアドバイスについて聞いてみました!

あこがれの医療・薬業・歯科業界で働く卒業生を紹介

人の役に立てるやりがいのある仕事。患者様に安心感を与えられ、必要とされる存在になりたい。

「慶応義塾大学病院」に就職

平野 愛美さん

(向上高等学校出身)

私がこの学校を選んだのは、取得できる資格の数と就職率が高かったからです。現在私は病棟クラークとして、電話応対や入院時のオリエンテーション、書類の準備・作成などを任されています。仕事のやりがいを感じるのは、先生や看護師さんに「ありがとう」と言ってもらえた時。たくさんの人に必要とされる存在になるのが今の目標です。

医療秘書科

不安や心配な気持ちを抱えている患者様を私の笑顔で元気にしたくて。

「とうめい綾瀬腎クリニック」に就職

遠藤 彩花さん

(神奈川県立伊勢原高等学校出身)

不安な気持ちを抱えている患者様を、私の長所でもある明るさと笑顔で元気にしたいと思い、医療の道を選びました。私は事務部に所属し、一般外来や内科の受付、人工透析のために訪れる患者様の対応を行なっています。常に笑顔で接することを心がけていたら「笑顔が素敵ね」と患者様から褒めていただけ、うれしかったです。

医療秘書科

自分のレベルアップのために『がん登録』の資格取得をめざしています。

「医療法人誠医会 宮川病院」に就職

小林 美由紀さん

(神奈川県立横須賀明光高等学校出身)

現在私は診療情報管理士として、診療録の管理やコーディング業務を担当。病院経営に直結する重要な業務に携われていることに、仕事のやりがいを感じています。さらにレベルアップしたいので、『がん登録』の資格を取得するのが、今の目標。仕事をしながらの資格取得は大変ですが、諦めずに挑戦していきます。

診療情報管理士科

優しく対応してくれた歯科助手さんに憧れて。

「小机歯科」に就職

今村 舞さん

(静岡県立稲取高等学校出身)

幼い頃、歯科医院にいくのが怖く苦手意識があった私。そこの優しい歯科助手さんに憧れこの職業を目指しました。現在は、受付や治療の補助の業務を行います。トレーニングを重ね治療が出来るようになる子の姿を見るのが嬉しいですね。

歯科アシスタント科

向上心を持って自分を高め、医師事務作業補助者資格に挑戦したい。

「東名厚木病院」に就職

平松 真奈美さん

(神奈川県立座間総合高等学校出身)

透析患者様の応対とレセプトを担当する今、患者様の苦痛を少しでも癒せるよう心がけています。現場では専門用語や略語が飛び交うので、在学中にしっかり知識を身につけておいて良かったと感じる毎日。今後は医療の知識をさらに深めて仕事の幅を広げていくために、医師事務作業補助者の資格取得を目指しています。

医療秘書科

私がお勧めした薬で「症状が楽になった」と言われ嬉しかった。

「株式会社柴山堂薬局」に就職

山本 愛さん

(東京都立王子総合高等学校出身)

私が就職先として個人の薬局を希望したのは、お客様一人ひとりとじっくり接したかったからと、学校で学んだことを活かしたいと思ったから。希望通り就職した私は今、登録販売士としてお客様のお薬選びや化粧品選びのお手伝いをしています。これからもずっと、患者様に寄り添える存在であり続けたいと思っています。

くすりアドバイザー科

仕事は受付事務と医師の診察介助。周りの人に認めてもらい、目標にされる存在になりたい。

「ユミカ内科小児科 ファミリークリニック」に就職

尾崎 麻里さん

(高木学園女子高等学校出身)

私の仕事は、受付事務とドクターの診察介助。受付では患者様の会計や電話応対、レセプトチェックのお手伝いなどを、診察補助ではドクターが診察しやすいようにサポートする業務を行なっています。早く一人前になり、仕事で周りの人に認められるようになりたい。将来、後輩たちから“目標とされるような先輩”になれるようがんばります。

医療秘書科

人の役に立てることがやりがいに。患者様から「ありがとう」とお礼を言われることが喜びに。

「横須賀共済病院」に就職

大高 圭司さん

(神奈川県立三浦臨海高等学校出身)

高校生の時、祖母が入院。それまで自分にはあまり縁のなかった病院で働く人々を見ていいなと思ったのが医療の仕事をめざすきっかけです。専門学校で診療情報管理士の資格を取り、現在外来の会計窓口で会計や入院費の請求業務、差額の支払などの仕事に携わっています。任される仕事が増えて行くことに今、やりがいを感じています。

診療情報管理士科