卒業生のお仕事紹介

動画で卒業生の声が聞けるよ!仕事のやりがいやアドバイスについて聞いてみました!

あこがれの医療・薬業業界で働く卒業生を紹介

学校で学ぶ楽しさを知り、努力できる自分に成長!

「社会医療法人財団互恵会 大船中央病院」に就職

中野 玲奈さん

(神奈川県私立相洋高等学校出身)

患者さまやご家族からの「ありがとう」を支えに、新しい知識を覚える毎日です。学校で学んだことは全てが役に立つことばかり。中でもビジネスマナーや電話応対を身に付けられたことは大きなアドバンテージだと感じています。また、医療の基本的な知識を持っているおかげで患者さまの質問にスムーズに答えることができ、仕事の幅も広がっています。

医療秘書科

医療に携わる使命感を胸に向上心を持って努力したい

「社会医療法人財団仁医会 牧田総合病院」に就職

坂田 はるなさん

(再進学者)

医療事務員として月初のレセプト点検を任されています。200件以上に目を通して算定内容に間違いや記入漏れがないかを確認する作業は責任が大きく、時には専門学校時代のノートを開いて先生の言葉を思い出しながら復習しています。医療の現場は、小さなミスが命に関わる場合があることを胸に刻み、常に緊張感を持って的確な対応を心掛けています。

医療事務科

自分のレベルアップのために『がん登録』の資格取得をめざしています

「医療法人誠医会 宮川病院」に就職

小林 美由紀さん

(神奈川県立横須賀明光高等学校出身)

現在私は診療情報管理士として、診療録の管理やコーディング業務を担当。病院経営に直結する重要な業務に携われていることに、仕事のやりがいを感じています。さらにレベルアップしたいので、『がん登録』の資格を取得するのが、今の目標。仕事をしながらの資格取得は大変ですが、諦めずに挑戦していきます。

診療情報管理士科

やりがいが大きく、誇りを持てる仕事です

「医療法人社団もみの木 もみの木医院」に就職

金子 若菜さん

(神奈川県立城山高等学校出身)

内科・小児科・泌尿器科・婦人科のあるクリニックに就職し、受付会計やパソコン入力、レセプト請求などの事務を担当しています。患者さまの年代も幅広いので、学校で教わったビジネスマナーや敬語が大切だと実感。特に電話対応は顔が見えないぶん、相手の気持ちを考えた言葉づかいを心がけています。

医療秘書科

1ヶ月の実習経験があったから、仕事の感覚を早く掴めた

「一般財団法人同友会 藤沢湘南台病院」に就職

角屋 沙帆さん

(神奈川県私立三浦学苑高等学校出身)

在学中に実際の医療機関で実習できたことは、今の仕事のさまざまな場面で役立っています。特に電子カルテを経験できたことで、患者さまのカルテ作成の手順をすぐに覚えることができました。現在は病院の受付、会計、レセプト業務を担当。患者さまに丁寧に接することで感謝されることがあり、そんな時に医療事務の仕事のやりがいを感じています。

医療秘書科

医療人として、社会人として大切なことをたくさん学べた

「医療法人邦友会 小田原循環器病院」に就職

鈴木 優花さん

(神奈川県立足柄高等学校出身)

受付、会計入力、レジ、新患登録、レセプト作成などが主な私の仕事。現場では、レセプトや医療用語などの専門的な知識はもちろんのこと、挨拶や接遇マナーなど、学校で学んだことがすべて活かされています。明るい雰囲気で接することを心がけているので、患者さまに「ありがとう」と言われた時に仕事のやりがいを感じています。

医療秘書科

私に会いに来てくれるお客様を持つことが目標

「株式会社スギ薬局」に就職

加藤 芽依さん

(東京都私立堀越高等学校出身)

現在の仕事は、医薬品登録販売者の資格を活かせ、さらに大好きな化粧品に関わるドラッグストアのビューティアドバイザーです。先日はお客様の肌悩みについて一緒に考えるうちに距離が縮まり、納得して笑顔で商品をお買い上げいただき、とてもやりがいを感じました。どうしたらお客様が喜ぶか、在学中に考える力を養ったことが今役立っています。

くすりアドバイザー科

人の役に立てることがやりがいに。患者さまから「ありがとう」とお礼を言われることが喜びに

「国家公務員共済組合連合会 横須賀共済病院」に就職

大高 圭司さん

(神奈川県立三浦臨海高等学校出身)

高校生の時、祖母が入院。それまで自分にはあまり縁のなかった病院で働く人々を見ていいなと思ったのが医療の仕事をめざすきっかけです。専門学校で診療情報管理士の資格を取り、現在外来の会計窓口で会計や入院費の請求業務、差額の支払などの仕事に携わっています。任される仕事が増えて行くことに今、やりがいを感じています。

診療情報管理士科