岡上 木々路さん(医療保育科)

在校生のSchool Life

保育にも医療知識が必要な時代。両方学んで、自分の強みにしたい!

岡上 木々路さん

医療保育科(大分県立佐伯鶴城高等学校出身)

最近はアレルギーや発達障がいをもった子が増えているので、医療知識のある保育士・幼稚園教諭になりたいと思うようになりました。同じ職業を目指すクラスメイトは家族のような存在で、勉強も学校生活もみんなで協力!また先輩方と力を合わせて取り組んだ「保育発表会」では、子どもたちの反応や先輩のアドバイスから多くのことを教わりました。これからもっと専門知識や人間性を磨いて、子どもからも保護者からも信頼されるような 人になりたいです。

授業に関係ない話でも、親身に聞いてくれる黒木先生。保育園実習の直前に不安になった時も励ましてくれました。

園児たちに、オペレッタ「ねずみの嫁入り」を披露。先輩方と協力しながら準備を重ね、衣装も手作りしました!

子ども向けの教材として使うエプロンシアター。私は「はらぺこあおむし」をモチーフに、制作を進めています。

新入生の入学式に、在校生スタッフとして参加。当日はオンラインを活用し、スクリーンに登場しました!

Schedule

9:00
ピアノの授業では、一人ひとりのレベルに合わせた個人レッスンも♪
11:00
「入院中の子どものケア」。看護師経験のある先生が わかりやすく教えてくれます!
12:00
お昼ごはんは、自分で作ったお弁当。友だちと楽しく食べています。
13:00
「医療事務」の授業。検定に向けてみんなで集中!
16:00
実習現場で役に立つ 絵本や教材を手作り。読み聞かせも学びます。
17:00
仲良し5人で下校! 寄り道してから 帰る日もあります。