卒業生のお仕事紹介

動画で卒業生の声が聞けるよ!仕事のやりがいやアドバイスについて聞いてみました!

あこがれの医療・福祉・保育業界で働く卒業生を紹介

難関資格を取得。診療情報管理士としてDPCチェックなどを担当。

「国家公務員共済組合連合会 浜の町病院」に就職

山﨑 百枝子さん

(長崎県立諫早商業高等学校出身)

私は診療情報管理室に勤務し、退院患者様のDPCのチェック業務などを行なっています。診療情報管理士をめざしたのは、これから伸びる職種だと聞いたから。まだ、仕事を始めたばかりなので、やりがいを感じるまでには至っていませんが、上司や先輩から褒めていただけるとうれしいし、もっと頑張ろうという励みになります。

診療情報管理士科

患者様が最初と最後に接する病院の顔。ずっと続けたいと

「社会医療法人財団池友会 福岡和白病院」に就職

金子 絵里佳さん

(福岡県立玄界高等学校出身)

総合受付で、受付案内、レセプト請求やカルテ管理、会計を担当しています。受付は、患者様が最初と最後に会う“病院の顔”的存在。いつも笑顔で挨拶するのはもちろん、相手に合わせた気づかいや笑顔での対応は常に心がけています。幅広い知識やスキルを磨けるのが総合病院で働く魅力。ずっと続けたいと思える仕事に出会えました。

医療秘書科

「ありがとう」と言われることが仕事のやりがいに。頼られる存在になるのが目標。

「ピー・エフ調剤薬局」に就職

塚本 千尋さん

(長崎県私立九州文化学園高等学校出身)

医療事務の仕事は安定しているしやりがいのあるお仕事です。私は今、調剤薬局で事務をしています。受付や会計、薬品出しや発注、処方箋の入力、薬剤師の補助などが主な仕事。今は自分にできる仕事をもっともっと増やすのが目標です。そして、任された仕事を完璧にこなし、スタッフから頼られるような存在になりたいです。

医療秘書科

日々、新鮮で楽しい仕事。取得した資格や学んだ知識を活かし、将来は病児保育の現場に携わりたい。

「七賢人の里 おへそ保育園」に就職

西村 史織さん

(佐賀県私立佐賀清和高等学校出身)

病児保育に興味を持っていたので、医療のことはもちろん、こどもの看護についても学べるこの学校を選びました。現在私は保育士として0・1・2歳児のお世話をしています。常にこどもたちの側で成長や笑顔を見れることが仕事のやりがい。経験を積んだら、取得した資格を活かし、病児保育の現場でも仕事に携わってみたいです。

医療保育科

私の仕事はドクターをサポートするメディカルクラーク。自分が成長できる仕事です。

「蔵本ウィメンズクリニック」に就職

岩﨑 奈央さん

(佐賀県立伊万里商業高等学校出身)

メディカルクラークとして、診療室での内診介助や事務的な補助などが私の仕事。受診される女性は40代以上の方が多いので、患者様にはできるだけリラックスして診察を受けていただけるような雰囲気づくりも心がけています。もっと医学的な知識を身につけて、ドクターの先を読み、診察がスムーズに進むようサポートするのが今の目標です。

医療事務科

受付と救急対応が私の仕事。もっともっと患者様の役に立てるようになりたい。

「社会医療法人財団 池友会 福岡新水巻病院」に就職

若松 佳世子さん

(福岡県私立高稜高等学校出身)

私の仕事は病院の受付と、救急車で運ばれる患者様の受け入れ準備など。医療人としては、患者様と関わる際、苦しんでいる患者様をどれだけ理解し、サポートしてあげられるかが大事。医療行為はできませんが、患者様が疑問に思うことや不安に思うことに少しでも対処できるよう、もっともっと経験を積んで知識を増やしていきたいです。

診療情報管理士科

ここで出会えた仲間は、一生の宝物。これからも一緒にスキルアップしていきたい。

「医療法人安東歯科医院」に就職

藤澤 遥菜さん

(福岡県私立九州産業大学付属九州高等学校出身)

私はできれば早く就職したかったので、1年で集中して勉強し、資格が取れる環境が自分に合っていると思いました。この学校を選んで良かったと思うのは、一生の宝物となった仲間と出会えたこと。現在私は歯科医院の受付や診察室内でのアシスタント業務を担当。今の目標は、もっともっとスキルアップすることです。

歯科アシスタント科

「この人にお願いしたい」と思っていただけるよう“気づく力”を身につけたい。

「社会福祉法人シティ・ケアサービス 特別養護老人ホーム シティケア博多」に就職

池田 佳世さん

(鹿児島県出水市立出水商業高等学校出身)

私は介護福祉士として、片麻痺の方を担当させていただいております。歯磨きの準備やトイレ補助など、日常生活の中でお手伝いを必要な部分をサポートするのが私の仕事。「この人にお願いしたい」と思っていただけるようになれたらうれしい。そのためにも、常にいろんなところに、“気づく力”を身につけていきたいです。

介護福祉科