卒業生のお仕事紹介

動画で卒業生の声が聞けるよ!仕事のやりがいやアドバイスについて聞いてみました!

あこがれの医療・保育・歯科・福祉業界で働く卒業生を紹介

誰かの役に立てる喜びを日々、実感しています

「社会医療法人 天神会新古賀病院」に就職

日隈 由唯さん

(久留米市立南筑高等学校出身)

医療事務として受付や保険証登録を担当しています。医療従事者は、少しのミスでも命にかかわる場合がある責任のある仕事です。でも、患者様の感謝の言葉や、日に日に増える知識が大きな自信につながります。先日、困っている患者様に声をかけたら、「親切にありがとう」と言っていただけて、「この仕事を選んで良かった」と心から思いました。

医療秘書科

ドクターと患者様の架け橋となり不安を取り除くお手伝いをしたい

「藤産婦人科医院」に就職

古屋 弥春さん

(福岡県立福岡魁誠高等学校出身)

専門学校の一番の思い出は、オープンキャンパススタッフ。初めて会った人との接し方や人前での話す力が身につき、この経験から患者様と笑顔で接することができていると思います。医療事務の仕事は、覚える範囲が広いですが、その分やりがいも大きいです。自分の努力次第でどんどん知識を増やしてスキルアップできる点もこの仕事ならではです。

医療秘書科

実習でこの仕事の重要性を知り現場でそれを実感しています。

「地方独立行政法人 佐賀県医療センター 好生館」に就職

川田 奈津美さん

(佐賀県立多久高等学校出身)

実習で診療情報管理士は医療の未来に役立つ仕事だと教わり、本気でめざそうと思いました。現在は念願が叶って大きな病院に就職できました。診療情報管理士としてカルテの管理などをしています。学校では資格取得のために医学の知識をかなり勉強しました。そのおかげで、現場で使われる略語も理解でき、スムーズに対応できています。

診療情報管理士科

スキルや知識だけでなく心を育てもらえたことに感謝

「学校法人 野間学園野間幼稚園」に就職

前田 笑里さん

(九州文化学園高等学校出身)

保育園の園長をしていた祖母に憧れ、保育者を志しました。この学校を選んだ理由は、医療と保育の両方の勉強ができるから。手遊びやパネルシアターなど、在学中から多くのスキルを身に付け、子どもの体と心の発達や病気に関する知識も身に付きました。「先生、できたよ!」のキラキラ輝く笑顔を原動力に、子どもたちと全力で遊ぶ毎日です。

医療保育科

患者様にとって何でも相談できる医療事務でありたいです。

「医療法人 潤博会 よしかわクリニック」に就職

武島 杏夏さん

(再進学者)

同じ目標を持つ仲間と出会い1年間の充実した学校生活を経て、今はクリニックの受付事務をしています。業務内容は患者様の応対やカルテの管理、会計やレセプトの仕事など。患者様には常に丁寧な応対を心がけているので、「あなたがいるからこの病院に来ているのよ」と言っていただいたときは、とても嬉しかったです。

医療事務科

患者様のお役に立てることに喜びを感じています。

「医療法人 幸善会 前田病院」に就職

内海 裕羽さん

(佐賀県立伊万里商業高等学校出身)

この学校を選んだのは、1年制課程でたくさんの資格が取れるからです。就職活動中は、先生の親身なサポートのおかげで不安が自信に変わり、無事に面接試験をクリアできました。現在は、病院で受付業務を担当。患者様のお役に立てたと実感できると、医療事務の仕事をやっていて良かったなと思います。

医療事務科

利用者様から元気や力、癒しをもらえる魅力的な仕事です。

「医療法人 井上会 介護老人保健施設サンライフ陽光苑」に就職

松岡 美桜さん

(福岡県立香椎高等学校出身)

念願の介護福祉士になり、高齢者施設で入居者様の介助業務を行っています。現場で求められる技術は一人ひとり、また日によっても異なるので、難しくもありますがそれ以上にやりがいを感じます。介護は頑張れば頑張るほど利用者様から元気や力、癒しをもらえる仕事。ステップアップしながらずっと現場主義でいたいです。

介護福祉科

とびきり濃厚な1年間!無駄な学習は何一つなかった

「ふかもり歯科」に就職

田中 里歩さん

(長崎県立島原農業高等学校出身)

専門学校で一番頭に残っている言葉が「報連相」です。これは医院のチームとして働く上で必ず必要で、患者様との信頼関係を築く上でも欠かせません。将来は「、医院のことは私に聞けば何でもわかる!」という知識と容量を持ち、私たちが患者様の名前を当たり前に呼ぶように、患者様が私の名前を覚えて話しかけてくださる関係を築くことが目標です。

歯科アシスタント科