学校法人三幸学園 > 医療事務・医療秘書・福祉の専門学校トップ > 仙台の医療事務・医療秘書・福祉の専門学校

学校長より

仙台医療秘書福祉専門学校とは

昭和62年、仙台市に誕生。医療秘書、介護福祉士、保育士、幼稚園教諭、診療情報管理士、登録販売者などの育成を行っています。

資格取得の実績の高さと就職率の高さが自慢です。本校の1人当り取得資格数は8種類。更に合格率も全国平均を上回っています。就職決定率も97%以上という高い数字を15年以上残しています。この実績を支えているのは、入学から就職まで一貫して1人の教員が指導する本校独自の教育システムです。

この他にも、経験豊富なベテラン講師陣と若くて熱い担任スタッフによる、1人、1人を大切にする親身な指導も魅力の1つです。 さらに、資格取得や就職に向けての学習以外にも、学生生活を満喫できる行事がいっぱいの楽しく学べて、しっかり就職できる学校です。

教育理念『技能と心の調和』

三幸学園は、昭和60年の開校以来30年にわたり
『技能と心の調和』を教育理念に掲げ、教育を展開してまいりました。

ここでは、社会への有益な職業人を数多く輩出することを目標に、"有益な職業人とは、専門的知識・専門的技術を十分持ちながら、常に変遷する社会に対し柔軟に対応するため日々研究・研鑽を続け、職業人としての使命感をしっかり確立した人物"と定義し、心豊かな人間性を育む教育に注力しております。

本校においても『技能と心の調和』を教育の理念とし、単に知識や技術を研究するに留まらず、人間性を高める教育を併せて展開することにより、真に社会に役立つ人材を輩出することができると考えております。

技能と心の調和を教育理念に強くたくましい人材の育成をめざします。

校長:遠藤 幸生
仙台医療秘書福祉専門学校
校長 遠藤 幸生

本校は、全国に展開する三幸学園の姉妹校の一つとして、1987年4月、仙台に開校しました。
皆さんの在学中は、「技能と心の調和」という教育理念のもと、SANKOサクセスシステムによって、自分自身を磨き人間力を高めるとともに、プロとして必要な技と心を身に付けていきます。その結果、卒業までに1人平均8つの資格を取得し、就職決定率は97.6%と、たくさんの先輩たちが「夢」をかなえています。
「夢」を成就する。物事を成し遂げるには三つのものが必要だといわれています。
Warm Heart(温かい心), Cool Head(冷徹な頭脳), Strong Body(強靱な身体)の三つです。 何かをしたい時は、情熱が先走るものですが、それだけでは上手くいきません。冷静に考え、綿密な計画を練ることが必要なのです。また、逆に、冷静に分析し、計画を立てるだけでは人は動きません。人を動かすには、熱い心、情熱こそが必要なのです。そして、情熱を持ち、綿密な計画を推し進めるための強い身体が、夢を現実に変えるためには必要なのです。
皆さんは、自らの健康に気を配り、初心を忘れることなく情熱を持ち続けてください。
本校の先生方は、その道のプロとして、綿密な計画を練り、授業・実習・検定対策を通して、皆さんの夢を実現するための最良のプログラムを用意しています。
さあ、夢の扉を開くために、共に歩みましょう。

このページの上部へ