福祉施設実習

業界の現場を知る

  • 介護福祉科
  • 実施時期:1年次と2年次

実習内容

福祉施設実習は、大きくⅠとⅡに分けられています。

介護を実際に体験する「施設実習」にチャレンジ。仕事の内容やスタッフの役割など幅広く体験する中で、目標をしっかりつかみます。

実習I

さまざまな利用者・多様な場での実践を通した基礎技術の確認・他職種協働を学びます。

実習1:通所介護・通所リハビリ実習(1週間)
実習2:特養・老健施設実習(4週間)
実習3:小規模多機能型居宅介護施設実習(2週間)
実習4:在宅介護実習(2日間)

実習II

個人を尊重した介護過程の実践を学びます。

実習5:特養・老健施設実習(4週間)

主な実習の流れ

8:00~実習施設へ

先輩たちも実習をしていた施設で実習をしています。たくさんのことが学べるように日々がんばっています。

9:15~受け持ち入所者様とのコミュニケーション

体を動かしながら、リハビリを兼ねたコミュニケーション。自分が担当する方のその日の状態を観察しながら、ゆっくり時間をかけて交流を図ります。

10:30~リネンの交換

シワやたるみを作らないように、注意しながら交換します。ベッドメイキングだけでなく、ベッド周辺、居室全体を観察して、居心地のよい居室作りに配慮します。

12:00~食事用意・介助

配膳の準備をします。入所者様にメニューの内容を説明しながら配ります。

14:45~清潔・衣服の交換

1人ひとりに合った交換方法があるため、苦痛を与えないように事前に打ち合わせをしておきます。交換の際には、皮膚の状態もさりげなくチェック。

15:45~入浴介助

プライバシーが保たれるシャワーベッドで介助します。蒸気が少ない分、体力の消耗も少ない。不安を軽減するため声をかけながら介助します。

17:30実習終了

※実習時間は一例です。各施設により実習時間は異なります。