サポートシステム

だから資格や就職に強い!「人間力」を育てるサポートシステム

一人ひとりの力をのばして社会人になっても活躍できる力を身につけます。

専門的な技術や知識を持つ人は、社会で大きな力を発揮します。でもそれ以上に現場では“人間力”が求められています。社会人としてのマナー、自分の意思で動ける行動力、自ら問題解決できる思考など、本校では主体性を育むカリキュラムを積極的に取り入れ“人間力”の育成に力を注いでいます。さまざまな成功体験を通して、“やればできる”“やったらできた”を繰り返し、生徒たちが自然と前向きな考えを持ち、自信を持って社会で活躍できる力を磨けるようサポートしています。

人間力を育てる4つのカリキュラム

Support1

自らの力で考え、具体的に行動できる力を育みます。

アクティブラーニング

ディスカッションやグループワークを重視した授業で、自ら考え・行動する力を育成しています。人前で発表する機会が多いのも特徴です。

Support2

日常生活や授業を通して自然とマナーが身につきます。

ビジネスマナー・プレゼンテーション

社会人として必要不可欠な、敬語の使い方やビジネスマナー指導に力を入れているので、就職の面接時などでも大いに発揮されています。

Support3

目標に向かって解決策を考え、自らの足で歩んでいく方法を学びます。

未来デザインプログラム

学校生活での日々の行いが将来どう役立つかを学び、人生を豊かに充実させるためのノウハウを実践。社会で成功するための考え方を学びます。

成長ストーリー

1年次私が変われたきっかけ

資格取得は、私に大きな自信をくれました。特に医療事務の広安先生には放課後も毎日のように勉強につきあっていただき、医療事務検定1級にも合格!諦めない気持ちの大切さも教わりました。

2年次背中を押してくれた先生

新1年生を迎える「スタートアッププログラム」も大きなターニングポイント。人見知りでしたが、担任の藤田先生に背中を押されて挑戦。最後にはその達成感に感動しました。

2年次成長の決め手はプレゼンテーション

グループで話し合ったり人前で意見を発表したりなど、普段の授業にそういう機会が沢山あるので、いつの間にか人見知りも克服!いまではオープンキャンパスのスタッフも楽しんでやれています。

卒業して就職先生ありがとう!

上田さんらしく成長できて良かったね。(藤田 由理恵先生)

医療秘書科2年 上田 優花さん

(広島県立可部高等学校出身)

学生生活を支えるサポートシステム

Support1

先輩在校生によるサポート

入学してすぐのオリエンテーションで新入生の皆さんはクラス担任の先生とは別のもう1人これからの学生生活のことや実習・就職について話してくれる先輩学生(オリター)に出会うことになります。

オリターチームは自分達の経験を活かし、1年生の皆さんがスムーズに学園生活をスタートさせることが出来るように、様々なサポート活動を行っている自主的に集まった有志です。