卒業生のお仕事紹介

あこがれの保育・医療業界で働く卒業生を紹介

大きな病院でキャリアを積んでステップアップしていきたい。

「広島大学病院」に就職

恩田 ほのかさん

(松江市立女子高等学校出身)

大きな病院の場合は関われる科も多く、各科で異なる算定方法が経験できるため、幅広く知識や技術を磨きキャリアを積むためこの病院を選びました。受付には耳の聞こえない方や言葉の通じない方、不安そうな方などいろんな患者様が訪れます。一人ひとりに誠心誠意対応し、「ありがとう」と言っていただけるとうれしいです。

医療秘書科

医療事務は病院の“顔”だから笑顔の対応を心がけています。

「医療法人社団 飛翔会 寛田クリニック」に就職

上田 優花さん

(広島県立可部高等学校出身)

整形外科の事務部門で、主に受付や会計、リハビリの案内などを行っています。一日を通して患者様が多いため、お待たせしないよう仕事はスピーディに。事務とはいえ少しのミスが命に関わることもあるので、緊張感を持って働くことも大切です。今、私はクラーク業務を勉強中。知識を増やして立派な医療事務になりたいです!

医療秘書科

もっと経験を積んで知識を深め幅広く仕事を経験していきたい。

「医療法人 厚生堂 長崎病院」に就職

宮根 奈美さん

(島根県立邇摩高等学校出身)

小さい頃、病院の受付の方が優しく対応してくれたことが医療事務を目指すきっかけになりました。その夢を叶え、今は病院で受付や会計、レセプトなどの業務を行っています。お客様から「ありがとう」と声を掛けていただくたび、人の役に立てていることを実感。今は知識も経験も浅いので、今後はもっと理解を深めたいです。

医療秘書科

できる仕事が増え、日々成長とやりがいを感じています。

「あいおい通り歯科クリニック」に就職

朝枝 梨花さん

(山口県立岩国高等学校 坂上分校出身)

歯科クリニックで受付兼歯科助手として勤務しています。仕事内容は、主に会計や次回診察の予約、器具の滅菌や洗いものなど。カルテから治療内容を把握して説明したり所要時間をお伝えしたりと、できる仕事が徐々に増え、同時にやりがいを感じることも多くなりました。憧れの先輩を手本にして頼られる受付になりたいです。

医療秘書科

子どもの成長の瞬間に立ち会い保護者と一緒に喜べる仕事です。

「学校法人マイル・ストーン学園みなみの風保育園」に就職

佐々木 咲さん

(広島県私立進徳女子高等学校出身)

保育園で1歳児の後半から2歳児まで11人いるクラスを担当。まだ言葉を話せない子どももいるので、早く話せるようにあいうえおの練習をしたり、積極的に声掛けをしたりと、日々のコミュニケーションを大切にしています。与えられた仕事は積極的に関わり、何事にも全力を尽くして周囲から信頼される先生になりたいです。

こども総合学科

子どもたちの成長を間近で感じ感性の豊かさに刺激を受けています。

「社会福祉法人 微妙福祉会くまの・みらい保育園」に就職

中川 力丸さん

(広島市立広島工業高等学校出身)

保育園で、先輩と一緒に3歳児のクラス担任をしています。子どもたちの発想力や成長の早さに日々驚かされ、たくさんの発見が得られるのも仕事の楽しみ。一人ひとりの気持ちに共感して寄り添うことを大切に、子どもと保護者、周りの職員から信頼される保育士を目指してがんばります!

こども総合学科

子どもたちにとって一番の理解者になることが目標です。

「学校法人三幸学園 ぽけっとランドひばりヶ丘」に就職

長見 紗希さん

(島根県立石見智翠館高等学校出身)

子どもたちに「先生大好き!」と言ってもらえたり、人見知りの激しかった子が「先生~」と言って駆け寄ってくれたり、しゃべれなかった子が自分の言葉で想いを伝えるようになったりと、たくさんの喜びが得られる仕事です。子どもたちの一番の理解者になって、まずは今受け持っている2~3歳児の卒園を見届けたいです。

こども総合学科

「ありがとう」の声がうれしい!やりがいのある素晴らしい仕事です。

「社会福祉法人 三矢会 太田川学園」に就職

河原 真優さん

(広島県私立広陵学園広陵高等学校出身)

知的障がいを持つ利用者様に福祉サービスを行う施設で、支援員として働いています。大変な仕事ですが、その分とても感謝され、やりがいのある素晴らしい仕事だと感じる毎日です。これからは介護士の資格も取得して、利用者様がもっと暮らしやすい環境を提供できるよう、少しの変化にも気づける支援員になりたいです。

こども総合学科