病児保育コース

子どもたちの健康と成長を支える保育者として活躍したいなら。

突然熱が出た、いつもの元気がないなど、体調に不安のある子どもや病気の回復期の子どもたちの保育を行う病児保育。共働き世帯が増える今、病児に関する知識やスキルを持つ保育士のニーズは全国的に高まっています。

豊富なカリキュラム

カリキュラムの例

こどもの医学Ⅰ

保育現場での小児事故を「未然に防ぐための環境整備」や「事故発生後の対応方法(観察→ 発見→対応)」について学んでいきます。

ベビーシッター論

こどもたちの体と心を理解することで心身共に成長をサポートできるようになります。

こども救急法

こどもたちの急な病気やケガに対応できるように、体の健康とその環境について学びます。