在校生の1日に密着 | 学校紹介 | 名古屋の調理師専門学校

名古屋辻学園調理専門学校のトップページ > 学校紹介 > 在校生の1日に密着

在校生の1日に密着

【調理】在校生の1日

調理師という同じ目標に向かって、技術の練習に励んでいる上級調理師科と調理師科。辻学園では技法の習得だけでなく、先生が調理の楽しさまで教えてくれるので、いつも生徒の笑顔であふれています。
このページでは、そんな学校の1日を紹介。生徒たちの生の声をお届けします。

2年制 上級調理師科 1年
山中 美波さん
愛知県立豊田北高等学校出身

優しい先生や仲間がいるから、毎日が楽しい!

“志の高い人たちと一緒に学びたい”と思い、実習科目が多く、確実に成長できるこの学校を選んだと言う山中さん。お互いを高め合える仲間と一緒に、充実した毎日を送っています。

この学校の魅力

“人”がいいこと。先生はもちろん、クラスメイトたちもみんな話しかけやすいから、男子も気軽に話せる存在です。

7:40登校

朝練習に参加する時は、5 時に起床!しっかり朝食をとって学校へ。今日は苦手なじゃがいものシャトー剝きをひたすら練習。

9:10中国料理実習

今日のメニューはエビチリと八宝菜。班のみんなと分担して調理を進めます。一人ひとりをしっかり見ていてくれる優しい奥原先生がサポートしてくれます。

12:50昼休み

お昼はお弁当派。今日は授業で作った中国料理を試食したので、お腹いっぱい。午後の授業開始まで、図書室でメニューの勉強。

13:20基礎調理実習

今日は餃子作りに挑戦。皮作りから包み方まで繰り返し練習します。ひだの幅と大きさを揃えるのが難しい!

15:00栄養学

味の相乗効果について勉強。『栄養学』の知識は、食に直接つながることばかりなので、いつも集中して授業を聴いています。

17:00放課後

苦手な出し巻玉子の練習。玉子3個に出汁は75cc。まだまだ上手に返せないので、とにかく今は練習あるのみです。

>1年制 調理師科
児玉 尚武さん
愛知県立明和高等学校出身

自分のスキルアップのために、技術や知識をもっと磨きたい。

将来、海外でのビジネス展開をめざしている児玉さん。確かな調理技術と調理師免許の取得をめざしこの学校へ。実習、学科、行事。何事にも一生懸命取り組む姿は、みんなのお手本。

この学校の魅力

一番はネームバリュー。料理の専門学校として伝統がある名門校ですし、一流の先生方が揃っているのは大きな魅力だと思います。

7:40登校

玉子料理は絶対的な火力が必要。自宅のコンロは火力が弱いため、朝練に参加。苦手なオムレツを克服できるようがんばっています。

9:10西洋料理調理実習

オマール海老のテルミドールとソテードポーシャルキティエール作りに挑戦。先生のデモンストレーションの後、班の仲間と協力して作ります。

12:30昼休み

いろんな経歴を持つクラスメイト達は、年齢もさまざま。でも共通しているのは、食や学びに対する意識の高さ。

13:20栄養と健康

今日は『メタボリックシンドローム』について勉強。実生活とも深く関わることを学べるから、学びがいがあります。

17:00下校

タマネギのアッシェをひたすら練習。一人よがりでは上達しないので、客観的なアドバイスをしてくれる先生の存在は大きい!


このページの先頭へ