在校生の1日に密着 | 学校紹介 | 名古屋の調理師専門学校

名古屋辻学園調理専門学校のトップページ > 学校紹介 > 在校生の1日に密着

在校生の1日に密着

【調理】在校生の1日

調理師という同じ目標に向かって、技術の練習に励んでいる上級調理師科と調理師科。辻学園では技法の習得だけでなく、先生が調理の楽しさまで教えてくれるので、いつも生徒の笑顔であふれています。
このページでは、そんな学校の1日を紹介。生徒たちの生の声をお届けします。

2年制 上級調理師科 2年
山中 美波さん
愛知県立豊田北高等学校出身

クラスメイトや後輩の存在は、良い刺激になっています。

この学校の魅力は“人”だと山中さん。先生、仲間でありライバルでもあるクラスメイト、負けられないという気持ちにさせてくれる後輩。『この学校のすべての人が、自分を成長させてくれる存在です』

7:45朝練開始

実習着に着替えて朝練開始!今日はフライパンの返しが難しいオムレツの練習。

9:10フードプロデュース(座学)

ポップ作りやメニューボードの書き方などを勉強する授業。今日は見本を見ながら制作にチャレンジ。

10:50日本調理実習

担当の米田先生の軽快なトークも楽しい授業。今日は魚のおろし方を練習しました。

12:30お昼休み

学校周辺にはいろんな食べ物屋さんがあるので、昼食は外で食べることが多いかな。「今日は、何食べる?」

今までの“先生”のイメージを、いい意味で壊してくれた田村先生。話しやすくて面白い先生です。

16:30放課後

放課後は、明日のレストラン実習の準備。私は受付担当だけど、調理の準備をお手伝い。

1年制 調理師科
岩田 寛斗さん
愛知県立一宮北高等学校出身

夢は、人の心を動かす料理人になること!

大学在学中のアルバイトがきっかけで、料理人をめざすことにしたという岩田さん。『今は、どの勉強も楽しいし、勉強だけでなく、行事や委員会活動を通して、自分の経験値も上がっていると実感してます』

9:10食品衛生学

熱心な先生の授業には毎回引き込まれ、気づけばチャイムが鳴る…。いつも授業はあっという間です。

10:50西洋調理論

先生が調理法を解説しながら作るのを見られる授業。先生の動きを間近で見られるのでとても勉強になります。

今日のメニューは、「バレンシア風パエリア、鯛のグリーンソース煮あさりとともに」。田村先生はスペイン料理のスペシャリスト!

12:30お昼休み

お昼は母が作ってくれたお弁当をみんなでわいわい食べてます。「お母さん、いつもありがとう。」

13:20中国料理実習

先生のデモンストレーションでは、料理の手順はもちろん、調味料を入れるタイミングなどもしっかりメモ!

グループに分かれて調理開始!僕の担当はエビチリ。エビの下処理後、いよいよ調理。中国料理は火加減が命。鍋振りも大変です。

料理はチームワークも大切。みんなで協力して3品作り上げました。授業の最後は、みんなで試食!

16:30放課後

三幸フェスティバルの副団長を任されたので、今日は各クラスのリーダーに集まってもらい、競技内容について打合せ。

吉江先生には、何でも相談できる。頼れる存在です。


このページの先頭へ