名古屋辻学園調理専門学校のトップページ > 再進学希望の皆様

再進学希望の皆様

もう一度、本当の夢へチャレンジしよう。辻学園はあなたの不安・悩みを解決し、再進学をサポートします。

スマホから簡単予約!今すぐ出願したい方へ!Web出願予約

  • 資料請求
  • 体験入学・オープンキャンパス
  • 歳が少し離れているけどクラスメートとなじめるかな?
  • 学費の準備が不安
  • 就職するときに不利ではない?

たくさんの不安があると思いますが、心配しないでください。学校には高校新卒の方以外にも、高校卒・短大卒・大学卒・社会人・フリーターの立場から夢を持って学校へ入学してくる方がたくさんいます。まずは学校へ足を運んでみませんか?体験入学やオープンキャンパスでも勿論OKですし、個別相談にも応じますので、お気軽にお問い合わせください。

再進学を支えるポイント

社会人・大学生・短大生・フリーター出身者が多く入学しています。

在校生の内、26%(姉妹校大阪校実績)が社会人・大学生・短大生・フリーター出身者です。皆さんと同じ夢を持って、再進学を決意した方がたくさんいますので、ご安心ください。

本校(調理分野)実績(平成25年度)フリーター26%,社会人22%,大学22%,その他学校・スクール22%、短大9%

再進学サクセスストーリー

再進学者専用の特待生制度を設置!

再進学者のみが受験可能な「高校既卒・社会人特待生入学」制度があり、面接のみで受験が可能です。 「高校既卒・社会人特待生入学」か「AO特待生入学」で特待生になると、返還義務の無い学費の免除を受けることができます。

その他にも様々な入試方法がありますので自分に合った入試方法で受験をすることができます。

再進学を目指す方の出願方法

学費サポートが充実!

  • 学費は、前期・後期と分納することができます。
  • 日本学生支援機構奨学金制度の利用ができます。
    専門学校在学中に毎月3万円~12万円の貸与を受けることができます。
  • 日本学生支援機構第二奨学金を利用した学費分割払い制度が利用できます。
    入学金10万円と教材実習費のみの納入で入学することができます。
  • 国の教育ローン・三幸学園提携教育ローンを利用することができます。

学費サポート制度

就職サポートが充実!

高校新卒者と全く同じように、全国11都市にある三幸学園の求人を受けることができ、リクルートスタイルの指導から履歴書の書き方まで一人ひとり丁寧な就職サポートを行います。また学校卒業後に再就職をする際にも卒業生としてサポートを受けることができるので一生安心です。

就職サポート

既に高校を卒業された方もすぐに参加できる!オープンキャンパス&平日学校見学

オープンキャンパス

体験授業を受けたり、実際に学校に通っている在校生の話を聞いたりできるので、入学後の具体的なイメージを持つことができます。楽しく学校のことが知りたい、学生の生の声が聞きたいという方にはオススメです。

平日学校見学

平日の都合の良い時間帯を選んでいただき、授業の見学や個別相談をすることができます。個別での説明なので、ゆっくりとお話ができ、様々な悩みを解消していただけます。

どのイベントでも聞けること
カリキュラム、就職、学費、入試 など

オープンキャンパス&平日学校見学の予約はこちら

※上記以外のイベント(入試説明会など)にもご参加いただけます。

再進学サクセスストーリー

写真:坂下 豊さん

以前は、社会人

徹底的に学んだ基礎の大切さ。
将来、料理の現場で
役に立つことが必ずあります。

cafe SWANVALLEY
オーナーシェフ
姉妹校 卒業生
坂下 豊さん

料理経験はなくても諦めない!
何歳からでも開ける世界がきっとある。

22歳でオーストラリアに渡り、旅行関係の仕事をしていたのですが、週末にイタリアンレストランでアルバイトしたり、自炊しているうちに料理に興味を持つようになりました。そして帰国後、将来は自分の店を持ちたいと思い、調理技術を身に付けるために辻学園に入学。すでに32歳だったのですが、それでも「苦労しないよ」と言ってもらえたことで、背中を押してもらえました。夜間部だったので、下は22歳から上は63歳まで。いろんなクラスメイトや先生方との出会いが刺激になりました。卒業後は別のお店で修行し、今ようやく妻と二人で自分の店をオープン。お客様の「おいしかったよ」の一言に、大きな喜びと責任を感じています。

写真:遠藤 聖子さん

以前は、主婦

料理を通じて、
女性が輝ける場を提供できる
ように努めたいですね。

料理サロン
チャイニーズクイジーヌ 主宰
姉妹校 卒業生
遠藤 聖子さん

自宅での料理サロン開業を目標に、
専業主婦から専門学校生へ!

母の影響で幼い頃から料理が好きでした。大学も国立北京中医薬大学の日本校で、薬膳の知識を身に付けました。卒業後は、すぐに結婚。主婦になってからいろいろな料理教室に通いましたが、ある教室で見たこともないような包丁の使い方に興味を持ったんです。そこのスタッフの方のほとんどが辻学園を卒業されており、学園のレベルの高さを感じました。そして、料理を1から学び直したいという気持ちで入学を決意。最初から、自宅でサロンを開くことを目標にしていました。その夢も実現し、現在会員様は150名ほど。料理を通じた人との出会いから、多くのことを学んでいます。


このページの先頭へ