ページ内を移動するためのリンクです

学校法人 三幸学園 横浜こども専門学校

卒業生の声

社会福祉法人神奈川労働福祉協会
小鳩保育園 勤務

神奈川県立 湘南台高等学校 出身

保育科 卒業

藤巻 りい菜さん

こども達の成長を一緒に喜びあえる瞬間が幸せです。

横浜こども専門学校の学びで、役に立っていると思うことは何ですか?
手遊びや制作の知識に加え、こどものケガや病気についての知識は役立っています。以前、クラスのこどもがけいれんを起こしたことがありました。その時に、服をゆるめるなど、他の先生のお手伝いを焦らずにできました。
どんなときに仕事でのやりがいを感じますか?
こどもが成長していく過程を身近に感じ、こども達と一緒に喜びあえるときです。最近も運動会の練習で、「いろんなことをできるようになるぞ!」という前向きな気持ちに応えようとサポートしています。それができたとき、周りのこどもも一緒になって喜べる。それを間近で感じることが幸せです。
今後の夢や挑戦したいことを教えてください。
学校で保育士の資格は取得しましたが、今は幼保一元化が進んでいます。この先のことを考え、幼稚園教諭の免許も取得しようと勉強中です。より専門的な知識を身につけて、保育に活かしていこうと考えています。

学科・コース紹介

横浜訓盲院 勤務

北海道 私立 札幌創成高等学校

こども総合学科 病児保育コース 卒業

阿部 尚樹さん

こども専門学校の先生が自分に合った道に導いてくれました。

この仕事をめざそうと思ったきっかけは何ですか?
もともとこどもが好きで、保育という大枠で将来を考えていました。一生ものの資格を取得できるということも魅力でした。中学生の頃に障がいを持つクラスメイトがいて、一生懸命頑張っている姿が印象的でした。その頃からもっと理解してあげたい、助けてあげたいという気持ちがありましたが、決め手は専門学校の恩師に勧められたことです。
横浜こども専門学校の学びで、役に立っていると思うことは何ですか?
こどもとの関わり方を、授業や実習を通して学べたことです。私達は児童からすると「知らない人」。だからその不安を取り除くために、手遊びや声掛けの仕方、どうしたら興味を持ってくれるかを学ぶことが今に活きています。
同じ業界をめざす高校生へアドバイスをお願いします。
こどもと関わるこの仕事は、どんなに大変でもこども達の笑顔を見ると疲れが吹き飛びます。そして自分の手でこども達を送り出してあげたいという気持ちになる。人生に寄り添えるという仕事は、なかなかないのではないでしょうか。その道のりをサポートしてくれる横浜こども専門学校では、どんな考え方の人でも最後まで支えてくれる、一緒に悩んでくれる先生方ばかり。悩んでも自分なりのスタイルを貫いてほしいです。きっと先生方が、後押ししてくれるはずです。

学科・コース紹介

認定こども園健爽学園
ゆりかご幼稚園 勤務

神奈川県立 湘南台高等学校 出身

こども総合学科 こども心理コース 卒業

本間 えりかさん

こども達の成長を間近で感じられるのが何よりうれしいです。

横浜こども専門学校に入学した理由を教えてください。
友達とオープンキャンパスに参加したとき、先輩達が私達や他の参加者のために手遊びをしてくれました。その先輩達と先生の距離が近く、いろいろなことを質問しやすい環境だと思ってここに決めました。
どんなときに仕事でのやりがいを感じますか?
こどもが最近までできなかったことが、できるようになったときです。4月には泣き続けてお母さんから離れられなかったのに、夏休みの夏期保育になると泣かずに元気に通って来られるようになりました。そんなこどもの成長を間近で見ると、頑張ってきて良かったと思います。
同じ業界をめざす高校生へひと言アドバイスをお願いします。
保育士の仕事は楽しいことばかりではありませんが、こども達と一緒にいろいろな経験をして、一緒に成長できる仕事です。また自分が穏やかな気持ちで接すると、こどもも落ち着いて話を聞いてくれたり、まるで自分を映す鏡のようで私自身もこども達から教えられることがたくさんあります。

学科・コース紹介