石原 菜央さん(医療秘書科)

在校生のSchool Life

困っている人にすぐ声をかけて、病院の雰囲気をやわらかくするような医療従事者になりたい。

石原 菜央さん

医療秘書科(埼玉県私立本庄第一高等学校出身)

こどもの頃、怪我が多かった私にとって病院は身近な存在でした。そのとき受付の方に優しくしてもらったことが、この道を志すきっかけになっています。この学校は資格がたくさん取れること、その取得に向けたサポート体制の手厚さが魅力だと思います。将来は患者様の心にさりげなく寄り添える医療従事者になることが夢です。

担任の風間先生は生徒一人ひとりの変化をしっかり見てくれる、あたたかくて優しい先生。女性としても憧れる部分が多いです。

緊張を解きほぐしてくれたスタートアッププログラム。このとき打ち解けた子とは今でも仲良しで、Youtuberの話で盛り上がります。

今「パソコン実習」の授業では、夏休み明けの検定試験に向けて特訓中。PC技能検定取得に向けタイムをとりつつ正確さを磨きます。

今日の1時間目は「ペン字」の授業。社会人として美しく読みやすい文字を書けるよう練習を重ねます。いつかは美文字を書きたいな。

Schedule

9:00
将来の自分を具体的に描く「未来デザインプログラム」の授業。
11:00
友だちとのランチは会話が盛り上がり時間があっという間です。
12:00
「ビジネスマナー」では元客室乗務員の先生にマナーを指導していただきます。
13:00
電話対応や現場でのふるまいを学ぶ「医事業務実践ベーシック」の授業。
15:00
医療機関の方を招いた「就職ガイダンス」で将来をイメージ。
16:00
放課後は授業でわからなかった部分を友だちと確認し合います。